仏滅、良し悪しは大安とほぼ同じ?--六曜の意味とカレンダーの決まり

家を建てたり結婚式などの行事を行う際、重視する人の多い「六曜」。先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類がありますが、それぞれの本当の意味はご存知でしょうか。今回は六曜の中でも「仏滅」について、民俗情報工学研究家の井戸理恵子先生に教えてもらいました。

7092c44b3e03d4f5

六曜のカレンダーでの決まり方

6afccceb9c6b9b44

六曜には、「先勝(せんしょう・さきかち・せんかち)」「友引(ともびき・ゆういん)」「先負(せんぷ・せんふ・せんまけ・さきまけ)」「仏滅(ぶつめつ)」「大安(たいあん)」「赤口(しゃっこう・じゃっこう・しゃっく・じゃっく・せきぐち)」の6つが含まれます。六曜はもともと中国で時間を区切る際に使用されていた考え方で、日本に入ってきた当初も時間と関係して使われていました。今のように日にちの吉凶を占う考え方となったのは、明治時代の暦改正後からです。

基本的に六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の順番でカレンダーに並びますが、たまに大安の後にまた大安が続くというような並び方になる場合があります。これは、旧暦の毎月1日に来る六曜が決まっているため。例えば旧暦1月1日と7月1日には「先勝」が必ず来るようになっています。そのため、それまで基本の順序で並んでいた六曜が旧暦1日を迎えたことにより、並び方がリセットされるということが起きるのです。

「仏滅」は悪縁を断ち切る日にぴったり

057d464cb92a22a9

六曜とは、「その日にしてはいけないこと」を考える指標です。「大安」が一般的に良い日だととらえられているのは、この「してはいけないこと」が無く、「何事にも害がない日」のため。それに対して「仏滅」は「物が消滅する日」を意味し、物質的な物の購入などが「してはいけないこと」にあたります。

ちなみに、大安と仏滅は大吉と大凶のように思われがちですが、実はあまりその良し悪しは大安も仏滅も変わりません。結婚式などを執り行うときに避けられがちな「仏滅」ですが、物が滅する日ではあるものの、本来は吉でも凶でもなく無難な日と考えられていました。反対に「大吉」だと思われがちな「大安」も、実は害がない「小吉」の日なので、両者は近しい日なのです。

ただし、大安はNGな事柄や時間帯が無く「万事進んで良し」の日と考えられる一方で、仏滅は「物事が一度終わる日」なので、同じ小吉でも大安の方が結婚式などを執り行うには良いとされます。

仏滅と言うと不吉に思われやすいですが、終わる(滅する)ことが良いことなのか悪いことなのかはその人や事柄によります。この日は仏事や別れたい人との別れには良い日と言われているので、例えば悪縁を切り、改めて人生をスタートしたいときなどには適しています。ただし、この日から始めること(特に良くない事柄)は長引いてしまうと考えられており、この日に病気になると長引くとも言われます。また、六曜の考え方でとらえると、仏滅に家を建てるのは物事が終わる日なのでNGです。悪縁因縁を断ち切り、新たな旅立ちをしたい事柄がある場合は、仏滅を意識しても良いかもしれませんね。

六曜の信ぴょう性は?

A4408f58e7542d28

多くの方が行事などの際に意識する六曜ですが、実はあまり信ぴょう性のあるものだとは考えられていません。今の六曜は旧暦から新暦に移行する中で、今の時代に合うように形を変えてきたものだからです。ただし、人は何かを信じることでエネルギーがわくこともありますよね。行事やイベントを楽しむためにも、ほどほどに意識しながら六曜と付き合っていくのが良いでしょう。

監修: 井戸理恵子

今回お話を聞いた先生

E3edfcf1c59fb8f2

井戸理恵子(いどりえこ)

ゆきすきのくに代表、民俗情報工学研究家。1964年北海道北見市生まれ。國學院大學卒業後、株式会社リクルートフロムエーを経て現職。現在、多摩美術大学の非常勤講師として教鞭を執る傍ら、日本全国をまわって、先人の受け継いできた各地に残る伝統儀礼、風習、歌謡、信仰、地域特有の祭り、習慣、伝統技術などについて民俗学的な視点から、その意味と本質を読み解き、現代に活かすことを目的とする活動を精力的に続けている。「OrganicCafeゆきすきのくに」も運営。坐禅や行事の歴史を知る会など、日本の文化にまつわるイベントも不定期開催。