【驚きの代用ワザ】ナンプラー買わずにエスニック料理が作りたい!を叶える”しょうゆ×アレ”

タイ料理でおなじみのナンプラー。たまには嗜好を変えてタイ料理にチャレンジしてみようと思ったけど、タイの調味料を買うほどは頻繁に作るわけじゃないし。そんなときは家にある調味料で代用しちゃいましょう!

662d31a3af7291fb

最近ちょいちょい、レシピの中に「ナンプラー」の言葉が登場しませんか?おいしいかもしれないけど、家族みんなが好きかわからない。1瓶買うには勇気がいる…

そんなときは代用レシピで乗り切るのもワザです。さっそくナンプラーの代用案を紹介します。

もう一度おさらい。ナンプラーっていったいどんな調味料?

91e0271205483c35

ナンプラーとは魚を発酵させて作るしょうゆのこと。日本にも古くから北陸地方の「いしる」や秋田の「しょっつる」など魚を使って作るしょうゆ=魚醤がありますよね。ナンプラーもいわゆる魚醤の一種で、生の魚を塩で漬け込んで発酵させる液体をさします。魚のうまみ成分が凝縮されて、香りや深いコクを与えてくれる調味料です。

ナンプラーはタイでよく使われている調味料。似たものにベトナムの「ヌクマム」がありますが、ナンプラーよりも濃い褐色で香りも強いのが特長。どちらも日本におけるしょうゆのような日常的な調味料で、エスニック料理には欠かせないアイテムです。

30cfc3e422a61576

ナンプラーをしょうゆとアレで作ってみた!

ナンプラーの作り方は生の魚を使って発酵させるようですが、日本の魚醤を色々調べてみると干した魚や塩漬けの魚などを使っているとのこと。ならば家にあるアレを使うしかないと思いついたのが「アンチョビ」!

アンチョビはイワシの塩漬けをオリーブオイルに浸したもの。これで魚のうまみと風味と香りを出していきます。

944caa66983ff289

材料(作りやすい分量)と作り方

  • しょうゆ…大さじ2
  • アンチョビ…1本
A07ae9c4f44e96df

1.細かく刻んだアンチョビとしょうゆをまぜれば完成。

9fc1a6b9a8aadbfd

本物のナンプラーは色が薄いので、濃口醤油では色に違いがありますが、ほんのり魚のにおいのするしょうゆになりました。

できあがった代用ナンプラーを春雨スープに少し入れてみましたが言われてみれば魚のにおいがするかなーといった仕上がり。時間があればアンチョビにしょうゆを注ぎしばらくおいておくと、もっと香りがしっかり移るかもしれませんね。

ナンプラーを買う勇気がないけれどエスニック気分を楽しみたいとき、ぜひ一度お試しください。


調理方法・準備
ランキング

Crown
全体ランキング