A5黒毛和牛使用、東京発"沖縄一おいしいカレーパン"--高くても売れる理由は

11月16日から12月25日までの期間限定で、沖縄県の「デパートリウボウ」にて販売されているカレーパン「もとむのカレーパン」。1個390円(税込)と高額ですが、店頭には毎日多くの人が詰め寄せているといいます。実はこのカレーパンが誕生したのは東京。しかし、東京で販売される前に沖縄で発売されました。その理由や人気の秘密を紹介します。

B94918e8e023da7f

「もとむのカレーパン」とは

食肉市場があり、肉の聖地と言われる東京都港区芝浦。「もとむのカレーパン」は同エリアから仕入れた「最高級A5ランク黒毛和牛」を使って作られています。サクサクとした軽い食感のパンの中に、最高級A5ランク黒毛和牛が贅沢に詰め込まれたこのカレーパン。販売元の株式会社アンド・フーズ・ウィズの広報に聞くと、A5ランクの黒毛和牛を使用したのは「たくさんの人に、本当においしい黒毛和牛をもっとカジュアルに楽しんでもらいたい」という想いからなのだといいます。

商品名の"もとむ"には「黒毛和牛のおいしさを追い“求”め、たくさんの人に“求”められるようなカレーパンを届けたい」という理由があるそうです。

61ae32a8dab60264

東京発のカレーパン、最初の販売地は沖縄

都内に本社をおく同企業ですが、「もとむのカレーパン」が最初に販売されたのは沖縄県でした。沖縄の百貨店「デパートリウボウ」では、1個390円とカレーパンにしてはお高めながらも大人気。11月16日から販売が開始され、オープンからわずか28日で累計販売数5,000個を突破したのだそう。

その人気の秘密は「A5ランクの黒毛和牛を使っており最高においしいのはもちろん、高級牛を使用しているにもかかわらずこの価格で買えるのは逆にコスパが良い」とお客に響いたからなのだといいます。

18e3fc21ff1bb0de
「デパートリウボウ」の期間限定店舗

ところで、なぜ東京でうまれたカレーパンが沖縄で先行発売されたのか気になりませんか。

同社広報いわく「2019年春に都内でのオープンを目指して準備を進めていた中、『デパートリウボウ』さんとたまたまご縁がありました。期間限定イベントの『クリスマスマーケット』での出店にお声がけいただいたのがきっかけです」とのことでした。

国内外の人が多く訪れる沖縄で販売することで、地元の人から海外からの観光客まで、幅広いお客に商品を届けて喜んでもらえるチャンスになると考え、先行販売へ至ったといいます。

おいしさのこだわり

最高級の黒毛和牛を使用しているだけでなく、本商品には他にもこだわりがあります。店舗では1番おいしい状態で食べてほしいと、常にでき立てを販売。製法面では、1度油で揚げた後にオーブンで焼き上げることで、余分な油を落としてサクッとした軽い触感に仕上げています。ごろごろと入った贅沢なやわらかい黒毛和牛、スパイシーでコクのあるカレールー、軽い食感の生地の組み合わせは、最後の一口まで堪能できるようにとこだわりが詰まっています。

お客の反応

沖縄県で先行販売された「もとむのカレーパン」。お客の反応はかなり好評でリピーターも多くいるそうです。中でも地元に住む20代後半から40代の⼥性に人気で、友⼈や家族に「もとむのカレーパンは沖縄で1番おいしい! 」と⼝コミで紹介が広がっていきました。販売期間中は⼦どもから年配の人まで多くのお客が訪れているといいます。

沖縄での販売は12月25日で終了しますが、来春に東京でも展開を予定しているそう。人気店舗になること間違いなしですね。贅沢なカレーパンをぜひ味わってみてください。

ライフスタイル
ランキング

Crown
全体ランキング

Lead banner article 2039
編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る