ミニストップのパフェ、人気の秘密を調べてみた

「ミニストップ」は、他のコンビニエンスストアとは一味違ったスイーツやホットスナック、飲料などのラインナップが人気です。今回はその中でも「パフェ」について、こだわりの素材やおいしさの秘密を、ミニストップでパフェの商品開発を担当する井野口裕介さんに教えてもらいました。

Ede91620561d2a09

ミニストップのパフェ、人気の秘密は?

38be72ec53cd5688

ミニストップスイーツの中でも、春夏のフルーツパフェから秋冬のプリンパフェまで、オールシーズンにわたって人気であるパフェ。夏に販売されるフルーツパフェは、果物がたっぷり入っているのにお手頃価格でコスパが高いと人気。加えて、メイン食材にフルーツを使用していることから、スイーツにしてはとっても低カロリー。例えばマンゴーパフェだと172キロカロリー程度。カロリーが低いことが分かりますね。

「ランチ終わりに、『カロリーはあまりとりたくないけど甘いもので締めたい』というニーズもつかんでいます」(井野口さん)。

素材にもミニストップならではのこだわりが。アップルマンゴーパフェは今年もジューシーなタイ産を使用し、よりマンゴー感を出すべく、ソースには4種の異なるマンゴーを使用したそう。思う存分マンゴー感をたっぷり堪能できる味に仕上げられています。

A9f93fc2627fd6fa

また、ここ数年秋冬シーズンに販売されているプリンパフェも、フルーツパフェ同様人気の商品。毎年販売を終了すると、ミニストップのお客さまサービスコールセンターには惜しむ声が多く寄せられるそうです。2017年-2018年シーズンに発売した「なめらかプリンパフェ」は、隠し味にブランデーを使用。上品な甘さと香りを引き出したカラメルソースと濃厚なプリンの絶妙な相性や、パフェの上にのったローストシュガーのカリカリした食感が人気の理由だそうです。カップアイスでの実現は難しいとされるソースの粘度やシュガーのカリカリ感は、店舗で作るスイーツだからこそ実現できた点だといいます。

こだわりの素材と、コストパフォーマンス、また市販の商品では実現できない味わいなど、ミニストップのパフェはリピーターがつくのも納得できるスイーツなのです。

買い逃しに注意! シーズンよって異なるラインナップ

E5ad260ce6cd0f74

ミニストップのパフェには、実は通年で販売している商品はありません。基本的に春夏はさっぱりしたフルーツ系、秋冬はリッチな味わいのパフェが出ることが多いよう。とは言え、毎年その時期になると発売される「シーズン定番のフレーバー」もあるようで、いちご(春)・マンゴー(夏)・プリン(秋冬)などのパフェは、ここ最近は毎年発売されています。

新作が出るタイミングは決まっているわけではないものの、1年に8品程度発売しているそうです。パフェに関しては販売期間が短い場合も多いので、買い逃しには十分注意してくださいね。

2018年の新作フレーバーは?

次々に発売される新作フレーバーが楽しみなミニストップのパフェ。直近では2018年4月より販売している「アップルマンゴーパフェ」に加え、「白桃パフェ」が2018年6月15日に発売となりました。どちらも果肉がたっぷり入って、果肉のフレッシュな甘さと食感、また上にのったバニラソフトクリームの濃厚な味わいが楽しめます。他のスイーツに比べカロリーもそれほど高くないので、この夏何度もリピート買いしてしまいそうですね。価格はアップルマンゴーパフェ・白桃パフェのいずれも税込350円です。

F27b0c64fb861f6e
アップルマンゴーパフェ(税込350円) 172キロカロリー
5c60d4c00f1f66e5
白桃パフェ(税込350円) 142キロカロリー

家事の合間やおやつの時間などに食べたいミニストップのパフェ。ほとんどの店舗にイートインコーナーもついているので、気になった方は買い物の休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。