一番楽で早い、ゆでたまごの殻のむき方は?よく聞く裏技を全部検証してみた!

作る頻度はそこそこ高いのに毎回気になるのが殻のむきづらさ。薄皮がなかなか剥がれなかったり、白身も一緒にむけてしまったりするとイライラしますよね。殻むきを楽にする方法は、様々なメディアで特集されてきました。しかし、一番楽で効率的な方法は?といわれると、これといって一つに定まらないのではないでしょうか?そこで、巷で紹介されているゆでたまごの殻むき方法を全部試し、最も手間がかからない方法を検証してみました!

151995dacb945f20

目次

そもそも、ゆでたまごがむきづらくなる原因は、白身に薄皮がぴったりとくっついて離れないこと。薄皮がすんなり剥がれれば、殻と一緒につるりとむくことができます。つまり、重要なのは、白身と薄皮の間に隙間を作ること。今回は、「たまご選びや下ごしらえ」、「ゆでかた」、「むきかた」の3つに分けて1つずつ試していきましょう。

ゆでる前も重要!「殻むきしやすいたまご」はどれ?

17a53ba9123dc7f9

まずは、たまごをゆでる前の下処理について検討します。下処理の方法によって、むきやすさに違いはあるのでしょうか?

下処理以外の条件は、

  1. 沸騰したお湯に冷蔵庫から出したばかりのたまごを入れる
  2. 10分ゆでる
  3. 自然に冷ます
  4. テーブルなどの硬いところに打ち付けて全体にヒビを入れ、少しずつむく


という、一般的な方法に統一しました。

殻のむきやすさにはたまごの鮮度も重要なようなので、それぞれの下処理について、古いたまごと新しいたまごの両方でためしてみました。

  • 古いたまごは賞味期限当日のもの
  • 新しいたまごは賞味期限まで1週間あるもの

を使用しています。

たまごは古いほうがいい?

279f9af8bed796dc

古いたまごと新しいたまごを、下処理はせずに、普通にゆでて比べてみました。

殻むきにかかった時間は、

  • 古いたまご:27秒
  • 新しいたまご:53秒


その差は歴然です。
新しいたまごは、薄皮が白身にくっついていて、細かくむいていかなければならず、時間がかかりました。

ヒビを入れるとむきやすくなる?

71d2cf091ad5a891

ゆでる前にスプーンなどで少しヒビを入れておくと、殻がむきやすくなるという方法を試してみました。すると、結果の前に、片方のたまごのゆで上がりに異変が!

1709f901635f16bf

殻のヒビを入れた部分から白身がぽこっと飛び出してしまいました。何回か試してみましたが、なかなか力加減をつかむことができず、どれも散々な見た目です......。

5d0ee1e3bf77bfab

肝心の時間は、

  • 古いたまごは24秒
  • 新しいたまごは30秒


下処理なしのたまごだと、新しいたまごは53秒だったので大幅に短縮できています!見た目さえ気にならなければ、効果ありの方法のようです。

ピンで穴をあけるとむきやすくなる?

25c1b5c66b396550

ピンでたまごの丸いほうの先端に穴をあけてからゆでる方法を試してみました。

穴を開けるには少し力がいります。たまご1つ2つなら問題なさそうですが、たくさんゆでる時はなかなか大変そうです。使用前と使用後にピンを洗わなければいけないのも、少し面倒に感じました。

殻むきにかかった時間は、

  • 古いたまごは33秒
  • 新しいたまごは30秒


古いたまごは、何も下処理せずにゆでた場合よりも時間がかかってしまいました。労力の割には、効果は低そうです。

下処理方法のまとめ

C09e769a52301b6e

ここで結果をまとめます。

E238d1417ec3fcd1

やはり、全体的に新しいたまごよりも古いたまごの方がむきやすかったです。ただ、新しいたまごでもヒビを入れたり穴を開けたりすれば、古いたまごと同じくらいの速さでむくことができました。

1番速さを実感できたのはヒビを入れたたまごですが、なんといっても、見た目に難あり。手間や見た目を考えると、古いたまごをそのままゆでるのが一番良さそうです。

殻むきしやすくなる「ゆで方」はある?

