貯金1000万円、3ステップで着実に! お金の専門家が解説

憧れの貯金額、1,000万円。でも「ただ願っているだけ」では実現しません。夢を夢に終わらせないために、貯金1,000万円までの道のりを考えてみませんか。ファイナンシャルプランナーの冨士野喜子さんが、1,000万円貯めるための実践ノウハウを3つのステップで教えてくれました。

Fae7e583f304da73

1,000万円貯めるためには3ステップで

貯金を山登りに例えて考えてみましょう。大きな山を前に「こんな山登れないわ……」と思っても、「まずは3合目まで」「今、8合目! 頂上まであと少し」など、目標を細かく設定したり、ゴールまでの距離を意識したりすることで、モチベーションが保たれ、大きな山も制覇することができます。

貯金も一緒です。諦めずに、ステップを1つ1つ踏んでいきましょう。

ステップ1: まずは100万円貯める

0ad9decd4fefc8f8

単純計算をすると、年間100万円の貯金を10年間続けると1,000万円が達成できます。まずは第1歩である100万円を、どれくらいの期間で貯められるかが勝負です。

家計の収入や支出にもよりますが、1年~1年半で100万円を貯める計画を立ててみると良いですよ。共働き世帯の場合は、半年~1年を目安に考えてみてください。

「育休中で」「今は時短勤務で」「子どもの大学費用がかさんで」などの特別な理由がないのに「厳しいな」と思うのであれば、家計の見直しが必要なサインです。

  1. 収入を増やす=共働きを考える、働き方を考える
  2. 支出を削る=家計費を書き出して、削る部分を見極める
  3. 各種カードのポイント制度の活用

などが必要です。1,000万円を貯めるために、いまいちどご自身のライフスタイルを見直してみましょう。「目標に向かって節約生活を楽しむ」というスタンスで臨めたらいいですね。

ステップ2: 500万円貯めるには

72fbbe0e20ddcaa4

ステップ1で掲げた100万円貯金の目標を達成したら、家計が整った証拠です。その調子で次に目指すのは500万円です。

実は貯金500万円付近が、最も危険な地点なのです。「今まで頑張ってきたし、ちょっとくらい使っても良いよね」と悪魔のささやきが……。確かに、お金は使うためにあるので、決して使ってダメな訳ではありません。

でも、うっかり油断してしまっての購入の際には、必要なランクの「ワンランク上」の商品を選択しがち。貯金1,000万円の目標を忘れないで、100万円貯める生活をコツコツと続けてください。

ステップ3: 1,000万円にするには

7c5059184d920a5e

貯金500万円から1,000万円までのステップでは、「お金が無いことにする」ことが大切です。貯金額が500万円を超えたら、すでに溜まっている貯金の「預け先」を検討しましょう。安全性を重視するなら、ネット銀行の定期預金がおすすめ。金利が高めなので、利息というオマケも付いてきますよ。

その他にも、保険商品や投資商品など「引き出しにくい場所」に預け替えておくと、お金の存在を忘れることができます。折り返し地点の500万円を超えたら、ゼロからのスタートを意識すると良いですよ。

予定通りにいかない時もある

毎年の収支が同じ家庭はごく稀です。車検や冠婚葬祭といった急な出費はつきもの。だからこそ、貯金計画を考える時に「予備費」を設けておくと慌てずに済みます。まずは貯金1,000万円達成までの期間で、ある程度の臨時費(車検や家電の買い換え、進学費用など)は予算を取っておきましょう。

Ccc3640289ced41e

お金を貯めることに窮屈さを感じたときは、「1,000万円貯めた時のイメージ」や「1,000万円の使いみち」を考えてみると良いですよ。そして、1,000万円が最終ゴールではないことも肝に銘じておきましょう。老後に必要と言われるお金は夫婦で3,000万円~4,000万円。貯金1,000万円も、あくまで通過点であることを忘れてはいけません。

難しく考えず、まずは目標を持って行動することから! 今年こそ、夢の1,000万円に向けてお金を貯めてみませんか。

貯金
ランキング

Crown
全体ランキング

Lead banner article 2039
編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る