「こんな方法あったんだ!」劇的な料理時短につながる野菜の皮剥きのコツまとめ

調理前の下準備である野菜の皮剥き。必要な作業であることはわかりつつ、面倒だと感じることもありますよね。そんな皮剥き、ちょっとのコツでラクにできるのです!この記事では野菜の皮を剥く目的や、野菜ごとの簡単な剥き方を紹介していきます。

5ec8d22b21926b69

野菜の皮を剥く理由

野菜の皮を剥くのは、口に入れた時の食感を良くするため。野菜は皮の部分に繊維が集まっているため、皮を残したままだと食べた時に口に残ってしまったり、食感が気になったりと食べにくくなります。また飲み込む時ののどごしも悪くなってしまうので、それを防ぐためでもあります。

野菜の皮を簡単に剥く方法 

面倒な皮剥きですが、コツを押さえればラクラク。異なる野菜それぞれの、簡単な皮の剥き方を紹介していきます。

玉ねぎ

玉ねぎ上部の芽の部分を輪切りにカットします。次に、切った部分を逆さまにして、玉ねぎを縦半分に切ります。最後に、根の部分に三角形を作るイメージで根元を切り落せば、ツルッと皮が剥けます。

Fff1bec43baab39b

芽の部分を輪切りにカット

E2ab99f3181ba805

縦半分に切る

81dac4a8a35c6037

根の部分を三角形を作るイメージで切り落とす

C913874e0ae153c1

きれいに剥けました!

ごぼう

きんぴらなどの料理で使われるごぼう。実はごぼうの味や香りは皮付近にあります。それらを損なわないために、ごぼうの皮はアルミホイルを使って薄く剥くのがおすすめです。

アルミホイルをこぶしほどのサイズに丸め、ごぼうの皮を擦っていくと簡単に剥けますよ。この方法なら味や香りを損なわずに簡単に皮を剥くことができます。

16edf714fe7b589d

アルミホイルをこぶしほどのサイズに丸める

7215f2a88613aa66

ごぼうの皮を擦る

じゃがいも

じゃがいもの皮剥きをラクにするコツは、茹でる前のひと手間にあります。包丁をじゃがいもの中央から、刃を最初に入れた所まで一周しながら1mmほどの切り込みを入れます。そのまま茹でて、茹で上がり後は水で30秒ほど冷やします。すると皮と実がくっつかず簡単に剥けます。

Bb974d8a5d031d5f

ぐるりと1mmほどの切り込みを入れる

Ce8eb302072918cd

茹で上がり後は水で30秒ほど冷やす

98735bfded45289a

するりと剥けました!

にんにく

にんにくは形が小さいので実の状態から薄い皮を剥くのは大変ですよね。でも、実は皮付きのまま保存容器に入れて振るだけで皮が剥けていくんです。

全部剥けない場合は、手で残りを剥がせばOK。この方法なら包丁で剥くより、手ににんにくの臭いが付きすぎないので安心です。

Ae6416693c3f4226

保存容器に入れて振るだけ!

しょうが

しょうがの皮剥きはスプーンを使います。スプーンの先の丸い部分で、軽く掘るように削ぐと皮が剥けます。デコボコした形なので、小回りのきくスプーンだと簡単で無駄なく皮が剥けます。

4c7bdbf7253fb810

スプーンを使えばラクラク剥ける

野菜の皮剥きを楽チンに

野菜によって皮の剥き方はさまざまですが、少し切り込みを入れたり包丁以外を使ったりして工夫できます。食べた時の食感に満足できるよう、ぜひ知らなかった方法があれば試してみてくださいね。

調理方法・準備
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る