節分って何のための行事?食べものや立春との関係は?

節分って何のための行事か知っていますか?

C74398ecac65e671

日本に昔から伝わる節分行事。

芸能人が神社などで豆まきをする様子が毎年テレビでも放送されたりしていますね。

この節分、何のためにする行事なのか詳しくご存知でしょうか?

何となく伝統的な文化として参加してはいるけど、意外とその文化・風習の背景って知らなかったりしますよね。

今年の節分は行事の意味まで理解して楽しみましょう♪

節分とは「季節を分ける」日の前日のこと


節分とは各季節の変わり目となる日の前日を指し、「季節を分ける」という意味で「節分」と呼ばれています。

現在の日本では2月3日を節分と認識していますが、これは「立春」という季節の変わり目の前日であることが由来しています。

本来、季節が冬から春に変わる「立春」だけでなく、「立夏」「立秋」「立冬」全ての前日に節分があるのですが、2月3日の立春前日だけが節分として呼び方や行事が定着したのには、立春が冬から春になるという大きな季節の変わり目であるからと言われています。

かつて使われていた太陰太陽暦では立春が新年のはじまりであり、節分はいわば大晦日でした。この大晦日に悪いものを祓い、新年の幸福を祈る風習が現在の「節分」という呼ばれ方の定着や行事の由来となっています。

豆をまく意味とは


季節の変わり目は邪気が入ってきやすい時期と言われています。

節分には炒った大豆をまきますが、これは大豆に邪気(=鬼)を追い払う力が宿っていると信じられていたから。神事によく使われる五穀にも大豆は含まれます。

また、豆は「魔(鬼)の目に投げつける」ことで鬼(魔)を滅する力を持っているとも考えられていました。

大豆をわざわざ炒るのにも、「鬼を射(い)る」という意味が込められています。

これらの理由から、節分という邪気が入りやすい大晦日に、新年の幸福を祈り、邪気を払う意味を込めて豆をまく風習が現在の豆まきとなったわけです。

恵方巻を食べる意味とは


恵方巻は大阪発祥の文化と言われいて、もともとは関西を中心に親しまれている節分の食べ物の一つでした。

この恵方巻文化に目を付けたコンビニ各社などが「節分には恵方巻を食べよう」というメッセージを打ったことが、恵方巻が全国的に食べられるようになったきっかけです。

恵方巻とは、七福神にちなんで7種類の具材を入れた巻きずしのこと。

その年の恵方を向きながら神様にお祈りをして、福を巻き込んだお寿司を無言で頬張るのが食べ方の流儀です。

これは、縁や福を断ち切らないよう、また神社などでも神様にお祈りをするときは無言であることなどがこの食べ方の所以となっています。

節分の食べ物って決まりはあるの?


節分の食べ物といえば「豆」と「恵方巻」が有名ですが、その他にも「こんにゃく」「けんちん汁」「いわし」「そば」「くじら」などが良いとされています。

こんにゃくには身体の毒素を出す効果があるとされていて、コンニャクを食べて大晦日に体の毒を出しておくという意味がこめられています。けんちん汁は大晦日~新年というお祝いの席でのごちそうであったことが由来。おそばはいわゆる年越しそばと一緒で、長生きを願い悪縁を断ち切ることを願って食べられていました。

その他にも魔除けになるいわしや大きなものを食べて邪気を払うという目的で食べられていたくじらなど、地方によって食文化は異なるものの、豆や恵方巻以外の食べ物も縁起が良いものとしてそれぞれ言われています。

立春との関係は?


先に書いた通り、節分は立春の前日のこと。節分が終わると、冬が(正確には一つの季節が)終わり、春(新しい季節)がやってきます。

1月にちょっと嫌なことがあった方も、旧暦で考えると新年はここから!気持ち新たに頑張るための一つの区切りとしても良いですね。

自分なりの節分を楽しもう!


文化・風習ももちろん大切ですが、意味を知って自分なりにどう行事を楽しむかも大事。

お子さんと恵方巻を作ったり、家族で豆まきをしてみたり、1年の幸せを祈って節分を楽しみましょう♪

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら