さつまいもは冷凍保存できる?生・焼き・茹でなど状態別の保存方法を解説

さつまいもは冷凍しなくても長期保存できるイメージがあるかもしれませんが、場合によっては冷凍した方が長持ちしたり、その後の調理がしやすくなったりします。この記事では、生・焼き・茹で・マッシュといったさつまいもの状態に合わせた冷凍保存の仕方を解説します。

25d0dd1a3bb795dd

さつまいもは冷凍保存できる?

さつまいもは、常温でも長期保存が可能な野菜のひとつです。しかし、適切な温度管理や湿度管理を行わなければ傷んでしまいます。そのため、温度や湿度を気にせずに長期間保存したり、調理時間を短縮したりするなら冷凍保存をするのがおすすめです。ただし、解凍後の調理方法によっては色や食感に影響してしまうため、用途に合わせて保存の仕方を変えると良いでしょう。

冷凍保存の仕方

それではさっそく、さつまいもの冷凍保存のやり方を紹介します。今回は生・焼き・茹で・マッシュの4パターンを想定しました。

生のまま冷凍する

C140d09172408402

生のまま保存する方法は、一番簡単な方法です。解凍後は加熱の必要があること、また、変色しにくいことから、煮物やお味噌汁、さつまいもご飯などに使うのが良いでしょう。

さつまいもを使いやすい大きさや形にカットし、水に10~15分さらしてアク抜きをします。水気をよく拭き取ってから一つずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

保存期間

2~3週間程度

解凍方法/おすすめの料理

さつまいもの変色を防ぐため、使う時は解凍せずに凍ったまま調理します。冷凍時の切り方によって活用しやすい料理は変わってきますが、輪切りなら煮物、いちょう切りならお味噌汁に入れたり、ご飯と一緒に炊いてさつまいもご飯にしたりするとよいでしょう。スティック状に切った場合は、凍ったまま鍋で揚げて、大学芋や芋けんぴにすると美味しく食べることができます。

焼いてから冷凍する

7a4005e91b0efb1e

解凍後、そのまま食べたい場合は焼いてから冷凍保存しましょう。

まずはさつまいもを使いやすい形にカットしてから、10~15分ほど水にさらしてアクをとります。水気をしっかり拭き取ってから、フライパンで焼き色がつくまで焼きます。

08c7b34aacf5aa72

粗熱をとってから、1つずつラップに包んで冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

B6521712bb066d3f

保存期間

2~3週間程度

解凍方法/おすすめの料理

解凍するときは、電子レンジで解凍します。目安は600Wのレンジで1~2分ですが、切り方により異なるので、中まで加熱されているか確認しながら調整しましょう。解凍後はそのまま食べてもおいしいですし、バニラアイスをのせてデザートにするのもおすすめです。

茹でてから冷凍する

D6b1af6feb633a18

ささっと作れる炒め物などの材料に使いたい場合は、茹でてから冷凍しましょう。

茹でてから冷凍する場合は、あらかじめ皮を洗って使いやすい形に切ってから、10~15分ほど水にさらしてアク抜きをします。解凍後の調理のしやすさを考えると、輪切りやいちょう切りがおすすめです。

その後、お湯で10分ほど茹でてやわらかくなったら、水気を拭き取り、1つずつラップに包んで冷凍用保存袋で保存します。茹でるかわりに電子レンジで加熱してもいいのですが、ぱさつきやすくなります。食感を重視するなら茹でる方法がおすすめです。

保存期間

2~3週間程度

解凍方法/おすすめの料理

冷蔵庫に移して解凍するのがおすすめです。電子レンジで解凍することもできますが、茹でたさつまいもは水分が抜けやすくなっているため、食感がパサつきやすくなります。すでに火が通っているので、解凍後は炒め物に使用するとおいしく食べられますよ。

