【管理栄養士が解説】たけのこでアレルギー症状は出るの?アクの影響との見分け方とは?

たけのこを食べたら口や喉がピリピリ、イガイガ……、または身体がかゆくなるといった経験をしたことはないでしょうか。「これってアレルギー?」と心配になるかもしれませんが、必ずしもアレルギーであるとは限りません。この記事では、たけのこを食べたときの気になる症状の原因について解説します。

目次

たけのこを食べて出る症状、これってアレルギー?

たけのこを食べて出る症状は、アレルギーの場合とそうでない場合があります。アレルギーでない場合「アク」または「仮性アレルゲン」による影響が考えられます。

それぞれの特徴や対策について解説しますが、アレルギーかどうかは医療機関での検査、診断が必要です。自己判断せず、気になる症状が続くときは内科や皮膚科など、アレルギー検査ができる医療機関へ相談しましょう。

たけのこアレルギーとは?

たけのこは、食物アレルギーの原因となる食べ物のひとつとして知られています。食物アレルギーの場合、じんましんやかゆみといった皮膚症状、くしゃみや鼻づまり、息苦しさなどの呼吸器症状、下痢や吐き気などの消化器症状など、さまざまな症状を引き起こします。

アレルギーかどうかの判断は、医療機関での問診、血液検査、皮膚プリックテストや食物経口負荷試験などによって行われます。受診は内科や皮膚科など、アレルギー検査が行える医療機関がよいでしょう。費用は診察の内容によって異なるため、医療機関へ問い合わせてみてください。

医療機関を受診するときは、何を食べてどんな症状がどこに出たかということを正確に伝えられるよう、メモを持参するといいでしょう。

アレルギー検査で陽性だった場合は食べない方がいい?

検査でアレルギー反応が陽性だった場合、医師の指示によりどの程度まで食べてよいかが判断されます。

日本小児アレルギー学会の「食物アレルギー診療ガイドライン2016」によると、食物アレルギーだった場合の対応について「必要最低限の除去」が推奨されています。陽性反応だったからといって、全て除去する必要がない場合もあります。

全く食べない方がよいのか、少量であれば食べてよいどうかは、アレルギーの程度や症状により判断されるため、自己判断せず医師の指示を仰ぎましょう。

※参照:公益社団法人 日本皮膚科学会「蕁麻疹」一般社団法人日本アレルギー学会「患者さんに接する施設の方々のためのアレルギー疾患の手引き《2020年改訂版》」日本小児アレルギー学会「食物アレルギー診療ガイドライン2016 ダイジェスト版」

▼意外と知らない!たけのこ基礎知識
たけのこには食物繊維が多く含まれ、野菜の中ではカリウムや亜鉛などの栄養素が多いとされます。
気になるカロリーや糖質についても管理栄養士が詳しく解説します。

【管理栄養士が解説】たけのこのカロリー・糖質量は?料理別のカロリーも紹介

たけのこはカロリーが低いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?また、たけのこを調理したとき、作るメニューによってカロリーはどのくらい高くなってしまうのでしょうか。この記事ではたけのこのカロリー、糖質の量と、たけのこを使った料理のカロリーを管理栄養士が解説します。

口の中がピリピリ、イガイガするのはアクの影響かも?

たけのこを食べたときに感じる口の中の違和感は、たけのこのアク抜きが不十分だった可能性があります。

たけのこのアクの成分のひとつにシュウ酸があります。このシュウ酸が唾液に含まれるカルシウムと結合して結晶化することで、口の中で違和感を生み出す原因となるといわれています。

シュウ酸は水に溶けやすいため、しっかりと下茹でしてアク抜きすることが大切です。米ぬかや米のとぎ汁はたけのこの身をやわらかくし、シュウ酸が溶け出るのを助けてくれます。自身でアク抜きをする際は、アクが残らないようしっかり下茹でしましょう。

※参照:独立行政法人 農林水産消費安全技術センター「食材百科 タケノコ」

▼たけのこのアク抜きのコツは?
米ぬかを使った基本のアク抜き方法だけでなく、重曹や米の研ぎ汁を使った方法を管理栄養士が解説します。

意外と簡単!たけのこのアク抜きを実践 | 米ぬかがなくてもできる!

