七夕の食べ物とは? 七夕の行事食を専門家が解説

正月にはおせち料理、端午の節供(節句※)にはちまきや柏餅など、それぞれの行事に行事食はつきもの。今回は七夕に食べておきたい行事食を紹介します。

※民俗学では「節句」ではなく「節供」としての表記が正しいとされています

6a2671d64d3ed112

七夕とは実は「お盆」!?

44e237754eca0950

七夕は1年に1度、「彦星(別名: 牽牛)と織姫(別名: 織女)が会える日」や「笹に短冊を吊るして願い事をする日」として今の日本では有名です。これは、中国や韓国などの大陸から伝わった話や習わしが、日本の風習などと混ぜ合わさって今の形になったもの。今のような七夕の行事として扱われるようになったのは、江戸時代に五節供(五節句)が定められて以降とされています。七夕は江戸時代に庶民にも伝わり今の形へと徐々に変化しましたが、それまでは主に貴族たちの間で、技芸の上達や心身のケガレを祓(はら)う祈りの宮中行事として発展しました。

実は七夕である「7月7日」とは、旧暦の日にち。旧暦7月7日は、現在(新暦)の8月半ば以降にあたることが多いです。この時期のイベントといえばお盆行事。つまり、旧暦7月7日の七夕とはお盆の準備や行事をする日なのです。「仙台七夕まつり」など各地に残る七夕の行事が「月遅れの七夕」と言われ、8月7日あるいはこの日に近い土日に行われるようになったのも、このことから。本来旧暦でなくては意味がないものの、旧暦の七夕で開催すると今の暦とずれてしまうため、便宜を図ってこうした形になっています。

旧暦7月7日は「この世」と「あの世」の境目があいまいになるお盆の時期、また気温も高く病に倒れたり亡くなったりする人が多い時期でもありました。当時の貴族は七夕の夜に先祖に供え物をしたり願い事を祈り、翌朝その願いを紙に書き、自らのケガレとともに川に流しお祈りをしていたのです。

七夕の行事食は「そうめん」

A670f2ebb39f4716

七夕の行事食としては「そうめん」が有名ですが、これも実は「七夕とは旧暦のお盆であった」というエピソードと関係しています。そうめんを食べる意味として「天の川に見立てて食べる」という説もありますが、こうした考えは最初からあったものではなく七夕行事が姿を変えていく中で作られたもの。

もともと七夕の行事食は「かりんとう」に似た、麦をひねって揚げた甘いお菓子でしたが、それが時を経てそうめんに変化したと言われています。この由来は中国の逸話によるもの。昔、中国で若くして王子が亡くなり、この王子が亡くなった後、多大な祟りをおよぼしました。これを収めるために、王子が好きだった麦のねじり菓子(=かりんとう)を供えたところ祟りが収まり国が穏やかになったといいます。先にも説明したように、この七夕周辺の時期は当時の中国でも亡くなる人が多く、ねじり菓子を神様にお供えして祟りが起こらないようにするようになりました。

F9378a3f8aa2a617

かりんとうを供える風習は日本に入ってきたのち、そうめんへと変化します。油を塗ってひねり乾かしたそうめんがこの菓子と混同され、その姿が糸(織姫を連想させるもの)に似ていたこともあり、徐々にそうめんが供えられ食されるようになりました。ちなみに、この七夕の時期は中元と重なることも多く、中元のお供え物(贈り物)としてそうめんがよく使われるのもこのエピソードに由来しています。

D67e3e81e85c1d1a

七夕の行事食として何となく食べていたそうめんですが、実は神様に備えることで祟りが起こらないように祈り、先祖供養をする食べ物でした。このような背景がわかると、より味わい深くいただくことができますね。七夕の夜は体調を整え家族や自身の健康を祈りましょう。

監修: 井戸理恵子

今回お話を聞いた先生

80059251ede50574

井戸理恵子(いどりえこ)

ゆきすきのくに代表、民俗情報工学研究家。1964年北海道北見市生まれ。國學院大學卒業後、株式会社リクルートフロムエーを経て現職。現在、多摩美術大学の非常勤講師として教鞭を執る傍ら、日本全国をまわって、先人の受け継いできた各地に残る伝統儀礼、風習、歌謡、信仰、地域特有の祭り、習慣、伝統技術などについて民俗学的な視点から、その意味と本質を読み解き、現代に活かすことを目的とする活動を精力的に続けている。「OrganicCafeゆきすきのくに」 も運営。坐禅や行事の歴史を知る会など、日本の文化にまつわるイベントも不定期開催。

夏レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る