【管理栄養士が解説】中身が黒い大根は食べても大丈夫?黒くなる原因と対処方法

大根を切ってみたら中身が黒くなっていた……といった経験はありませんか?この記事では、大根が黒くなる原因と食べられるかどうかの見極めポイント、黒くなってしまったときの対処方法を解説します。

目次

大根を切ったら黒い!これって食べられる?

大根を切って中が黒かった場合、黒カビでなければ食べることはできます。黒カビが生えた大根は、食べると身体に健康被害を及ぼす可能性があるので捨てなければなりません。

大根に生える黒カビの特徴

それでは、黒カビかどうかを見極めるには、どういったポイントをチェックしたらいいのでしょうか。

黒カビが発生している大根には、以下の特徴があります。いずれかに当てはまる場合は食べずに捨てるようにしましょう。

  • もともと白かったのに、時間が経つと変色していた
  • 黒い点がひとつの場所にかたまって不規則に発生している
  • 異臭・ドロッとした汁・茶色く変色するなどの症状がある

このような場合は黒カビが発生している、または腐敗している可能性が高いでしょう。
▼大根に生えるカビの種類や原因については、こちらの記事にまとめています。

【管理栄養士が解説!】大根はカビが生えても食べられる?カビの種類と見分け方

寒くなり、甘みが増した大根が出回る冬の季節。大根は価格が安い上に、様々な料理に活用できる便利な食材なので、ストックしている家庭も多いと思います。しかし、大根をいざ料理に使おうという時に、皮や断面にカビのような黒い点ができていてびっくり…なんて経験はありませんか?この記事では大根のカビの種類や見分け方をはじめ、カビが生えた際の対処方法について、管理栄養士がわかりやすく解説します。

カビ以外で大根が黒くなる3つの原因

黒カビが発生していないのに黒くなっている場合、大根自体の病気や生理障害の可能性が高いです。栽培時の状態や保存状況によって起こるもので、食べたとしても健康面に害はありません。ただし、味や食感も落ちてしまっていることに注意しましょう。

主に考えられる3つの症状と、その原因についてご紹介します。

水晶現象

栽培時の水分量や温度変化によって起こる生理障害です。症状としては、大根の切断面の中心部分が透明に透けている、また薄紫色に変色します。この場合、大根の風味が落ちてしまうので生食には向きませんが、煮物などであれば味の変化が気になりにくくなります。

青あざ病

栽培中の温度・湿度の過度な上昇や、ホウ素の欠乏が原因として挙げられる生理障害です。症状としては大根の中心部が黒色に変色し、組織が硬くなってしまいます。食べられますが食感は硬く、苦みを感じる場合もあります。

ダイコンバーティシリウム黒点病

栽培時の土壌菌による、大根の病気です。症状としては大根の筋の部分が黒く変色してしまいます。食べても問題はありませんが、味が落ちており、見た目もよくありません。

▼これも傷んでる?触ると“柔らかい”大根
大根が柔らかくなる原因は、大根に含まれていた「水分の蒸発」です。水分が抜けてしまっただけであれば、食べても身体に悪い影響を与えることはありません。柔らかい大根のうち、食べることができるものと腐敗したものの見分け方を解説します。 

柔らかくなってしまった大根は食べられる?傷んだ大根との見分け方

スーパーで買った大根が、いざ使おうと思ったらしなしなで柔らかくなっていた…なんて経験はありませんか?しなびた大根はそもそも食べることができるのか、活用できる方法はあるのか気になりますよね。この記事では柔らかい大根のうち、食べることができるものと腐敗したものの見分け方を解説します。

黒い大根かどうかを見分けることはできる?

このような生理障害や大根の病気は、外側から判断することはできません。出荷の際に何本かカットして点検していても、点検していない大根に症状が見られる可能性があるので、大根を丸ごと買う場合は見分けることが難しいのです。

どうしても黒い大根に当たりたくない場合、カット済みで断面が変色していない大根を購入しましょう。

▼旬はいつ?新鮮&おいしい大根を選ぶコツ
長く大根を楽しむために、まずは新鮮な大根を見極められるようになりましょう。スーパーの野菜売り場で選ぶコツを伝授します。

大根の旬はいつ?旬の大根の特徴とおいしい大根の選び方

大根は1年中スーパーで買うことができますが、一番おいしく食べられる季節はいつなのでしょうか?また、旬の大根とそうでない大根の味や食感に違いはあるのでしょうか。この記事では大根の旬がいつなのかを解説し、おいしい大根の選び方と、旬の大根を使ったおすすめレシピをご紹介します。

もともと黒い種類の大根もある!

