メルカリ広報と達人が売れる写真テク・出品時間帯を解説--フリマアプリのコツ

自分には不要になったものを手軽に売ることができ、断捨離やリサイクルにもつながると人気のフリマアプリ。利用人口はどんどん増えてきていますが、なかには「出品するものの、全然売れない…」という声も。フリマアプリで売れるコツを、フリマアプリ大手「メルカリ」の広報と、メルカリのヘビーユーザー高橋さん(28歳既婚ママ ※仮名)に教えてもらいました。

C29708ee6e60a1a5

メルカリとは

39027f5c717e7273

月間利用者数1,050万人(2018年3月時点)、ダウンロード数は世界合計で1億800万超えと、超人気のフリマアプリ「メルカリ」。20代~30代の女性を中心に、幅広い層に支持されるアプリです。たった3分で出品が完了する簡単さと、メルカリを介して匿名で金銭のやり取りができる安心感などが魅力。アプリ内にはかなりの数・種類の商品が出品されているので、欲しいものが見つかる可能性も高いです。

23001093e474b10b

今回はそんなメルカリで、数ある商品の中から目にとめてもらい、売れるためのコツを教えてもらいましょう。

商品ジャンル

647f79e2014961d8

メルカリでは、家具や家電、洋服・雑貨までいろいろなジャンルの商品が取引されていますが、よく売れているジャンルとしては「購入頻度が高いもの」だとメルカリ広報はいいます。

「良く取引される(=売買が活発な)ものとしては、レディースアパレルやメンズアパレル、おもちゃなど身近な日用品のシェアが高いですね。カー用品や家具など、人が頻繁に購入しないものはシェアが低くなっています」(メルカリ広報)。

また、高橋さんはブランドものや子ども服がよく売れると回答。

「ブランド服はよく売れますね。メルカリで欲しいものを探すとき、検索条件に自分の好きなブランド名をキーワードで登録しておき、気になる商品が出品されないか日頃からチェックしている人がいるんです。そういった方に向けて、検索した時に引っ掛かるようにブランド名を出品時のタイトルや説明文に盛り込んでおくのがポイント。逆に言えば、どこの商品かわからないようなものは売れにくいです。あと、使う頻度が少ないままサイズアウトした子ども服なども売れやすいです。出産祝いでいただいたものの、別の方からのプレゼントと品物が被ってしまった…なんて時は、使わずにとっておくのも勿体ないので出品するのがおすすめです。未使用であることをアピールして出品すると売れやすくなります」(高橋さん)。

ブランド服には一定のファン層がいるので、やはりメルカリでも売れやすいよう。また、出品するのが特定のブランドの商品ではなくても、特定のブランドを連想させるような同じようなテイストの服や雑貨には、そのブランド名を説明文に入れておくと、興味を引くことができるといいます。ただし、そのブランドのものではないことをしっかり明記しておきましょう。

出品タイミング

いつでも出品できる手軽さが魅力のフリマアプリですが、出品タイミングにも実はコツが。

「全体的には平日や週末の夜22時以降など、家でくつろいでいる時間帯によく売れます。ママ向けの商品は、子どもを保育園や幼稚園に送った後の午前中も狙い目です。また、金曜の夜や祝日前夜、連休などは家にいる人が少ないため、売れにくい時間帯になります」(メルカリ広報)。

「朝の出勤時間や夜の9時以降など、自分が出品している商品を好きそうなユーザーさんが、落ち着いてスマートフォンを見られる時間を意識しています。ただ、この時間帯は出品数も多いためタイムラインで他の商品に埋もれてしまう可能性も高いですね。他には、時間帯ではないですが季節感も大切です。例えばハロウィンのグッズはハロウィン後(自分が使用した後)に売りたくなりますが、来年のハロウィン前まで出品をグッと我慢して、夏の終わり頃から秋にかけて出品するのがおすすめ。自分が売りたいタイミングではなく、相手が欲しくなるタイミングで出品することが大切です」(高橋さん)。

値付け

Bf6f2298df5c4c66

出品するときに迷うのが「値付け」。少しでも高く売りたいのが本音ではあるものの、売れなければ意味がありません。

「数値的なデータは把握しておりませんが、売れない場合は出品価格より10%以上値引きすると、商品をお気に入り登録(『いいね! 』が付けられる仕組み)している人に通知がいくため、売れやすくなります」(メルカリ広報)。

