アイロン嫌い注目! 家電評論家が選ぶ「衣類スチーマー」おすすめ3選(前編)

主婦の嫌いな家事の上位にランクインする"アイロンがけ"。そもそも、立体的な洋服を平面でプレスしてしわを伸ばすという行為自体が至難の業。生地の素材によっては"当て布"が必要で、そもそもアイロン台の出し入れだけでも面倒、という方は多いでしょう。極力アイロンがけをしなくて済むように、形状記憶のシャツを選ぶという人もいるとは思いますが、それでも万全というわけではありません。かと言って、毎回クリーニングサービスを利用するというのも経済的ではありません。

134477ef5410a8be

※上の写真は本企画後編で紹介するパナソニック「衣類スチーマー NI-FS540」


そこで、最近人気を集めているのが「衣類スチーマー」。電気アイロンの一種ではありますが、スチーム機能に特化した商品です。

通常のアイロンとの大きな違い、かつ利点は、衣類をハンガーに吊るしたままの状態でしわ伸ばしができること。アイロンのようにコツがいらず、衣類に向かって噴射したスチームの力によって、手軽で簡単にしわが伸ばせるため、アイロンがけが苦手な人にもおすすめしたいアイテムです。 

衣類スチーマーは、しわ伸ばしだけでなく、他の効果も同時に期待できて一石二鳥なところもメリット。高温のスチームを当てることによる除菌の他に、衣類の繊維に吸着したニオイを吸収して放出する作用によって染みついた汗やタバコ、食べ物といった不快なニオイの脱臭も合わせて行えます。 

衣類スチーマーは、複数のメーカーから多数の製品が発売されていますが、今回は家電評論家の筆者が、小型でハンディタイプの人気商品3製品を特徴とともに紹介したいと思います。

ティファール「T-fal アクセススチーム プラス」 

衣類スチーマーに特化したモデルがティファール「T-fal アクセススチーム プラス」(実売価格1万1,000円前後・税込 / 2018年5月22日現在)。1分間あたりのスチーム噴射量は、ターボモードの場合で平均20gとパワフルさがウリの商品。

F6b93c17a1fa4c67

立ち上がりまでの時間も40秒と早く、給水タンクも185mlと大容量で連続使用時間が約18分と長いのが特長。ワイシャツなら一度に約9枚のケアが可能です。 

ただし、そのぶん本体の重さ(水タンクが空のとき。コード含まず)は1,220gと若干重め。とはいえ、スチーマーに特化した製品のため、握りやすい形状で疲れにくく、水タンクは取り外しが可能で、注ぎ足しも容易です。 

衣類スチーマーに特化した製品のため、プレスアイロンの機能はありませんが、その分、衣類スチーマーとしての使い勝手は抜群。プレス用のアイロンが別途家庭にある場合には、スチーマー専用機として買い足すのもアリです。他にも1分間あたりの平均スチーム量が15gとスチーム量は少し劣るものの、重さ925gと軽量タイプの「T-fal アクセススチーム ライト」もラインナップしています。 

続く後編では、コンパクトながらプレス機能も兼ね備えた商品を2モデルご紹介します。

そうじ・せんたく
ランキング

Crown
全体ランキング

Lead banner article 2039
編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る