ミニストップ「ハロハロ」開発秘話--2018年もあの人気メニューが登場

コンビニエンスストアでありながら、店内で作るスイーツなどのオリジナルメニューも展開する「ミニストップ」。今回はその中でも「ハロハロ」について、開発秘話や人気のフレーバーをミニストップの広報を担当する山盛雅美さんに教えてもらいました。

6dec812bf0149a17

ハロハロってどんなスイーツ?

82ee425a2771c9de

フィリピンで親しまれているスイーツ「ハロハロ」。「ハロハロ」とは「混ぜこぜ」を意味しており、フィリピンではかき氷やアイス・フルーツを組み合わせたスイーツですが、実は中に入れる具材に特に決まりはありません。ミニストップのハロハロは日本人向けにアレンジし、氷やシロップ、ゼリー、ソフトクリームなどを合わせ、夏にぴったりのひんやりしたスイーツとなっています。

ミニストップのハロハロは1995年に発売されました。当時の商品開発チームは「ソフトクリームを使用した、パフェ感覚で氷を食べられるスイーツを発売したい」と考えており、氷を使ったデザートの情報を集める中でフィリピンのハロハロを知りました。「これは面白そうだ」と日本流にアレンジして発売したのが始まりです。

人気の秘密は?

87e1c6be1d0deddb

ひんやりとした混ぜこぜスイーツのハロハロですが、長年にわたって愛されているその人気の秘密は何なのでしょうか。

「ハロハロの魅力は、好みによりいろいろな食べ方を楽しめる点です。ソフトクリームなどのそれぞれのアイテムを単体で食べる方もいれば、混ぜてミックスされた味を楽しむ方もいるようです。食べ方によって味が変わるので飽きがこないのがポイントです。また、氷やフローズンフルーツを使用したスイーツということで、ひんやりとした舌触りが暑い夏にぴったりです。ハロハロが発売開始されたのを見ると『夏が来たな』と感じる人も多いようで、今では夏の風物詩とも言えるスイーツとなっているようです」(山盛さん)。

「季節感」「流行」「果実感」にこだわる

6636a44c19045cc8

フィリピンのスイーツに影響を受けて開発されたミニストップのハロハロですが、本場のハロハロは大きくてカラフル。南国スイーツ感が強い見た目です。このまま発売しても日本では受けないと考えた商品開発担当が、日本流にアレンジする際にこだわったのが「季節感」。24時間以上かけてゆっくりと凍らせ不純物などを取り除いた純氷を使用し、ひんやりした夏のおいしさを実現。またフレーバーは、流行の味やお客様の市場の期待を常に追求して考えられています。さらに、氷が苦手な方向けに直近では「ひんやりしているけど氷は使っていない」という、フローズンフルーツを削って作る果実感を楽しむハロハロも誕生。日本で好まれる味わいのハロハロに仕上げられています。

41630931aa669b73

実はゼリーの位置なども微調整がされていたことをご存知でしょうか。発売当初はゼリーが容器の一番下に入れられていましたが、「ゼリーが最後になると楽しめない」というお客様の声から、翌年からはソフトクリームと氷の間にゼリーを入れるようにしたといいます。

9bc67035917651a3

また、2000年に入ってからは「宇治金時」味など和系のハロハロも登場。毎年のラインナップでは「ソーダ系」「フルーツ系」「和系」といった風に、フレーバーのカテゴリーが重ならないように商品を開発しているそうです。

過去の人気フレーバーは?

毎年様々な味が登場するハロハロですが、直近の2017年と今年2018年は「果実氷いちご」が大ヒット。こちらのフレーバーは、ミニストップのハロハロ史上初の「氷を使用していないハロハロ」です。サクサク食感のスライスしたフローズンいちごと練乳風味シロップを使用する「果実氷いちご」は、果実感が強く、かつ氷が苦手な方でもOKということで爆発的に売れているのだそう。

D3142538bf53a0f1

また2014年に販売された「白くま」、2015年・2016年に販売された「黒蜜きなこ」も大ヒットだったといいます。それまでは主に若年層や男性に人気のあったハロハロでしたが、これらのヒットフレーバーの発売により、ここ最近は女性にも人気になってきたのだそうです。

販売時期と2018年のラインナップ

E79a877f4c145d1c

ハロハロは毎年春頃に発売が開始され、秋頃終了します。地域にもよりますが、4月下旬~8月くらいまで(販売期間が長い地域は9月頃まで)が目安。販売終了は気温が低い東北などの地方から始まるようです。

毎年のラインナップ数は、だいたい5~6品。2018年6月時点では「ラムネ」(270円)、「宇治抹茶あずき」(290円)、「果実氷いちご」(320円)、「ハワイアンパイン」(290円)、「フルーツ杏仁(マンゴー風味)」(290円)の5種が販売されており(全て税込)、7月に新商品も出る予定だとか。ちなみに、過去何回もその年のラインナップに入っている抹茶とあずきを使用したハロハロは人気1位のフレーバーではないものの、大人の女性に人気でリピーターが多い商品なのだそうです。

夏にぴったりのひんやりスイーツで、今年の暑さも乗り切りましょう!