実は、大根の中には黒大根と呼ばれる、皮の部分が黒く中身が白いユニークな種類も存在します。こちらの品種は日本では馴染みが薄いですが、ヨーロッパではポピュラーな野菜です。辛味は強いですが、その色味を生かして、薄くスライスしたものをサラダのアクセントとして用いると華やかになります。また、バターなどでさっと炒めてもおいしくいただけます。

黒くなった大根を料理に使うなら、煮物や味付けの濃い炒め物がおすすめ

味や食感が落ちてしまった黒い大根でも、生食を避けて火をじっくり通す煮物や炒め物に使えば比較的おいしく食べることができます。どうしても硬さが気になる場合は、その部分を取り除いて使ってみてくださいね。

いくつかおすすめのレシピをご紹介します。

味噌ブリ大根

下処理した大根をじっくり煮込むことで硬さがやわらぎます。生姜も効いていて、寒い季節にぴったりの一品です。

味噌ブリ大根

ブリ切り身、大根、○しょうがチューブ、○酒、○砂糖、○しょうゆ、味噌、みりん

調理時間:30分

鶏肉と大根のバター醤油炒め

薄めのいちょう切りにした大根をしっかり炒めて、しょうゆなどの調味料でしっかり味と色をつけることで、硬さや見た目の悪さが気になりにくくなります。バターと醤油の風味もよく、ご飯がすすむ一品です。

鶏肉と大根のバター醤油炒め

鶏もも肉、大根、小ねぎ(あれば)、塩・こしょう、○しょうゆ、○みりん、○にんにくチューブ、○バター、サラダ油

調理時間:15分

大根が黒くなっていたら、食べられるかどうかを正しく見極めて!

黒くなった大根は、カビではなく生理障害や病気によるものであれば食べることができます。ただし味や食感は落ちているので、大根本来のシャキシャキとした食感や風味は楽しめません。工夫次第では比較的おいしく食べることもできますので、この記事で紹介したレシピなどを試してみてくださいね。

▼大根が長持ちする保存方法・大量消費レシピはこちら

【常温・冷蔵・冷凍】大根が長持ちする保存方法で、ムダなく1本使い切ろう!

冬が旬の大根は、煮物や汁物、炒め物に大根おろしなど、さまざまな料理に活躍してくれます。ですが、大根はサイズが大きいため使い切れずに傷ませてしまうことも。今回は大根が長持ちする保存方法を、常温・冷蔵・冷凍の場合に分けて解説します。正しい保存方法を知れば、大根まるごと1本買っても使い切ることができますよ。

▼【関連記事】検証!「大根100g」はどのくらい?
大根1本の重さから半分にカットしたときの重さ、100gあたりの量を実際に量り、写真付きで詳しく紹介します。

大根の重さはどのくらい?丸ごと1本・1/2・1/4にカットしたときの重さや100g当たりの量も解説!

大根1本を食べ切るには効率よく料理していく必要がありますが、レシピの「大根●g」という表記を見ても、具体的な量がイメージしづらいことも多いはず。この記事では大根1本の重さをはじめ、半分にカットしたときの重さや100gあたりの量を実際に量り、写真付きで紹介します。

▼大根(※葉を含む)の栄養の豆知識
大根の栄養素とその効能・効果、また効率よく栄養を摂取できるおすすめの食べ方をご紹介します。

大根の効能・効果とは?効率よく栄養を摂取できるおすすめの食べ方

煮物や炒め物など幅広い料理で活躍してくれる大根。水分が多く含まれているイメージですが、栄養面ではどんな効能が期待できるのでしょうか。この記事では大根の栄養素とその効能・効果、また効率よく栄養を摂取できるおすすめの食べ方をご紹介します。

大根
大根のレシピ・節約情報|おいしい&お得ワザ徹底解説
大根に関するレシピや節約情報が大集合!美味しく&お得に葉や皮も含めて大根を丸ごと一本使い切るための料理・保存・栽培する方法や大量消費術、裏技を徹底紹介します。

レシピ
ランキング

おすすめ記事

全体ランキング