さつまいもの旬はいつ?おいしいさつまいもの見分け方と、焼き芋の作り方

さつまいもの旬といえば秋のイメージが強いかと思いますが、最もおいしく食べられる季節はいつかご存じですか?この記事では、さつまいもの旬をはじめ、スーパーで選ぶときのポイントについて解説します。自宅でできるおいしい焼き芋の作り方も紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

85270636729bff44

目次

さつまいもの旬は秋~冬

Bc49a4f0a28fb362

さつまいもの旬は秋のイメージがありますが、最もおいしく食べられるのは秋~冬にかけてです。

さつまいもは収穫後、2~3か月ほど貯蔵することで水分が抜け、甘くおいしいさつまいもに変化します。収穫されるのは8~11月頃ですが、おいしく食べられるのはその2~3か月後の10~1月頃というわけです。スーパーで手ごろな価格で手に入るのもこの時期です。

おいしいさつまいもの選び方

おいしいさつまいもにはどんな特徴があるのでしょうか。選ぶときのポイントを解説します。

さつまいもを選ぶときのポイント

スーパーでさつまいもを選ぶときは、以下のことに気をつけてみてください。

皮の色味・表面がきれいなもの

1e1e8a4423e2a583

さつまいもの皮の色味が均一で鮮やかなもの、また表面にハリとツヤがあるきれいなものを選びましょう。

さつまいもは、皮の色がよいものが健康に育っている証拠といわれています。

また、乾燥が進みすぎていると表面がシワシワになってしまうため、ハリとツヤのあるものがいいでしょう。傷や黒ずみがあるものは傷みやすいため、表面がきれいなものを選んでください。

太くて重量感があり、ひげ根が少ないもの

80447bbd59957480

さつまいもは太くて重量感があり、でこぼこやひげ根が少ないものを選びましょう。細いものやひげ根が多いものは、繊維が多く筋っぽいさつまいもであることが多いです。

紡錘形(ぼうすいけい)といわれる、真ん中がふっくらと太っている形で、持ったときにずっしりと重みを感じるものは、栄養分をたくわえたおいしいさつまいもです。しっかり太っており、でこぼこやひげ根が少ないものを選びましょう。

さつまいもは品種によって食感や味が違う

さつまいもは品種によって味わいにも特徴があります。しっとり系、ほくほく系、ねっとり系の3つに分けて種類を解説します(※1)。

ほくほく系

0901f95905edc27f

ほくほく系の紅あずまです

ほくほくとした食感と、上品な甘さが特徴のさつまいもです。あっさりと食べられ、食用としてはもっとも作付けシェアが高い紅あずまをはじめ(※2)、さつまいもといえばほくほく系をイメージする方も多いでしょう。

焼き芋にして食べたり、天ぷら、煮物、サラダなどの料理にしたり、その食感を楽しみながら食べるのがおすすめです。

該当する品種:紅あずま、紅さつま、紅こまち、紅赤……など

しっとり系

F068a4b0ef63b722

しっとり系のなると金時です

しっとり系は、ほくほく系とねっとり系の中間のしっとりとした食感です。品種にもよりますが、甘さに関しても中間の甘さのものが多いです。しっとりしているものの甘すぎず、比較的さっぱりといただけるでしょう。

焼き芋や天ぷら、煮物だけでなく、スイートポテトなどのスイーツ作りにも向いています。

該当する品種:高系14号(なると金時など)、クイックスイート、シルクスイート……など

ねっとり系

Afc8d1a98e75055e

ねっとり系の紅はるかです

ねっとり系は、ほくほく系やしっとり系に比べると、粘質で糖度が高いのが特徴です。貯蔵や加熱により甘みが増しやすく、ねっとりとした濃厚な甘さです。

料理にももちろん使えますが、蒸し芋、干し芋、スイーツ作りなど、甘さを活かした食べ方がいいでしょう。

該当する品種:紅はるか、安納芋、べにまさり、ひめあやか……など

※1 参考:一般財団法人いも類振興会『焼きいも事典』
※2 出典:農林水産省Webサイト「サツマイモの品種はどれくらいあるのですか。」

おいしい焼き芋の作り方

3b7d78b5eb6ef629

さつまいものおいしさをシンプルに味わいたいなら、焼き芋が一番です。自宅で簡単にできる焼き芋の作り方を解説します。

1. さつまいもは皮付きのままよく洗う。オーブンの天板にそのままさつまいもを並べる。

B5fd5862dd165959

天板が汚れないようにアルミホイルを敷きました

2. オーブンに入れ、予熱なしで160度に設定し、90分ほど焼く。

8c777b96e4ccef59

竹串がスッと通れば完成です。低温でじっくり焼くことで、さつまいもの甘さを引き出すことができます。

04120b6072571b0e

おいしく焼くポイント

さつまいもをアルミホイルで巻いて焼く方法もありますが、巻かないで焼く方が適度に水分が抜け、濃厚な味わいになります。低温で焼くため焦げる心配はありません。

旬のさつまいもをおいしく楽しもう

品種によって味わいが異なるため、食べ比べをしても楽しめそうですね。旬のさつまいもは栄養もたっぷり。おいしいさつまいもを旬の時季にたくさん楽しんでくださいね。

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る