さば缶と作る至高のおつまみ!カルディ「3種のパテの素」はパーティーの救世主だった!

カルディコーヒーファーム(以下:カルディ)で人気の「さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素」。簡単に本格的なパテが作れて、おつまみにぴったりなんだとか。クリスマスなどのホームパーティーにも使えそうですよね。今回は3種のパテの素の試食レビューをお届けします。

55b377cc1802c076

目次

3種のパテの素で至高のおつまみが完成?!

カルディの「さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素」はその名の通り、さば缶に混ぜるだけで簡単においしいパテが作れるというもの。

出来上がったパテをバケットやクラッカーに載せると、あっという間においしいおつまみが完成。おうち飲みはもちろん、パーティーメニューの前菜としても活躍してくれそうです。

今年はおうちでクリスマスや年末年始を過ごす方も多いはず。ホームパーティーを盛り上げてくれる1品にもなってくれそうです。

カルディの「さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素」とは?

F1f79ec0732746e1

カルディの「さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素」は、「ガーリックソルト」「山椒」「レモンハーブ」の3つの味が入っています。

46c530cbd163eb46

裏面の作り方を見てみると、液切りしたさば水煮缶(1缶)に対し、パテの素を1袋混ぜ込むだけでOKとのこと。とてもシンプルな作り方ですね。中には小袋が3種類入っていました。

7d791807a0ee2eb8

では早速パテ作りに取り掛かってみます。

3種のパテの素でパテを作ってみた

さばの水煮缶は、カルディで人気のものを一緒に購入してみました。これを使ってパテを作ります。

744295342a2bb0c1

さば缶の汁気をしっかりと切り、実をフォークでつぶします。筆者は中骨が苦手なので、つぶす前に箸で取り除きました。気にならない方はそのままつぶしてくださいね。

6d6f1c76e6f87afc

さば缶のつぶし具合はお好みでよさそうですが、今回はクラッカーに載せるので、しっかりとつぶしてみました。

そこにパテの素を混ぜ込みます。パテの素はパウダータイプになっていました。

B4d3feb4b4488f43

混ぜている間、スパイシーないい香りが漂います。クラッカーに載せて、にんにくチップ、乾燥パセリ、レモンをそれぞれに飾ってみました。

332077584321ce35

上に飾りを載せるだけで、パーティーメニュー感が出てきますね。

3種のパテの素で作ったパテのお味は……?!

E5a06b266629d60d

では1種類ずつ、順にいただいてみます!

・ガーリックソルト…にんにくがしっかりと効いています。唐辛子やコリアンダーのスパイシーさと、バジル、オレガノなどのハーブの香りがさばとよくマッチ。筆者の一番のお気に入りの味でした。

・山椒…さばと山椒って合うんだろうか?と思っていましたが、相性は意外にもバツグン!食べると山椒の香りが鼻から抜けます。和風な味わいかと思いきや、にんにくも効いているのでクラッカーとよく合います。

・レモンハーブ…レモンのさわやかな酸味に、レモングラス、ローレル、タイム、カフィアライム、ローズマリーの香りが加わり、エスニックな味わいに。でもクセが強すぎるという感じもなく、さっぱりと食べられます。

どれも本当においしくて、この商品が人気な理由がわかりました!
ただし、小さなお子さんにはスパイシーすぎて食べられないかもしれません……。大人用のおつまみとして楽しんでくださいね。

「さばサンド」「ツナ缶」でアレンジも楽しもう!

パテが余ったら、レタスなどの生野菜と一緒にパンにはさんで「さばサンド」にするのがおすすめ。朝食や軽食にぴったりですよ。

ほかにもツナ缶で試してみたのですが、ツナ缶にもよく合いました!さば缶に比べるとツナ缶は臭みがないので、その分さらにスパイシーさを感じられます。ただし、ツナ缶は内容量が少ないので、パテの素を全部入れると塩辛くなってしまいます。量を減らして混ぜ込んでくださいね。

パテを作るのは何だか難しそうなイメージがありますが「3種のパテの素」を使えばあっという間に作れてしまいます。ぜひお酒のお供に、またはパーティーメニューとして使ってみてくださいね。

<商品情報>
商品名:さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素
内容量:19g
価格:198円(税込み)

※商品の価格は購入時のレシートを参考にしています。
※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また、商品は価格変更や販売終了などになることがありますのでご了承ください。

カルディ
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る