かぼちゃの重さってどのくらい?丸々1個やカットしたときの重さを調べてみた

レシピでときどき見かける「かぼちゃ〇g」という表記。だいたいどのくらいの分量なのかイメージができると、料理も進めやすくなりますよ。この記事では、かぼちゃ丸々1個の重さをはじめ、さまざまな大きさにカットしたときの重さを実際に量って調べてみました。

目次

【サイズ別】かぼちゃの重さとカロリー

サイズ別に切り分けながら、かぼちゃの重さを量っていきます。またその場合のカロリーも一緒にお伝えします。

丸々1個

標準的なかぼちゃ1個の重さは、1500~1600gほどです。この写真のかぼちゃは、1573gでした。

日本食品標準成分表(※)によると、かぼちゃの廃棄率は10%となっています。これは種とワタを取り除いた場合、10%の重さが引かれるという意味です。廃棄率を用いて計算すると、食べられる分は計算上1416gとなります。この場合のカロリーは1289kcalです。

※参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

半分

半分に切ったかぼちゃの重さは750~800gほどです。写真のかぼちゃは784gでした。

種とワタを取り除くと、657gとなりました。食品成分表の廃棄率10%とは異なり、実際の廃棄率は16.2%でした。この場合のカロリーは、598kcalです。

4分の1個

4分の1個のかぼちゃの重さは375~400gほどです。写真のかぼちゃは391gでした。

種とワタを取り除くと、330gとなりました。この場合のカロリーは、300kcalです。

8分の1個

8分の1個のかぼちゃの重さは、187.5~200gほどです。写真のかぼちゃは194gでした。

種とワタを取り除くと、163gとなりました。この場合のカロリーは、148kcalです。

かぼちゃ100gはどのくらい?

次は、レシピの材料表記でも見かけるかぼちゃ100gがどのくらいの量になるのか、写真付きで解説します。

かぼちゃ100gは約12分の1個分

かぼちゃ100gは約12分の1個分です。4分の1個のかぼちゃを3つに切り分けると約100gのかぼちゃとなります。

煮物サイズにカットした場合

煮物サイズに切ったかぼちゃの重さは、1個あたり30~40g程度です。4cm角程度に切ったものを3つ量ってみると、110gでした。

天ぷら用スライスの場合

天ぷらサイズに切ったかぼちゃの重さは、1切れあたり10~15g程度です。5mm幅程度に切った天ぷらサイズのかぼちゃは、8切れで100gでした。

茹でたり冷凍したりしたら、重さやカロリーは変わる?

かぼちゃを茹でたり冷凍したりした場合、重さやカロリーはどう変化するのでしょうか。

茹でた場合

煮物サイズのかぼちゃ4切れを茹でた後に量ってみると、4gほど増えていました。本来、かぼちゃは茹でることで素材の持つ水分が抜けるため重量は軽くなります。しかし、今回の場合は茹でた後のかぼちゃを確認してみると、かぼちゃのワタの残った部分がしっとりとしており、ワタが水分を吸ったため重くなったものと考えられます。

水分が増えただけなので、茹でたことによるカロリーの変化はありません。

冷凍した場合

かぼちゃを冷凍すると、1gほど重さが減っていました。1%未満のため、ほとんど変わらないと言っていいでしょう。

冷凍することで水分量や体積に若干の変化はありますが、水分や体積はカロリーと関係がないため、カロリーの変化はありません。

かぼちゃの重さを知って料理をスムーズに進めよう

かぼちゃ丸々1個の重さからカットした場合の重さ、茹でたり冷凍したりした際の重さの変化まで紹介しました。かぼちゃの重さがわからないときは、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

調理方法・準備
ランキング

おすすめ記事

全体ランキング