「片栗粉がない!」代用する方法を解説します!料理によってはコーンスターチや小麦粉でOK【管理栄養士監修】

スープにとろみをつけたり、唐揚げの衣にしたりと料理に欠かせない片栗粉。
買い忘れてしまったときに代用する方法はあるのでしょうか?
実は片栗粉に求める役割に応じて、家にあるアレやソレで代用できるんです!

この記事では片栗粉の役割や代用方法を紹介します。
実際に代用したときの見た目や食感もレポートするので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

片栗粉は代用可能!役割別で考える

再度結論から言うと、片栗粉はほかのもので代用可能です。
役割によって代用するものが変わってくるので、まずはどんな役割で片栗粉を使いたいのかを確認するとよいでしょう。

まずは片栗粉の代表的な役割を3つご紹介します。

①とろみをつける

かきたまスープやあんかけ焼きそば、麻婆豆腐などなど……。
とろっとした料理作りに欠かせないのが片栗粉です。

水溶き片栗粉を作り、料理の仕上げに加えて加熱することでとろみをつけられます。
これはデンプンに水を加えて加熱すると、膨潤(ぼうじゅん=水分を含み、膨れること)して糊のような状態になる性質(=糊化)を利用した調理法です。

②衣にする(食材の表面をコーティングする)

食材の表面に片栗粉をまぶして揚げたり、焼いたり、蒸したり。
片栗粉をまぶして揚げた唐揚げはカリッとした食感がとてもおいしいですよね。

片栗粉は食材にまぶすことで食感がカリッとするだけでなく、水分を保つのに役立ち、食材をしっとりと仕上げる効果もあります。
また、”照り焼き”のように最後に味付けをする料理では、表面にまぶしておくことで食材に味が絡みやすくなります。

③つなぎに使う

肉団子を作るときなどでは、ひき肉やすり身をまとめる役割があります。
食材がバラバラになることを防ぎ、ふっくらと仕上げるのにも役立ちます。

片栗粉がない!そんなときの"役割別"代用方法3選

料理をしている最中に「片栗粉をきらしていたことに気付いた!」なんてことがあっても、慌てなくて大丈夫!
代用できそうなものがないか探してみましょう。

片栗粉を使ったときと状態は少し変わってしまう場合もありますが、おいしく料理を仕上げることができますよ!

役割別の代用方法をご紹介します。

とろみをつけたい時:コーンスターチや葛粉で代用

あんかけやとろみのあるスープなどのように、料理の最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつける場合は、コーンスターチや葛粉を使うのがオススメ。

コーンスターチはとうもろこしのデンプンから作られ、片栗粉とは見た目も似ています。
冷めても粘度が持続しやすく、歯切れの良いとろみで、カスタードクリームやブランマンジェなどに利用されます。

なお、片栗粉と同じようにとろみ付けに利用できるので手軽ですが、少し粘度が低く、白く濁ることも併せて知っておいてくださいね。

また葛粉は葛という植物の根から作られるデンプンで、和菓子作りなどによく使われます。

さらりとした上品なとろみで仕上がりは片栗粉と同様に透明。
一般的には片栗粉より高価で、葛の含有量によって値段もとろみのつき方も変わります。

【試してみた】そぼろあんかけをコーンスターチで代用すると……?

本当にコーンスターチで代用できるのか試してみました。

代用方法はとても簡単。片栗粉と同様に水に溶かし、仕上げに加えてとろみをつけます。
片栗粉を使うときと一緒ですね。

見た目は片栗粉で作ったものより白く濁り、歯切れが良いとろみに仕上がりました。

片栗粉でとろみをつけたもの

コーンスターチでとろみをつけたもの

▼コーンスターチの代用品は3つ!
コーンスターチを代用する際は、カスタードクリームやチーズケーキなど料理によって代用品を使い分けると、失敗なく作ることができます。
レシピ別のおすすめ代用品についてまとめました。

コーンスターチの代用品3つ!レシピ別おすすめ代用品を一覧表で紹介【管理栄養士監修】

お菓子や料理などのレシピに使われるコーンスターチ。 家にない場合、わざわざ買っても余りそうなこともあり、身近なもので代用できないかと思う方もいるでしょう。 コーンスターチを代用する場合は、作りたいレシピによって使い分けることが大切です。 今回の記事では「コーンスターチの代用」について、管理栄養士が解説します。

衣として使いたい時:色々な粉類で代用OK!