マッシュにして冷凍する

スープや離乳食などの材料にするなら、解凍後にすぐ使えるマッシュ状態にして冷凍しておくと便利です。

6e4b01d777062f02

マッシュにしてから保存する場合は、ゆでてから保存する場合と同様の手順で加熱をします。熱いうちにフォークやマッシャーでつぶし、マッシュにします。

1c26493e1927db7d

粗熱がとれたら冷凍用保存袋に入れて、なるべく平らにして保存しましょう。しっかり空気を抜くのがポイントです。

保存期間

2~3週間程度

解凍方法/おすすめの料理

冷蔵庫に移して解凍しましょう。お菓子作りのペーストとして使用したり、離乳食やスープに使用するのがおすすめです。使う時に下ごしらえの作業が省けるので、時短になります。

さつまいも料理の冷凍保存の仕方

最後に、さつまいもを使った料理が余ってしまった場合の冷凍保存方法を紹介します。

ご飯(さつまいもご飯 など)

A51518fed54fa2e0

さつまいもを使ったご飯を冷凍する場合は、通常のご飯を冷凍するときと同じように、温かいうちに保存しましょう。ラップで包む場合は厚さが均一になるように、平らにして保存します。さつまいものサイズが大きいのであれば、解凍する際にムラができてしまうため少し潰しておいた方がいいです。

ラップに包んだら冷凍用保存袋に入れ、粗熱がとれてから冷凍庫に入れます。解凍する場合は、電子レンジで600Wで3分前後(目安時間)加熱してください。

39e847ed7c8b872b

【完全版】ごはんの冷凍保存、炊き立ての状態を再現するためのコツとは?

炊きたてのご飯は美味しいですが、羽釜を洗ったりセットして待つのは面倒。少し多めに炊いて冷凍保存する方も多いのではないでしょうか?でも、どのくらいの量を保存すればいいのか、上手な解凍はどうすればいいのかについてはあまり情報がありません。今回は炊きたてごはんを再現すべく上手な冷凍保存・解凍方法を管理栄養士に解説していただきます!

揚げ物(さつまいもコロッケ、さつまいもフライ など)

揚げ物を冷凍する場合は、できれば揚げる前の状態で冷凍するのがおすすめです。揚げ物は揚げたてが一番おいしいですし、特にコロッケなどの場合は揚げた後に冷凍してしまうと、解凍後のパン粉の食感が悪くなってしまいます。

揚げる前の状態であれば、衣がついているものはアルミトレーなどに重ならないように並べて冷凍庫に入れ、固まったら1個ずつラップに包んで冷凍用保存袋に入れて保存してください。揚げた後に冷凍する場合は、しっかり冷ましてからラップに包み、空気に触れないように冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

解凍する場合は、揚げる前の場合は冷凍状態のまま揚げましょう。揚げた後のものであれば、電子レンジかオーブントースターで解凍します。

煮物(さつまいもの甘煮 など)

煮物は汁気を切ってから、冷凍用の保存容器か保存袋に入れて保存してください。解凍する場合は、冷蔵庫で自然解凍してから電子レンジで温めるのがおすすめです(煮物8個分の目安時間:600Wで5分)。

スイーツ(スイートポテト など)

5152273a45932c8c

スイートポテトをはじめ、食材がさつまいものみで作られているスイーツの場合は冷凍保存が可能です。焼いた後にそのままラップに包み、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。食べる時は冷蔵庫で半解凍にするか、電子レンジで温めて食べましょう(目安時間:600W5分)。少し表面をカリっとさせたいときは、トースターやオーブンを使うのもおすすめです。

スープ(さつまいもポタージュ など)

ポタージュの場合、牛乳などで伸ばす前段階の状態のものであれば、冷凍保存できます。冷凍用保存袋に平らにして入れるか、保存容器に入れて保存しましょう。使う時は、冷蔵庫で解凍するか自然解凍してから、牛乳や豆乳、生クリームなどを入れながら加熱してください。

冷凍保存を賢く活用しれば、家事時間の短縮に!

作りたい料理に合わせて冷凍保存することができれば、さつまいもを無駄にすることなくおいしく食べることができます。使い切るのが難しいイメージのあるさつまいもですが、冷凍保存を活用すれば調理時間の短縮にも繋がるので便利ですよ。秋が旬のさつまいも、いろんな料理で楽しんでみてくださいね。

調理方法・準備
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る