洋服に付いた食べ物のシミ…ついやりがちな"飲食店のおしぼりでゴシゴシ"はNGって知ってた?

外出先でワインやコーヒーを楽しんでいるとき、うっかりとシミを作ってしまった経験はありませんか。こんな時、早めの処置がシミをきれいに落とす"カギ"となります。今回は、衣類に付いてしまったワインのシミケア方法について、ライオン株式会社のお洗濯マイスター大貫和泉さんに話を聞きました。

Ca4fcb7b1733baef

目次

ワイン、コーヒーのシミは「水溶性」

シミには、水と洗剤で落ちやすい「水溶性」と、ベンジンやアルコールなどで落ちやすい「油溶性」の2種類があります。「ワインは水溶性のシミなので、水や洗剤で落ちやすいんですよ」と大貫さん。飲み物などのシミは水溶性に当たるので、コーヒーやジュースはもちろんのこと、しょうゆや焼き肉のタレ、血液も水溶性のシミとなります。

F46767598eab81e5

ワインやコーヒー、血液は水溶性のシミ

シミがついてしまったらすぐに応急処置

時間が経ってしまうと、シミは落ちにくくなってしまいます。気が付いたらなるべく早めに、濡れたハンカチやティッシュでシミの部分をつまんで、シミ汚れを移し取ってください。移し取った後は乾いたティッシュなどで押さえて水分を取り除き、自然乾燥を。

「ゴシゴシ」こするのはNG!

ここで注意したいのが、衣類についたシミを落とそうと「ゴシゴシ」とこすってしまうこと。逆にシミが広がってしまい、かえって落ちにくくなってしまいます。また、飲食店でシミ抜きに「おしぼり」を使う行為も、実はNG。大貫さんは「おしぼりは塩素系漂白剤で処理されている場合があるので、衣類が色落ちしてしまうリスクがあります」と指摘します。

0be8012934b893b6

「ゴシゴシ」とこすってしまうと、かえってシミが広がってしまう可能性も

帰宅後は早めに洗濯

帰宅したらなるべく早めに洗濯を。衣類の裏側に付いている洗濯表示を確認し、家庭で洗えるか、酸素系漂白剤が使用できるかをチェックしてください。家庭で洗濯できる場合、水溶性のシミには液体酸素系漂白剤の原液を直接、衣類に塗って染み込ませてから普段通りに洗濯しましょう。放置せず、すぐに洗濯することがポイントです。

どうしよう、うっかり放置......

忙しくて、うっかりとシミ汚れを放置してしまった場合も大丈夫。そんな時は「液体酸素系漂白剤」が助けてくれますよ。おすすめは衣料用液体酸素系漂白剤「ブライトSTRONG」。液体酸素系漂白剤を直接塗布して洗濯することで、時間が経ったシミ汚れも落ちやすくなります。

4b8107b4208a3879

衣料用液体酸素系漂白剤「ブライトSTRONG」

シミの種類に応じた応急処置と適切な洗濯で、衣類を守る可能性が広がります。シミ抜きをしても落ちなかった場合、クリーニング専門店を活用するのも手段のひとつ。焦らず対応して、お気に入りの服を長く着たいものですね。

そうじ・せんたく
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る