唐揚げのように食材の表面にまぶして揚げたり焼いたりする場合は、小麦粉や米粉、コーンスターチなど様々な粉で代用できます。

ただし、仕上がりの状態は少しずつ変わってくるので、好みのものをお選びください。

【試してみた】唐揚げを小麦粉・米粉・コーンスターチで代用すると……?

一見、同じように見える4種の粉。

揚げる前はほとんど見た目は変わりませんが、揚げてみると見た目や食感が少しずつ違う唐揚げが出来上がりました。

左上:片栗粉 右上:小麦粉 左下:コーンスターチ 右下:米粉

片栗粉で揚げた唐揚げは、見た目は少し白っぽく、一番カリカリとした食感になりました。

小麦粉で揚げたものはカラッときつね色に揚がっているものの、片栗粉のようなカリッと感はあまり感じられません。

コーンスターチで揚げたものは、見た目は片栗粉で揚げたものに近いです。
食感はサクサクとしていて軽く、片栗粉の衣のようなカリッとした硬さはありません。

米粉で揚げたものは、片栗粉のような白っぽい仕上がりです。
米粉は粒子が細かく、まぶしたときも薄付きになるので、食感も軽く柔らかな印象です。

つなぎとして使いたい時:小麦粉やパン粉で代用

肉団子やつみれなどを作る場合は小麦粉やパン粉でも代用可能。
片栗粉を使った場合と比べ、小麦粉では締まった食感に、パン粉ではよりふっくらとした食感になる傾向があります。

片栗粉の原料は?【代用品と合わせて知りたい】

片栗粉とは、もともとはユリ科の多年草である「かたくり」の地下茎から作られていたものです。

しかし、かたくりは栽培が難しく、その一方でじゃがいもの栽培が盛んになってきたことから、現在はじゃがいものデンプンを精製して作られた粉が一般的に使用されています。

デンプンが原料ということを知ると、なんとなく代用するイメージもつきますよね。

片栗粉は様々なもので代用可能!慌てず試そう!

今回の記事では、片栗粉がないときに試せる代用アイディアを管理栄養士が解説しました。

「片栗粉がない!」そんなときでも代用できるものは色々あります。
慌てずに、用途によって代用できるものが家にないか探してみてくださいね。

▼意外と知らない?薄力粉と強力粉の違い

強力粉と薄力粉の違いとは?料理への用途と代用方法を解説!

スーパーの小麦粉売り場に行くと、並んで陳列されている強力粉と薄力粉。この料理にはどちらを使うのが最適なのだろう……と迷ってしまったことはありませんか。今回は、強力粉と薄力粉の違いや、代用は可能なのかなどポイントに分けてご紹介します。

▼「ベーキングパウダーが無い!」時の代用レシピ

ベーキングパウダーがない時の代用アイデアを全部検証!一番膨らむのはどれ?

お菓子作りなどでよく使われるベーキングパウダー。生地を膨らませる働きがあり、ふっくらさせたいときに便利ですよね。しかし、使う頻度は少ないため、開封後時間が経ってしまっていたり、購入を忘れてしまったりすることがあるのではないでしょうか?今回は、家に眠ってしまっているベーキングパウダーが使用できるかチェックする方法や、ベーキングパウダーがない場合の代用品についてご紹介します。

▼「料理酒が無い!」時の代用レシピ

料理酒の代用品6つ!本当に使えるか仕上がりを比較してみた!

料理に欠かせない料理酒ですが、うっかり切らしてしまったとき、ほかのもので代用できるのでしょうか?日本酒や焼酎など、ほかのお酒で代用した場合の味の違いも気になりますよね。この記事では、料理酒の代用品の紹介と、代用したときの味や仕上がりの違いについて検証してお伝えします。

▼「コンソメの素が無い!」時の代用レシピ

コンソメの素がない! 和風だしの素やベーコン、野菜で代用する方法

「コンソメの素を使って料理をしようと思っていたのに、家になかった! 」。そんな時、あなたならどうしますか?実は、家にある調味料や食材で代用も可能!他のだし系調味料や家にある食材でコンソメの素を代用する方法を、管理栄養士が解説します。

調理方法・準備
ランキング

全体ランキング