【1月26日更新】緊急事態宣言でスーパー・ドラッグストアの営業時間に変更はある?

2021年1月7日(木)に、1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)を対象にした緊急事態宣言が発出されました。飲食店は20時以降の営業自粛、一般の生活者についても20時以降の外出自粛の要請が出されていますが、わたしたちが普段利用しているスーパーマーケットやドラッグストアの営業時間に変更はあるのでしょうか。現時点でわかっている情報をまとめます。

※1月13日(水)、緊急事態宣言の対象地域が7つの府県(大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木)にも拡大されたため、該当地域の情報を追加しました。
※掲載情報は2021年1月26日21:00時点の情報です。店舗によっては情報が更新されている可能性があります。

85a2e9f821d08b75

目次

1月26日現在、営業時間を短縮するスーパー・ドラッグストアは少ない

対象地域に店舗を構えるスーパーマーケットおよびドラッグストアの公式サイトを確認したところ、一部のチェーン店で営業時間を30分~1時間ほど短縮する店舗があったものの、多くの店舗が通常通りの営業を続けることがわかりました。

食品スーパーの中ではライフが首都圏店舗の、サミットが全店舗のチラシを一時的に自粛することを発表していますが、営業時間に変更はありません。

一方で、百貨店はほぼ全ての店舗で営業時間の短縮が発表されています(詳細は後述)。

開店・閉店時間前後に買い物をする習慣のある人は、よく利用する店舗の営業時間をチェックしておいた方が安心ですが、今回の緊急事態宣言を受けて食料品や日用品の買い物行動に大きな影響が出る可能性は低いでしょう。

営業時間変更のアナウンスを行っていないチェーン店一覧

トクバイニュースで確認できた、今回の緊急事態宣言後に営業時間変更のアナウンスを実施していないチェーン店は以下の通りです(1月26日時点)。

全国区

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木)

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

中部(愛知、岐阜)

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

  • なし

近畿(京都、大阪、兵庫)

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

  • なし

九州(福岡)

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

  • なし

短縮営業を実施するチェーン店一覧

トクバイニュースで確認できた、営業時間を変更するチェーン店は以下の通りです(以前より継続的に時短営業を実施している店舗は除く)。

全国区

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

【百貨店】

関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木)

【スーパーマーケット】


【ドラッグストア】

中部(愛知、岐阜)

【スーパーマーケット】

なし

【ドラッグストア】

近畿(京都、大阪、兵庫)

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

九州(福岡)

【スーパーマーケット】

【ドラッグストア】

物資の供給が滞る心配はなし。密を避け、計画的に買い物をしよう

51dfeec0c4ce9dbf

ここまで、現時点でわかっているチェーン店の営業時間情報についてお伝えしました。

各店の発表を見てもわかるように、百貨店など一部の店舗で短縮営業を実施するものの、多くのスーパーマーケット・ドラッグストアが通常通りに営業を継続しています。

つまり、日用品の買い物はこれまで通りに行えるということです。物資の供給が滞る心配もありませんので、マスク着用・入店前の消毒を徹底した上で、必要に応じた買い物を行うようにしましょう。

感染予防のための「3密回避」には、次のポイントに気を付けて行動をとることが大切です。

1. 混んでいる時間帯はできるだけ避ける
2. 年金受給日やポイント倍デーなど、人が多そうな日を避けていく
3. 他の人と距離をとって買いまわる
4. 必要最小限の人数で入店する
5. 買いたいものを事前にリスト化しておく
6. 買う順番も考えておく

詳しくは以下の記事でも解説していますので、買い物の際に参考にしてください。

5a9ab092fce7dd6c

買い物は3日に1回に!「3密」を回避するために、スーパーの買い物で心がけたい6つのこと

新型コロナウイルス感染予防のため、買い物回数の削減や3密を避けた行動が呼びかけられています。買い物の回数の目安は3回に1回。3密とは「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」のこと。食料品や生活必需品の買い物は「不要不急でない」と考えられ、スーパーへ必要なものを買いに行く分には問題ありませんが、感染を防ぐためにも、3密回避の行動をとっていきたいところです。私たちがスーパーへ買い物に行くにあたり、心がけたいポイントを紹介します。

「トクバイ」の「混雑ランプ」で店舗の混雑状況が確認できます

Ecb40f40d1093aaf

チラシ情報サービス「トクバイ」のアプリおよびWebサイトでは、掲載店舗の混雑状況を「混雑ランプ」でお知らせしています。お店の混み具合を「空き」「やや混み」「混み」の3段階で確認できますので、お出かけの前にチェックしてみてください。

>>トクバイアプリ(Android)ダウンロードはこちらから
>>トクバイアプリ(iOS)ダウンロードはこちらから

また、全国スーパーマーケット協会が昨年5月に実施した調査(※)によると、新型コロナウイルス流行後は朝(8時~10時台)や昼(11時~14時台)に来店する消費者が増え、夕方(15時~18時台)も引き続き来店者が多いことがわかっています。なるべく人が多い時間帯は避けて来店し、短時間で買い物を終えられるように工夫しましょう。

※参照:全国スーパーマーケット協会『「新型コロナウイルス感染拡大の買物行動への影響」消費者調査を実施』

【関連記事】

Dac005d975f5aca4

「緊急事態宣言」再発令!私たちの生活はどう変わる?【政府発表資料まとめ】

2021年1月7日、新型コロナウイルスの流行を受けて一都三県で緊急事態宣言が出されることが決定しました。また、1月14化よりさらに関西、東海、そして福岡が追加で対象となりました。政府が発表している資料をもとに、私たちの生活どうどのように制限されるのか、分かっている情報をまとめました。

スーパー・コンビニ・専門店
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る