お盆はいつ? 迎え火・送り火をする理由は??--意味や過ごし方を解説

親族と集まり先祖供養をする行事である「お盆」。現在では8月の中頃がお盆にあたりますが、その理由をご存知でしょうか。お盆の由来や過ごし方について、民俗情報工学研究家の井戸理恵子先生に教えてもらいました。

041acc7ee6a17041

お盆の時期

682ef1cc24ba53ab

現代のお盆は、毎年8月13日~16日頃が一般的です。旧暦のお盆であった七夕(旧暦7月7日)がこの8月中旬前後にあたることが多く、新暦ではこの期間になったと言われています。本来のお盆は、旧暦7月7日頃から十六夜(いざよい)まで。かつての日本では、旧暦7月7日は上弦の月の頃で、上弦の月を船の形に見立て、あの世とこの世が結ばれる時期とされていました。ご先祖様があの世から戻ってきて十五夜には帰り、戻るのを渋っているご先祖さまも十六夜までには帰ると考えられていたといいます。

また、昔の日本人は数字で縁起をかついだりシャレをきかせたりすることを好んでいたことも、この期間がお盆であったことに関係していると言われます。十六夜の「16」を「1」と「6」に分け、二つの数字を足すと「7」になることから、上弦の月の頃の「7月7日」から「十六夜(足すと7となる)」は、「7」で始まり「7」で終わることで並びが良いと考えられていたようです。

加えて、中国から伝わった考え方に「一年のうち12月の冬至~6月の夏至は太陽が甦る『陽』の期間、夏至~冬至までの半年は太陽が老いていく『陰』の期間である」というものがありました。旧暦7月7日はこの狭間の期間であり、あの世の力が強まり始める頃。この時期に先祖供養をすることで、愛する家族をあの世に連れていかれないようにお祈りしていたといいます。

ただし、現代ではお盆行事を行う時期に地域差があり、東京や秩父などの一部の地域では旧暦の日付をそのまま新暦に用い、7月にお盆行事をするところもあります。理由はまちまちですが、例えばかつて養蚕業が盛んであった地域では、「お蚕様が眠る」頃である新暦の7月にお盆行事をするようになったと言われています。

お盆の過ごし方

Ce82a63b38e18053

先ほども説明したように、お盆は先祖供養をして過ごします。今でもお墓参りをしたり、親戚一同が集まって先祖を祀ったりしますね。親戚一同が集まることには、先祖を供養する以外にも意味があります。昔の人のことを語り、近況を伝えあい自分の身体への理解を深めることにより、自分がどのような病気になりやすいのか知り、体調に注意するようにしていたようです。

「花火」や「盆踊り」も先祖供養行事

86fd53b3a37bd2e0

夏の風物詩である「花火」も実はお盆行事の一つ。「火」はあの世とこの世をつなぐことができるものと考えられており、花火は亡くなった人を供養するための催しでした。ちなみに、新暦のお盆が終わる時期に開催される京都の「五山の送り火」に代表されるような「送り火」や「迎え火」も、火があの世から見えることから先祖を招き、帰すために行われるといいます。

また「盆踊り」も先祖供養の踊りです。まるで気功のような独特の手や足の動きは、生きている人間しか寄せ付けることのできない自然界の力を、自分の身体に寄せ付ける舞。この舞により、亡くなった人に自分の魂を持って行かれないようにする、という効果があると言われています。お盆の時期に開催される地域のお祭りとして、「ねぷた祭り」「阿波踊り」などがありますが、これらもご先祖様と楽しく遊び、あの世に連れていかれないようにするためのお盆祭りが由来です。またご先祖様や死者に楽しんでもらうことにより、この世への未練をなくしてあの世へ帰っていただくためでもあります。

お盆の飾りつけ

68369504237ce343

お盆の時期には「胡瓜の馬」や「茄子の牛」をかざります。馬は太陽や火の象徴で、「生きている力を得る」ことを意味します。また牛は月や水を表す動物で、「元の世界(あの世)に戻っていく」ことを意味します。ご先祖様は胡瓜の馬に乗り早々とこの世にやってきて、茄子の牛のお尻に捧げものをたくさんのせて戻っていくと考えられています。

お盆の時期の行事食

D1579020e45d7f4a

この時期の行事食は、旧暦の七夕に供え物として使用されていたそうめんの他、ご先祖様には乾き菓子を備えます。また、行事食ではありませんが、暑い時期に身体を冷やすと良いという意味で、茄子や胡瓜、スイカなど水分の多い瓜系の食材を食べることが多いようです。

花火や盆踊りなどを楽しみながらご先祖様をしっかり供養して、お盆の時期を過ごしてくださいね。

監修: 井戸理恵子

今回お話を聞いた先生

D8975d84aac248d4

井戸理恵子(いどりえこ)

ゆきすきのくに代表、民俗情報工学研究家。1964年北海道北見市生まれ。國學院大學卒業後、株式会社リクルートフロムエーを経て現職。現在、多摩美術大学の非常勤講師として教鞭を執る傍ら、日本全国をまわって、先人の受け継いできた各地に残る伝統儀礼、風習、歌謡、信仰、地域特有の祭り、習慣、伝統技術などについて民俗学的な視点から、その意味と本質を読み解き、現代に活かすことを目的とする活動を精力的に続けている。「OrganicCafeゆきすきのくに」も運営。坐禅や行事の歴史を知る会など、日本の文化にまつわるイベントも不定期開催。