針糸不要「すそ上げテープ」でズボンのすそ上げ、剥がれない方法も解説

新しいズボンを買ったけれど、長さが合わない…という経験をしたことはありませんか。普段あまり裁縫をしない人にとって、ズボンのすそ上げはレベルの高い作業ですよね。今回は、裁縫が苦手な人も安心な針も糸もいらない「すそ上げテープ」を使ったすそ上げ方法をご紹介します。手芸専門店「クラフトハートトーカイ」に教えていただきました。

37adcedbcdb75429

「すそ上げテープ」とは?

429382f3350b4c18

「すそ上げテープ」とは、ズボンのすそをアイロンで接着してすそ上げするテープのことです。手縫いよりもスピーディに仕上げることができます。クラフトハートトーカイでは、白、黒、グレー、薄グレー、茶、紺の全6色を取り揃えており、幅23mm長さ1.5m。価格は238円(税込)です。

※アイロン不可の素材には利用できませんのでご注意ください

5dbb56e48f4dec18

「簡単にすそ上げができるので、女性だけではなく男性のお客様が買い求められることも多いです。テープを貼った後、洗濯機もドライクリーニングも問題ありませんよ。ご家族のお洋服を買われたお母さんが、サイズが合わない時のために買っていかれることもあります。おうちに1つあるといざという時に安心かもしれません」。そうコメントするのは、藤久株式会社が展開する手芸専門店「クラフトハートトーカイ アリオ北砂店」の竹本早矢香店長。

「すそ上げテープ」の使い方

それでは早速ですが、すそ上げテープの使い方をご紹介します。

準備物

すそ上げするズボン / アイロン / すそ上げテープ / ハサミ / あて布 (アイロン時に利用。ハンカチでも代用可)

手順

1. すそ上げしたいズボンを履き、鏡を見ながら丁度良い長さで折り返してまち針でとめる。ズボンを脱ぎ、折り返し部分から7〜8cmとってそれより長い部分はハサミで切っておく。

※この間に、アイロンをドライにし、温度を140〜160℃にセット。

E17d256efde3cc47

2. テープを用意。すそを一周するようにテープをズボンにあて、一周したら約2cm長くとってテープをカットしておく。アイロンをあてるとテープが縮むため、長めにとっておくことがポイント。

88b0ecfdb7e73989

3. カットしたテープを水に浸し、軽く絞る(湯は使わないでください)。

A2bc665760fca864

4. テープの白い部分が接着面なので、必ず接着面をズボンの生地にあてる。

67ae3efb4a889ada

5. あて布をのせ、アイロンする。アイロンは絶対に滑らさず、上から体重をかけるようにして10秒前後強く押しあて、アイロンを持ち上げてずらして次の場所に押しあて…を繰り返す。

384cbcc1e3808967

6.テープが余ったらカットし、テープの端はアイロンでしっかり接着。

7b3b719377cb8e5f

片足分が10分弱で完成しました「テープが剥がれてしまうことは基本的にありません。何度か洗っているうちにはがれてしっまた場合は、アイロンがけが甘かったか、テープに水をしっかり浸せていなかった可能性があります。手順を守って丁寧に接着してみてくださいね」と竹本店長。ただし、安価すぎるすそ上げテープの場合は、接着剤の量が少なく、剥がれやすくなることも考えられるのだとか。しっかり安心できるお店で購入するのがよさそうです。

手順はムービーでもご覧いただけます。サイズが合わないズボンをお持ちの方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※すそ上げ方法の手順ムービーはこちらからご確認ください。