節約の失敗・成功を達人から学ぶ--第2回「クレカの使用は支出の透明化がカギ!」

節約上手さんから失敗例と成功例を学び、日々の生活に役立てていこうという本企画。第2回目は節約系の人気インスタグラマーである「eri」さんから学びます。

2d11d8ca308e3cd5

自己紹介

50059a4d3b04ebe6

「少ない物で豊かに暮らす」日々を、インスタグラムで公開しているeriと申します。夫と2歳4歳の兄弟の4人家族で毎月22万円で生活しています。2年前に24坪の小さな平屋を建て、現在は子どもを保育園に預けながら、パートで仕事もしています。ここからは、家族4人、予算22万円で生活している我が家の、失敗から編み出した節約術を紹介します。

私が節約を始めた理由

892ea5187c191fb9

長男が生まれた頃、主人の月給の手取りは16万円ほど。家族3人、この額で生活することになりました。当時のアパートの家賃は6万4千円。子どもが生まれる以前は毎日外食をし、高価な服も平気で買っていたので、なかなか生活水準を下げることができず赤字続きでした。コツコツと貯めた独身時代の貯金も、生活費の補填でどんどん減るばかりでした。もともと夫も家計管理が苦手でどんぶり勘定だったので、「これではいけない」と思い直しました。子ども達の将来のためにも家計を見直し、黒字家計にするべく、節約を始めたのがきっかけです。

失敗した節約「ポイント還元目的のクレカ払いは浪費の元に」

6aa57d80b5498878

節約を始めたころ、クレジットカードのポイント還元を目的に、何でもかんでもクレジットカードで支払いをするようにしていました。しかし、クレジットカードは請求日までにタイムラグがあるため、何に、いくら使ったか」を管理しきれず、請求書がきてびっくり…。請求のたびにお金をかき集めては支払うようになり、結局、浪費の元になってしまいました。思ったよりもポイントの還元もなく、この節約法は我が家にとっては失敗だったと思います。

失敗から編み出した成功術「クレカと上手に付き合う」

49cd806e36b5f937

色々な節約本を読み漁り、「使えるお金はいくらあるかを把握し、そのなかで予算を立て生活をする」ことが無理なく身の丈に合う生活への近道だと学びました。クレジットカードも正しく使えば上手にポイントを貯められることを知りました。

我が家では、給与の振込口座とクレジットカードの引き落とし口座を分けています。そして、月初に給与振込口座からその月の予算額を引き出しておきます。固定費の引き落としは1枚のクレジットカードにまとめ、またその他の1万円以上の買い物でポイント還元目的にクレジットカードを使う時は、月初に銀行から引き出しておいた予算の中から、クレジットカード引き落とし口座に入金するという工夫をしています。手持ちの現金が減るため管理があやふやになることもなく、カードの使いすぎ防止に役立っています。ちなみに、クレジットカード利用によって貯まったポイントは、1年分をまとめて外食費や子どもの衣服費にあてています。

私の節約のモットー

C4331724249edf14

10円、100円を削るために、毎日必死になってイライラしたりせず、楽しく節約したいと思っています。家族で旅行に行ったり、欲しい物は我慢することなく手に入れたいので、今回紹介したクレジットカードの上手な利用の他にも、外食の頻度を減らしたり、美容院の回数を減らしたり、毎日の生活の中で妥協できることを見つけて持続可能な節約法を実践しています。まずは家計簿をつけることで収支が見えるので、無駄な支出を止められるきっかけになりますよ。

私の節約モットーは「限りあるお金を有意義に使うために、支出を透明化し、メリハリある節約をする」です。