次はゆで方を検証していきます。新しいたまごを、下処理なしで使用しました。

ゆで終わったらすぐに氷水につける。

66797c0af9f02fc3

ゆで終わった後、時間をおかずにすぐに氷水の中につけて急冷する方法です。こちらは既に実践している人も多いかもしれませんね。

9abfd624e790f2ac

新しいたまごを使いましたが、殻むきにかかった時間は22秒。なかなか優秀です。たまごを冷やすので、ゆでた後すぐに殻むきに入れるのもメリットです。

お酢を入れてゆでる

6ccf6c90e581d1dc

たまごをゆでるお湯にお酢を加えるという方法です。

1リットルのお湯に対して、大さじ1のお酢を加えてゆでました。ゆで終わった後は、自然に冷まして殻むきしました。

E8d83ce4b8eeaaea

殻むきにかかった時間は30秒。まずまずの効果がありそうです。たまごをゆでている間はお酢の匂いがしますが、たまごを食べてみると酸味は感じず、味には影響ありませんでした。

少ないお湯でゆでる

D2c84ec593fc1770

おたま1杯分の水で、ゆでたまごを作る方法も試してみました。

  1. おたま1杯(75ml以上)の水を鍋に入れる
  2. たまごを入れて蓋をしっかりと締める
  3. 中火に6分かけて火を止める
  4. そのまま7分置いて取り出す


こちらの手順でゆでてから、自然に冷ましてむいてみました。

F25dc43bb0724c50

殻むきにかかった時間は30秒。効果はありそうですが、途中で時間を見て火を消さなければいけないので、時間の管理が少し面倒に感じました。

ゆで方のまとめ

新しいたまごでも、ゆで方を工夫すれば、下処理なしでもつるんとむけることが分かりました。ゆで終わりすぐに氷水で急冷するのが、手間もかからず効果も高いのでおすすめです!

つるんとむける「むき方」を研究

最後はむき方です。下処理なしの、新しいたまごを使って試してみました。

容器に水ごと入れて振る

Ee2526269d73c391

容器にたまごと水を入れて、シャカシャカ振ってヒビを入れる方法です。ガラス製の容器に、ゆで終わったたまごとたまごが半分つかる位の水を入れて蓋をします。10秒ほど振ってから取り出し、殻をむきます。

8d4b02b721a3753d

殻むきにかかったのは、なんと9秒。容器を振る時間は別にかかりますが、びっくりのスピードです。容器を開けた時点で、たまごから殻が外れかかっていて、少し力を加えるだけでつるんとむけました。

効果は抜群ですが、密閉容器を準備したり、洗ったりすることを考えると、少し手間がかかるかなと思いました。最初はプラスチック製のタッパーで試したのですが、タッパーが柔らかいせいか全くヒビが入らず......。ホーローや、ガラス製の容器を使ってくださいね。また、あまり強く振ると白身のやわらかい部分が割れることも。最初は少し力を加減してみてください。

少し穴を開けて息を吹き込む

Dfe333e227660ac8

たまごの上下を1センチ程度むいて、尖った方から息を吹き込むと、反対側の穴からたまごが飛び出してくるという方法を試してみました。

まず、上下それぞれ少しだけ殻をむくのがまず大変でした。その後、普通に息を吹き込むだけではたまごは出てこず、硬い風船を膨らます時のように思いっきり息を吹き込んだら何とか出てきました。

699913f6326aaadc

ということで、かかった時間は1分34秒......。

殻に直接口をつけなければいけないので、衛生面も少し気になりました。一番個性的なむき方で楽しいですが、あまり実用的ではないかもしれませんね。

上からつぶしてグリグリ転がし、全体にヒビを入れる

166c18feeb1439f3

たまごをコンコン打ちつけるのではなく、手のひらでグシャっとつぶしてから、グリグリ転がしヒビを入れる方法を試してみました。

最初につぶすときに少し力が要ります。真上から体重をかけるようにして、思い切ってつぶすのがポイントです。それなりに力を加えても、たまごは無事でした。

Ed7268fb31af3958

かかった時間は、ヒビを入れる時間も含めて16秒。道具を使わず手軽にできるので、これはアリです!

ゆでたまごを楽に、つるんとむく方法

これまでの検証結果を踏まえて、一番手間がかからず、楽につるんとむける方法を紹介します。

ポイントは2つ。

  1. ゆで終わったら、すぐに氷水につける
  2. たまごをグシャっとつぶしてからグリグリ転がして、ヒビを入れる


まずは、古いたまごで試した結果です。

0f852e68c23f384e

自然に冷ましてから、普通にむいた場合は27秒

Aae158a25fb67746

2つのポイントを守ってむいた場合は16秒

次は、新しいたまごで試した結果です。

41962c060ab89641

自然に冷ましてから、普通にむいた場合は53秒

Ade00fec17b8fcdd

2つのポイントを守ってむいた場合は19秒

古いたまごと新しいたまごのどちらでも、素早くきれいにむくことができました。

まとめ

B5fb317d7ab54bec

検証の結果、特別な道具を使わずに、新しいたまごでも古いたまごでも素早くきれいにむける方法が見つかりました。

  1. ゆで終わったらすぐに氷水につける
  2. 手のひらでグシャっとつぶしてから、グリグリ転がしてヒビを入れる


この2つのポイントを、ぜひ覚えておいてくださいね。

簡単・時短レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る