駄菓子屋気分で味わえる!?無印良品でお菓子の量り売りがスタート!

2020年9月16日(木)から、無印良品の46店舗(2020年9月16日時点)で、28種類のお菓子の量り売りが始まりました。
気になる量り売りのシステムや実際の売り場の様子を、さっそくレポートします!

A72d4770537fb197

目次

    お菓子の量り売りってどんなシステム?

    Abf0530c09226ccc

    「1袋では量が多すぎる」「色々なお菓子を少しずつ食べたい」。こうした消費者の声を受けて、「ひとりひとりにちょうどいい」をコンセプトに始まったのが、無印良品のお菓子の量り売りです。

    8fca8b4d785a4c42

    量り売りの対象となるお菓子は、クッキー、チョコレート、おかき、せんべい、マシュマロ、ラムネなど全28種類(「うずらの卵」のみ10月より)。
    値段は1g=4円で、20g以上から購入可能。自分で好きなお菓子を選んで袋に入れて計量し、値段シールを貼ってレジで精算するシステムです。

    スタート時の対象店舗は、以下の46店舗ですが、今後拡大していく予定もあるのだそう。

    5cadfe9e60ee3b58

    量り売りの購入システムをシミュレーションで紹介!

    無印良品では初となる量り売り。そこで具体的にシミュレーション形式で利用方法を詳しく紹介します!

    1.自由にお菓子を選んでカゴに入れる

    F86eed4c9a23bbde

    量り売りは、専用コーナーが設けられています。売り場にカゴが備え付けてあるので、自由にお菓子を選んでそのカゴに入れていきます。

    2.お菓子を袋に入れて計量する

    Ce6a7212eb460c61

    お菓子を選び終わったら、備え付けの紙袋に入れて計量します。

    3.プリントアウトしたシールを紙袋に貼ってレジへ

    46d47d61b65da636

    計量をすると料金が自動計算されるので、プリントボタンを押し、バーコード付きのシールをプリントアウトし、紙袋に貼ります。

    4.精算レジへ

    5cbaf7abeb34f3fc

    レジに持っていき、バーコードを読み取ってもらい精算すれば完了です!

    89d6648797d42f22

    売り場にも購入方法がわかりやすく掲示されているので、ぜひ参考にしてください。

    500円でどのくらい買える?お気に入りのお菓子は?

    5ee6121fd32841a4

    各お菓子のPOPには、20gで何個買えるかの目安が書かれているので、予算が限られている時には参考になるはずです。ちなみに500円分だと、様々な種類を混ぜておよそ40個程度が目安になります。

    A00b82e17ba5caae

    筆者がいくつか食べて中でも特に懐かしかったのが「りんごジャムサンドクッキー」。また珍しさで選ぶなら「みそとチーズのサブレ」。

    F5fb1178ede320ee

    軽さが魅力(たくさん買える!)のマシュマロ類(右から2列目)。

    B959d1194d7db812

    味見用にみんなで分けて食べるのに便利な「クランベリーヨーグルトチョコ」。

    C69d28e5f24a71bd

    1個ずつ買えば数百円で全種類が購入できるので、1度全部味見してみて、その中からお気に入りを見つけるのも楽しいですよ!

    駄菓子屋気分で楽しめる!

    お菓子は食べるのはもちろん、選ぶ作業も楽しいもの。どのお菓子を、どのくらいの量買おうかと悩む作業は、まるで駄菓子屋さんでの買い物や、小学校の時の遠足のお菓子の買い出しを思い出させてくれます。ぜひ1度、その楽しさを体験してみてください。

    (取材協力:無印良品・銀座店)

    スーパー・コンビニ・専門店
    ランキング

    Crown
    全体ランキング