山菜弁当で春を味わおう♪山菜の下処理と簡単レシピ

スーパーに並び始めた山菜
お弁当のおかずに使いませんか♪
春を詰め込んだ山菜弁当を作りましょう!

17b980cfab97981e

ウド、ふきのとう、たらの芽などの山菜がスーパーに並ぶ季節となりました。山菜や春野菜が店頭に並んでいるのを見ると「春が来たんだな」と感じるものの、山菜はどのように調理したらいいのかわからず、あまり買う機会がない方も多いのではないでしょうか。

アク抜きが必要な山菜もあれば、少し下処理をするだけで簡単に料理に使える山菜も♪今が旬の山菜を食べないのはもったいない♪下準備の方法を覚えて、毎日の料理に使ってみましょう!

山菜を献立にどう組み込んでいいかわからない・・・という方は、まずはお弁当から取り入れてみるのがおすすめ。春らしくておいしいお弁当になりますよ♪今回は、いつものお弁当おかずを山菜でアレンジした簡単レシピを紹介します!

ウド


ウドはとっても香りが強い山菜です。芽の部分は天ぷら、茎の部分はきんぴらなど全て食用になり、捨てるところのない山菜です。

アクが強いのでアク抜きが必要ですが、様々なお料理に使えるのでとっても便利な山菜です!アク抜き方法をマスターしましょう。

ウドのアク抜き


まず、根元を切り落とします。

4~5cmくらいのサイズにカットします。

皮の部分は桂むきで切り取ります。

葉、茎、皮に分けましょう。

皮を切り取ったら、用途に合わせてカット。今回はきんぴらを作りたくて千切りにしました。

カットしたウドを水に浸します。お酢または片栗粉を少し入れましょう。

30分ほどつけたらOKです。

お弁当おかず 「ウドのきんぴら」


材料


・ウド・・・にんじんと同量

・にんじん・・・1/4

・醤油・・・大さじ1

・酒・・・大さじ1

・砂糖・・・大さじ1

・鷹の爪・・1本

作り方


フライパンにごま油を入れ香り立たせます。

ウドとにんじんを炒めます。

醤油(大さじ1)酒(大さじ1)砂糖(大さじ)と輪切りにカットした鷹の爪1本を入れて炒めます。水分がなくなったら完成です♪

お弁当にぴったりなウドのきんぴらの完成♪ウドの香りとシャキシャキ感を楽しめます。甘辛いきんぴらにするとごはんが進む一品に!常備野菜にもオススメです。

ふきのとう


全国の野山に生息しているふきのとう。春を告げる山菜として日本料理に欠かせない食材です。自生しているふきのとうは、雪が溶け始める頃に収穫されるので地域により多少収穫時期が異なります。自分が住む地域で販売されているか、近くのスーパーをチェックして見てくださいね♪

ふきのとうは独特の苦味が特徴。今回はお弁当用にグラタンを作りますが、その他にもてんぷらや和え物など幅広い料理に使うことができますよ!

ふきのとうの下処理


下処理をします。外側の皮を取り除きましょう。

黒くなった根元の部分を取り除きましょう。同じく穂先も黒くなっていたら取り除いておきましょう。

傷みが早いので処理が済んだら水に浸けておきます。

お湯に塩を少し入れ、ふきのとうを入れます。3分間ほど下ゆでしましょう。

ざるに上げて冷水にさらしたら下処理完了です♪

お弁当おかず「ふきのとうグラタン」


材料(2個分)


・ふきのとう・・・6個

・しめじ・・・適量

・とろけるチーズ・・・適量

・マヨネーズ・・・適量

・パン粉・・・適量

・バター・・・1片

・塩胡椒

作り方


フライパンでふきのとう、しめじを炒め、塩胡椒で下味を付けます。

アルミ皿か、オーブン調理OKのおかずカップに分けて入れます。

マヨネーズ、チーズ、パン粉の順にカップに乗せます。

あとはトースターで2分焼くだけ♪

完成です!

ふきのとうをゴロッとつかったグラタンの完成です。ふきのとうの独特の苦味がしっかり味わえます。和風なイメージの山菜ですが、バターやチーズなどとも相性バッチリ♪冷めても美味しいグラタンです!

たらの芽


たらの芽は、タラノキの新芽のこと。ほのかな苦味ともっちりとした食感が特徴です。”山菜の王様”と呼ばれるほどの人気者で、天ぷらで食べられることが多い食材です♪

たらの芽の下処理方法


まず、たらの芽をしっかりと洗いましょう。

次に根元の硬い部分を切り取ります。

根元の周りを切り取ります。

ハカマと呼ばれる、周りについている部分を取り除き、完成です。

お弁当おかず「たらの芽とうずらの天ぷら」


材料


・たらの芽

・うずら

・小麦粉・・・1/2カップ

・片栗粉・・・小さじ1

・水・・・1/2カップ

・塩・・・適量

作り方


たらの芽とうずらをつまようじに刺し、混ぜ合わせた小麦粉(1/2カップ)片栗粉(小さじ1)水(1/2カップ)に浸します。

お弁当おかずにする天ぷらは、フライパンに多めに油をそそぎ、簡単に揚げ焼きしてしまいましょう♪

塩を少しふりかけて完成です♪

フライパンならあっという間に油が温まり、簡単に天ぷらができますよ!

たらの芽独特のもっちり感とほのかな苦味が味わえます。ウズラの卵とも相性ぴったりです♪

お弁当に山菜おかずを入れましょう♪


うどのきんぴら、ふきのとうグラタン、たらの芽とうずらの天ぷらをお弁当に詰め込んで、山菜弁当の出来上がりです♪素朴な味と独特の食感で、春の味をしみじみと味わうことのできるお弁当ですよ♪

この春は山菜をお弁当に取り入れてみるのはいかがでしょうか♪