「万能3品作り置き」でお弁当は詰めるだけ、夕食はプチアレンジでごちそうに

春からお弁当生活が始まり、「献立をたくさん考えるのが大変」「レシピが全然思い浮かばない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に朗報です! 3アイテム作っておけば、お弁当は朝詰めるだけ、晩ごはんにはちょこっとアレンジでごちそうメニューになる。そんな方法をお伝えします。作り置きする主菜と副菜の合計3アイテムは、料理ブロガーの筆者、ゆきりち考案です!

4317335293c495c7

お弁当にも晩御飯にも「万能3点セットレシピ」

メインのレシピは、鶏ひき肉と豆腐を使った「ほんのり梅香る大葉の豆腐バーグ」です。

豆腐入りでヘルシー感があり、口あたりはとってもフワフワ。ほんのり香る梅と大葉が、食欲減退しがちなこれからの時期にピッタリ。食欲を刺激してくれます。

副菜には2レシピをご紹介。「春キャベツと豆苗の温サラダ〜レモン風味〜」は、電子レンジ調理で簡単に作れる一品。レモンを使ったサッパリ温サラダです。もう1品は「簡単味噌マヨたまご」で、味噌&マヨネーズ味の茹でたまごです。

レシピ1: メイン「ほんのり梅香る大葉の豆腐バーグ」

Eaa87198afb80991

材料(2人分)

木綿豆腐 150g(1/2丁) / 鶏挽肉 200g / パン粉 1/4カップ / 梅干 1個 / 大葉 3枚

味噌 大さじ1 1/2 / 砂糖 大さじ1/2 / 油 適量

作り方

Cd22e70146f0144a

1. 木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、15分程度おいて水気を切る。

719e89ad78ed0e73

2. ボウルに[1]の豆腐、鶏挽肉、パン粉、味噌、砂糖を入れて、しっかりと揉み混ぜる。種を取ってつぶした梅干し、ちぎった大葉を加えてさらに混ぜ、好みの形に成形する。

3435eebe163e3e86

3. フライパンに油を適量入れ、中火にかけて[3]を並べる。両面に焼き目が付いたら、フタをして弱火で5分程度蒸し焼きにして火を通す。

レシピ2: 副菜「春キャベツと豆苗の温サラダ〜レモン風味〜」

C93081025684b860

材料(2人分)

春キャベツ 1/4個 / 豆苗 1袋 / レモン 1/2個 / 有塩バター 8g / 塩 適量 / こしょう 適量

作り方

E856608cc2a42a7d

1. キャベツは太めの千切りにし、豆苗は根を切り3等分くらいの長さに切る。レモンは外皮を剥いていちょう切りに。

96949aa3220ac8a1

2.キャベツと豆苗を混ぜ、耐熱ボウルに入れてふんわりラップをし、電子レンジ(600W)で3分間加熱する。

2219d64045a15bd5

3. 水気を切り、有塩バター 、レモン、塩、こしょうを加えて混ぜる。

レシピ3「簡単味噌マヨたまご」

097f7c4895c86243

材料(2人分)

たまご 2個 / 味噌 大さじ1/2 / マヨネーズ 大さじ 1/2

作り方

4940e2b7649f666a

1. たまごを常温に戻す。味噌、マヨネーズは保存袋に入れて混ぜておく。

1872c11f571280cc

2. 小鍋で湯を沸かし、沸騰したらたまごを入れて、約9分茹でる。※お弁当に入れるたまごは、しっかりと火を通すこと

Eb1ff2f179629419

3. たまごは冷水に移して殻をむき、[1]の保存袋に入れて味をなじませる。

詰めるだけ!お弁当が5分で完成

902b82a824a06cd1

今回紹介したメインと副菜の3点セットレシピを使えば、5分でお弁当が完成。忙しい朝の強い味方です。まずご飯を詰め、あとはおかずを3つ詰めるだけ。真ん中にメインのハンバーグを置くと見た目が豪華になりますよ。仕上げに、ハンバーグには白ゴマをふり、昆布と梅干しをのせたら完成です。

晩ごはんにはちょこっとアレンジでごちそうメニューに!

28bb1ef6d12fe89a

疲れて帰った日には手間をかけずに晩ごはんを作りたいもの。作っておいた3点セットレシピをちょっぴりアレンジして、ごちそうメニューを作りましょう。

アレンジはとっても簡単。ハンバーグにチェダーチーズをのせて、オーブントースターで3分程度焼きましょう。副菜2品は、盛り付けに少し工夫を。副菜のサラダは彩りにトマトを切って添え、味噌マヨたまごは手で割って盛り付けています。お弁当とは違った雰囲気に仕上げることで、マンネリ感が払拭されます。

メインの主菜1つと副菜2つ。作り置きレシピはおっくうと感じるかもしれませんが、夕食にもお弁当にも使えると思うと、やる気が出てきませんか。全く同じメニューがお昼と夜と連続すると飽きてしまいますが、ちょこっとアレンジで夕食はごちそう感が出ますよ。

全部頑張るのではなく、主菜に時間をかけたら副菜は簡単にできるものを作るなど、毎日の晩ごはんとお弁当、気負わずゆるりと頑張りましょうね。