「自分が出品するときは、既に出品されている同じような商品を検索して、『売れている価格』と『売れていない価格』をチェックしています。この2つの価格を見て、間くらいの価格に設定することが多いですね。あとは、値付け方法ではなく出品時の心がけですが、1,000円以下の値付けになりそうな商品は出品しないと決めています。送料や手続きなどにかかる労力を含めると、コスパが合わないと思うからです。1,000円以下の商品は、まとめてリサイクルショップに持って行きますね」(高橋さん)。

写真の撮り方

2d06ab9420f319ab

出品タイミングや値付けも重要ですが、かなり大切なのが商品の写真。ぼやけていたり、加工されすぎていると買い手の購入意欲はなかなかそそられません。

「日中の自然な光を生かして写真を撮るとスマートフォンでもキレイに写せます。色味を加工しすぎると、実際の商品と色味が異なってしまい、購入者さまとのトラブルにつながる可能性もあるため、ご注意ください。商品の色によって背景の色を工夫すると商品が目立ちます(例: 白い商品は黒い背景で撮影するなど)」とメルカリ広報。

さらには、「また、傷や汚れがある場合はその詳細がわかるように撮影したり、大きさがわかりにくい場合は隣に目安になるものを置くとわかりやすいです。売れにくい写真はピントがボケていたり、色が暗く詳細がよく見えない写真や、逆に明る過ぎて色味が飛んでしまっている写真などです」と教えてくれました。

「私はなるべくシンプルな背景で撮影するように心がけています。派手な背景で撮ってしまうと、出品したいものに視線がいかないためです。他には色味加工もできるだけしないようにしています。加工をしすぎると『実物と印象が違う』というクレームになりかねないので、加工は明るさを多少変更する程度ですね。汚れなどがある場合も、到着後のトラブルを防ぐためにもしっかり写真に撮り、出品時に申告しています」(高橋さん)。

その他のコツ

最後に、これまで聞いてきた以外のコツを教えてもらいましょう。

5e0097386251615e
高橋さんのメルカリ出品商品例

「商品情報を入力する場合は、サイズや商品名のほか、購入した時期や使用頻度、なぜ手放すのかなど商品に関するストーリーを合わせて記載すると、評価が少ない初心者の方(※)でも信頼は得られる傾向にあると思います」(メルカリ広報)。

※メルカリには「信頼できるユーザーかどうか」を取引相手が判定できる「評価」があります。取引後に出品者を「良い」「普通」「悪い」のいずれかで取引相手が評価して取引が完了します。この評価は他のユーザーも閲覧できるため、ユーザーの信頼度として取引前の参考にされることもあります。

「出品時のタイトルには『新品・未使用』『タグ付き』『送料込み』など、アピールできそうなポイントを盛り込むことが大切です。また、売れることに直結はしませんが、発送するときにお礼の手紙をメモなどで入れています。こうすると、ユーザーとして信頼してもらえ、次の機会につながることもありますね。発送手続きはなるべく早くするようにしています。購入してもらってから発送までの間が空くと、相手も不安な気持ちになるからです。これも次につなげるための心がけです」(高橋さん)。

フリマアプリ出品時の売れるコツまとめ

メルカリ広報とヘビーユーザー高橋さんから教えてもらったコツをおさらいします。

  • 商品ジャンル…日常生活で購入頻度の高いもの、ブランドもの、子ども服など
  • 出品タイミング…購買対象ユーザーがゆっくりスマホを見られる時間帯
  • 値付け…売れている商品と売れていない商品をチェックし、間の価格で設定
  • 写真の撮り方…自然光で色味はあまり加工しない。トラブルを防ぐためにも、懸念点などの撮影も忘れずに
  • その他…タイトルに推しポイント、本文には商品に関するストーリーを盛り込む

誰でも簡単に出品できるのが魅力のフリマアプリですが、コツを押さえている人、いない人では売れ行きに雲泥の差が出ることもあるかも!? 少しのコツを覚えておくだけで、今まで売れずに悩んでいたものも売れるかもしれません。ぜひお試しくださいね。