旬の白菜、まるごといただきます!白菜のレシピと冷凍方法

今が旬の白菜。
価格高騰に負けずにまるごと手に入れたら、おいしく使い切りましょう~♪

16d9362f194cd298

今が旬の野菜「白菜」。野菜高騰が続いていますが、やはり冬は白菜のお鍋が食べたい!

でも、丸ごと一個買ったはいいけど、食べきれなくてレシピに困ってしまうことってありませんか?
この記事では、白菜を余らせてしまった時のための冷凍方法と、丸ごとおいしくいただくレシピをお教えします!

白菜の基礎知識


旬の時期



11月~2月にかけての冬の時期が最も旬です。
通年出荷されている野菜ではありますが、甘味が凝縮された最もおいしい時期は冬。
一番おいしい時期のものはぜひ食べたいですよね!
また、旬の時期には含まれる栄養価も高くなります。

生産地


北は北海道、南は鹿児島県まで生産されています。
その中でも、約26%が茨城県、約22%が長野県で生産されていて、約半数がこの二県での生産となっています。

一般的に価格高騰しやすい野菜は生産地が限定されている場合が多いのですが、白菜は約半数が二県で生産されているため、価格高騰の影響を受けやすい野菜の一つと考えられます。

保存方法


・丸ごと一個保存する場合:新聞紙に包んで、冷暗所に立てておきます
・カットして保存する場合:芯を取り除き、冷蔵庫の野菜室で保存します

白菜が余っちゃった…冷凍したい時は!


白菜を丸ごと一個購入した時に、食べきれずに余らせてしまうことってありますよね。
そんな時には冷凍保存が便利ですが、その際は注意点を守って保存しましょう。

葉の部分と芯の部分を別々に冷凍する


調理の際に、葉の部分と芯の部分では、火の通り方が違います。
そのため、冷凍保存の際にも葉と芯は別々に冷凍しておくと便利!

すぐに調理ができるよう、ざく切りまたはそぎ切りにして、葉と芯を別々にジップロックなどの密閉袋に密閉して保存しましょう。

解凍した際の注意点


白菜は95%が水分で出来ているので、解凍するとしんなりとしてしまいます。
シャキシャキっとした食感もなくなるため、解凍後はクタッとした食感が活かせる炒め物・煮物・スープ類などに使うといいでしょう。

白菜まるごと楽しむ!簡単レシピ


自分でできちゃう!白菜キムチ


ざく切りにした白菜に、市販のキムチ鍋の素を合わせて、密閉容器等で一晩漬けておきます。
翌日にはおいしい白菜キムチの出来上がり!

お酒のおつまみにも嬉しいですよね。

とろーりおいしい麻婆白菜


市販の麻婆茄子の素で、麻婆白菜ができちゃいます!

1.芯をしんなりするまで炒める
2.長ネギと白菜の葉の部分を入れて、しんなりするまで炒める
3.火を止めてから麻婆茄子の素と絡めて、再度加熱して全体を温める

白菜がとろとろで、ピリ辛のソースとの相性がバツグン!
ご飯が進むおかずが簡単にできますよ。


白菜メニューの定番!八宝菜


中華料理の八宝菜も、白菜消費メニューとして大活躍します。
市販の八宝菜の素を使えば、短時間で本格的な味付けができますよ。
火が通ってとろとろになった白菜と、中華風のあんかけで、冬に嬉しいあったかメニュー。


とことん消費!白菜と豚バラのミルフィーユ鍋


さっぱりとした白菜に、豚バラのコクがしみ込んでどれだけでも食べられちゃう鍋メニューがミルフィーユ鍋。

1.ざく切りにした白菜と、豚バラ肉を重ねて鍋に敷き詰める
2.顆粒スープの素(鶏ガラスープの素や中華スープの素、和風だしの素などなんでもOK)を全体に振りかける
3.蓋をして弱火で煮込む

の簡単ステップですぐに作れるお鍋料理です♪

水を入れなくても、白菜から水分が出るのできちんと煮込めます。
たくさんあった白菜がしんなりとしてカサが減るので、白菜消費メニューにはぴったり!

お好みで、ポン酢やごまだれに付けて食べるのもおすすめですよ。

寒い冬は、旬の白菜で乗り切ろう!


旬の野菜は栄養価も高いもの。
美味しさもピークなので、この時期にたっぷりの白菜を食べましょう♪
火を通すとカサが減って、たくさんの量を食べられるのも白菜の魅力のひとつ。
白菜はあったかメニューにもぴったりの野菜なので、ご家族みんなで美味しい白菜メニューを食べて寒さを乗り切りましょう!

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら