花粉症に効果的な食べ物は?おすすめ&NGな食べ物を薬剤師が解説!

鼻水や鼻づまり、くしゃみ、さらには目のかゆみなど様々な不快な症状を引き起こす花粉症。実は食べ物によっては症状を和らげたり、花粉症の人は注意した方がよいものがあるのをご存知でしょうか?今回は、花粉症におすすめ&NGな食べ物について薬剤師が解説します!

1aa196279ad90c3f

目次

そもそも花粉症とは?

B4d401e8790665c2

花粉症は、特定の花粉が原因で起こるアレルギー疾患です。

人間には、細菌やウイルスなどの外敵が体に侵入してきたときに、それを排除しようとする免疫機能が備わっています。健康維持に不可欠な免疫機能ですが、時に無害なものに対して過剰に働き、逆に健康を害してしまう場合があります。花粉症は、もともと無害であるはずの花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こし、花粉が侵入した場所(鼻や目)に炎症を起こしている状態です。

花粉症の原因となる植物はさまざまで、約70%がスギだとされています。他に原因となる植物としては、ヒノキ、カモガヤ、カナムグラ、ブタクサ、ヨモギ、ハンノキ、シラカバなどがあります。

花粉が飛散する時期は、植物の種類や地域によって異なります。花粉症の原因のほとんどを占めるスギは2~4月頃に、スギの次に多いヒノキは3~5月頃に飛散します。なので、毎年春先にかけて花粉症になる人が増えるのです。

花粉症の体質改善に有効な食べ物・飲み物はある?

花粉症の基本的な治療には2種類の方法があります。
一つは内服薬や点鼻薬などを用いた症状を和らげる方法(対症療法)。
もう一つは花粉症の原因物質を少しずつ投与することで、アレルギー体質自体を改善するといった根本原因を取り除く方法(根治療法)です。

調べてみると花粉症の症状緩和に効果があるとされている食べ物や、花粉による目や鼻の不快感を緩和する機能性表示食品が世の中にありますが、そもそも食べ物で花粉症が治ることはないというのは理解しておきましょう。

また、花粉症に対する効果が科学的に証明されている食べ物はごく一部に限られているのが実情です。

食べ物には薬のように即効性はなく、花粉症によいとされるものでも、そればかりを食べたところで症状が大きく変化したり、花粉症の発症を完全に予防することはできません。
同じ食材ばかり食べたり、食べなかったりという極端な解釈はせず、あくまで補助的な対処法と思っておきましょう。

花粉症に有効な食べ物・飲み物

食べ物で花粉症が治るわけではありませんが、花粉症に良い影響を与えるとされている食べ物をいくつかご紹介します。

乳酸菌を含む食べ物

587ba84cbe2625dc

近年、花粉症の人が増加しているのは、食生活の変化や住環境の変化、環境汚染、ストレスの増加、腸内フローラの変化などが原因とされています。

その中でも腸内フローラの変化に着目し、花粉症の症状の改善や予防効果が期待されているのが乳酸菌です。花粉症の人を、特定の乳酸菌が含まれたヨーグルトを食べたグループと食べなかったグループに分けて比べた実験では、食べた人は食べなかった人よりも、くしゃみや目のかゆみなどの症状が緩和されたというデータもあります。

乳酸菌がたくさん含まれている食ベ物には、ヨーグルトやキムチがあります。ただし、アレルギー症状を改善する機能が証明されている乳酸菌の種類は限られています。どんなヨーグルトやキムチを食べても花粉症が緩和するわけではないので、注意しましょう。

また、どれくらいの量のヨーグルトを食べれば効果が出るかははっきりと分かっていませんし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内にきちんと住みついて、腸内環境を整える作用をもたらすかについても、現在のところは不明です。

「メチル化カテキン」を含む食べ物

E8793f890e8fdd59

お茶に含まれるカテキンは花粉症の症状を和らげるとされていて、さまざまな健康食品が販売されています。

特に、「べにふうき茶」など特定の茶葉に多く含まれるカテキンの一種「メチル化カテキン」は、体内でアレルギー症状の原因となる炎症物質を出にくくするため、花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果があるとされています。

有効な成分が含まれるお茶ほど効果も高い可能性はありますが、すぐに症状が緩和されるものではなく、少なくとも花粉が飛散する前から飲み続ける必要があります。

メチル化カテキンはポリフェノールの一種ですが、お茶以外の食べ物(野菜や果物など)にも抗アレルギー効果のあるさまざまなポリフェノールが含まれています。特定の食べ物や飲み物に偏らず、バランスのとれた食事をすることが何より大切です。

※アレルゲン・・・アレルギーの原因となる物質。花粉症は花粉がアレルゲンとなって起きる症状のことを指す。

花粉症の人が注意したい食べ物は?

B09fdc14eaadfec2

花粉症の人の中には、特定の果物や野菜を食べると唇が腫れたり、口の中や喉にかゆみが出る人がいます。これは「口内アレルギー症候群」と呼ばれ、花粉症の人の10人に1人は発症しているといわれています。

口内アレルギー症候群は、果物や野菜に含まれるアレルゲンが花粉のアレルゲンと似た構造をもっているため、体の免疫機能が花粉と勘違いをして、アレルギー反応を引き起こす疾患です。
果物や野菜のアレルゲンは消化酵素に弱く、胃や腸の消化管で簡単に分解されるので、口や粘膜などの食べ物が直接接した部分にだけ症状が出ます。

代表的なものは、スギ科のヒノキ花粉とトマトの組み合わせです。

96b117f21a0921bd

一部食品分析開発センターのデータを参考に作成

こちらの表を参考に、一度かゆみなどの違和感を覚えたときは、その食べ物を覚えておきましょう。
気にせず食べ続けてしまうことで、口内アレルギー症候群が重症化することがあります。

口内アレルギー症候群を悪化させにくい「食べ方」はある?

0ece7b9aa0e99f78

口内アレルギー症候群を引き起こすアレルゲンは熱や消化酵素に弱いので、加熱調理することで食べることができるものもあります。

 例えばリンゴは、生のリンゴはだめでも、加熱殺菌済みのリンゴジュースやリンゴジャムであれば加熱によってアレルゲンが変化していて、アレルギーが起こらない場合があります。 また、トマトは、トマトケチャップや加熱殺菌済みのトマトジュース、加熱したトマトではアレルギーは起こらないとされています。

ただし、アーモンドやピーナッツなどナッツ類は加熱調理してあっても重い症状を引き起こす可能性が高いです。シラカバやイネなど該当するアレルギーを持つ人は避けるようにしましょう。

食べ物の選び方以外にも気をつけたい生活習慣

ストレス、睡眠不足、お酒の飲み過ぎ、タバコなどによって鼻の粘膜の状態が悪化し、花粉症の症状が重くなるともいわれています。そのため、規則正しい生活を心がけ、バランスの取れた食事を取ることが大切です。

食べ物だけで治すよりは医師に相談して

2c9f15183b12766c

花粉症によいとされる食べ物でも、そればかりを食べたところで症状が大きく変化することはないと考えられています。
花粉症の治療については、基本的には医師に相談するのがよいでしょう。また、食べ物で花粉症対策をしたいときも、あらかじめ医師の指導を仰ぐのがおすすめです。

ライフスタイル
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る