イオンの「グローサラント」型店舗が楽しすぎ! その理由とは?

最近スーパーの中で少しずつ増えている「グローサラント」型の店舗。グローサラントとは、「グローサリー(食料品)」と「レストラン(飲食店)」を掛け合わせた言葉です。店舗内に、スーパースペースで販売している食材を使って、レストランのように調理したメニューが楽しめるコーナーがある業態のことを言います。そんな、スーパーなのにもはやレストラン級に食を楽しめるイオンの店舗を千葉県で発見しました。

34312d00253a6bd1

店内商品がその場で食べられる「ここdeデリ」

0fe246bce91009fe

千葉県・新浦安にある「イオンスタイル」は、「イオン新浦安店(本館1階)」と「イオンスタイル新浦安MONA」の2つの館から構成されます。JR新浦安駅から徒歩1分と駅にほぼ直結したアクセスのよい便利な総合スーパーです。2017年5月に改装オープンしたイオン新浦安店の1階フロアは、食品スーパーのコーナーはもちろん、広いリカーコーナーに併設したバルや約150席ものイートインスペースなど「買って食べる」コーナーがとても充実しています。また別館となるイオンスタイル新浦安MONAにも、こだわりパスタやサンドイッチが食べられるフードコートや、厳選したこだわり商品をそろえたスーパーが。

ファミリーでの利用が多く、店舗面積も広い本館のイオン新浦安店に対し、MONAは比較的単身者での利用が多いそう。本館よりもコンパクトにまとまっていて、サッと目的の商品を買えるため、仕事帰りでも手早く買い物ができる点が魅力です。両店舗合わせて、ファミリーから単身世帯まで、幅広い客層が来店する地域の方に愛されているのが特徴です。

679fe00d97fdcc8d

冒頭で紹介したグローサラントですが、イオンでは「ここdeデリ」というスタイルで提案。「時間がないので食べて帰りたい」「買ったその場で楽しみたい」という声に応え、“ここで食べる・ここで話す・ここで楽しむ”をコンセプトに、誰でも気軽に飲食できる空間を提供しています。

話題のチョップドサラダ専門店「サラダビッツ」

130133b9884923ba
489d065814a98a8b

まず本館であるイオン浦安店では、チョップドサラダ専門店の「サラダビッツ」が人気。イオンが厳選して指定産地からとり寄せた野菜を使い、オーダーするとその場でサラダを作ってくれます。サラダはとてもフレッシュで、作る工程が見えるのも楽しくて安心ですね。

F29155eca537a6f9

サラダは2サイズ展開。大きなサイズだとなんと1日に必要な野菜350gが全て摂れる内容です。ボリューム満点で満足度も高いので、家やオフィスの近くにあったら毎日通ってしまいそうです。人気の「チーズ香るチキンシーザー」(レギュラーサイズ 税抜880円)他、たくさんの種類のサラダがラインナップされているので選ぶ楽しみもありますよ。 サラダに使用されている野菜の一部はスーパーで購入できるので、気になったらスタッフに聞いてみましょう。

21535c6bc9d34a13

ワインやクラフトビールを楽しめる「新浦安バル」

A57c6c45834cc9e7

同じくイオン新浦安店内には、なんとバルもあるんです! 仕事帰りに「軽く一杯飲みたい」ニーズに応えてくれる存在です。おすすめのグラスワインやアメリカのクラフトビール、少しだけつまみたい時にも嬉しいボリューム感のおつまみまで揃ったコーナーです。夜17時過ぎくらいから混みだすというこちらのコーナーでは、なんと商談をしている会社員もいるそう。今までのスーパーとは一味違うような、色々な使い方ができて面白いですね。

ちなみに、こちらで販売しているワインやビールの一部商品は併設されているリカーコーナーでも買え、またリカーコーナーで購入したワインを持ち込むことも可能です。

17b8659a8d0a9793

なお、先ほど紹介したサラダやその他惣菜などを持ち込めるイートインコーナーと、こちらのバルは仕切られています。アルコールスペースとイートインスペースが別になっているのも、子連れのお客様などには嬉しいポイントですね。「ビールセット」(税抜800円)はビールとおつまみがセットになっているので、仕事帰りの一杯にぴったりですよ。

2e255d9519356e3c

ヘルシーなサンドイッチに夢中「Sandwich shop」

76c7634300328a26

一方、別館であるMONA。こちらでは、オシャレなサンドイッチスタンドを発見しました。フレッシュな食材を使って作られたサンドイッチは、どれもとってもおいしそう。食事系からスイーツ系までラインナップが豊富に揃ったメニューも魅力的です。

9cfc40089248b982

また、一部のサンドイッチには惣菜コーナーで販売されている惣菜が使われています。例えば、上の写真で紹介している「ハーブポークの厚切りロースかつ」(税抜380円)には、惣菜コーナーで売っている「五ツ星トンカツロース」(税抜398円)を使用。サンドイッチを食べて味が気に入ったら、惣菜と食パンを買って自宅で自分流のサンドイッチにアレンジしてみるのも楽しいですね。

Eec73f550713028f

この他にも、レストランのようなおいしさにこだわったパスタ専門店もあり、イオン新浦安店に負けず劣らず、MONAの飲食スペースもとても充実しています。

087102e37c68e9b4
30a7806f9ec77fe5

個性的で楽しい食料品が充実

39876433a74edcc5

最後に、MONAのスーパースペースもご紹介。セレクトショップのような品ぞろえが特徴的で、隣のイオン新浦安店で一通りの食材は揃うため、MONAは個性的な食材を揃えることを意識しているそうです。例えば精肉コーナーにある鶏肉「いわいどり」は百貨店でも扱われるような高級品。「特別な日の鶏肉はこれと決めている」と指名買いされるお客様も多くいらっしゃるのだとか。

E352316f25b3dd4f

さらに、各地のご当地ランチパックを集めたコーナーや、近くにある某テーマパークでも出されている地ビールも置いてあります。疲れている日も、スーパーを歩くだけで楽しい気持ちになりそうですね。

5ed9f8f6d84a4609

一方のイオン新浦安店では毎週空輸されるこだわりのチーズを揃えたコーナーや、本来ダイエーでしか扱っていない高級和牛のコーナーも。実はもともとスーパーの「ダイエー」として開業されたこちらの店舗は、2016年にイオンが経営を引き継いだのです。ダイエーの商品を扱うのは、ダイエー時代から来店するお客様を大切にしたいという姿勢の現れ。心づかいがとっても素敵です。

「買う」だけでなく「食べる」まで充実した魅力的な新浦安のイオンスタイル。今回はイオン新浦安店の浅野裕之店長とMONAの増原雄司店長にご案内いただきました。店長を見かけたら、ぜひおすすめコーナーや商品を聞いてみてください!

Dda60d2c5892ac7b

「イオン新浦安店」 浅野裕之店長

90f55b9f862bbf06

「イオンスタイル新浦安MONA」増原雄司店長

ただ必要なものを買うだけでなく、食べる楽しみがあるグローサラント「ここdeデリ」はもちろん、見つける楽しみも体験できる新浦安のイオンスタイル。「自分の家の近くにもできてほしい…! 」と心から思うスーパーです。今後もイオンでは実験的な取り組みを行っていくとのことで、今後の動きに注目ですね。