皮付きのたけのこを手に入れた場合、どうアク抜きするのが正解なのでしょうか?基本は米ぬかや唐辛子を使ってじっくりと下茹でしますが、できれば簡単にできないかと考える方も多いはず。 この記事では、米ぬかを使った基本のアク抜き方法だけでなく、重曹や米の研ぎ汁を使った方法についても解説します。

身体がかゆくなるのは仮性アレルゲンかも?

かゆみやじんましんはアレルギー症状のひとつではありますが、たけのこの場合は仮性アレルゲン(薬理活性物質)によるものの可能性も考えられます。

アレルギーとは違った仕組みで起こる反応で、たけのこに含まれるヒスタミンという物質が、アレルギーに似た症状を引き起こします。仮性アレルゲンだった場合、アナフィラキシー(全身の発疹、呼吸困難、血圧低下など複数の症状が出る重篤な状態)といった重い症状を起こすことはまれといわれており、また体調によっても症状の出方が変わります。

いずれにせよ、アレルギーであるかどうかの判断は医療機関の受診が必要です。気になる症状が続くときは、医師に相談してみましょう。

▼たけのこを食べ過ぎると体に悪い?
たけのこに含まれるヒスタミンが、かゆみやじんましんなどの症状を引き起こすことがあります。普段は問題なくても、たくさん食べたり、体調が悪かったりするとこれらの症状が出ることも。

たけのこの食べ過ぎは身体に悪い?食べ過ぎの影響や適切な量について管理栄養士が解説

シャキシャキとして風味豊かなたけのこ。旬の時期は食べる機会が増えますが、たけのこの食べ過ぎは身体に良くないのでしょうか?今回はたけのこの食べ過ぎによる影響や、適切な量について管理栄養士が解説します。

正しい知識を身につけて、旬のたけのこを安全に楽しもう

たけのこを食べたときの気になる症状は、色んなパターンの原因が考えられます。とくに旬の時季はたけのこを食べる機会が増えるので、症状が気になってしまうことが多いもの。気になる症状が続くときは、自己判断せずに医療機関へ相談してみてくださいね。

▼まさか⁈ たけのこは美容にうれしい効能あり!
健康づくりや美容に欠かせない栄養素について詳しく解説します。

たけのこは意外な栄養がたっぷり!健康や美容にうれしい効能やおすすめの食べ方を管理栄養士が解説

シャキシャキとした食感がおいしいたけのこは、旬の時期にたくさん貰うこともありますよね。 たけのこは食物繊維を摂れるイメージがありますが、実は意外にもうれしい効能がたくさんあるのです。 また、おすすめの食べ方を知り、たけのこの栄養を効率的に摂りましょう。 今回の記事では「たけのこの栄養」について、管理栄養士が解説します。

▼知っておきたいアレルギーの基礎知識

実は危険な【食べ物のアレルギー】原因食品や症状を管理栄養士がまるっと解説します

「子どもが発症するもの」と思われがちな食物アレルギー。実は大人になってから突然発症するケースもあるのです。 食事をしたあと口がかゆくなったり、じんましんが出てきたり……。 気になるその症状は、もしかしたらアレルギーによるものかもしれません。 そこで本記事では大人にもみられる食物アレルギーについて、原因になりやすい食品や症状、対処法などを管理栄養士がくわしく解説します。

知らないと恐ろしい「アレルギーの種類」概要と対策を解説します【薬剤師監修】

「なんだか体調がいつもと違う…」「風邪じゃないけど気になる症状がある…」そんなことはありませんか? もしかするとその気になる症状、何かのアレルゲンによるアレルギー症状かもしれません。 日常の中で突然起こるアレルギーには、様々な種類があります。 健やかな毎日を送るため、「アレルギーにはどんな種類があり、何をすれば対策がとれるのか」正しい知識を持っておく必要があります。 今回の記事では、現役薬剤師が「アレルギーの種類とそれぞれの対策について」解説します。

【薬剤師監修】甲殻類アレルギーとは?原因や対策と気を付けるべきことを解説します

カニやエビなどを食べる、場合によっては触るだけでアレルギー症状が出てしまう「甲殻類アレルギー」をご存じですか? 甲殻類アレルギーは、先天性のものだけではなく後天性に発祥することもあります。 子供の頃から持っているだけでなく、大人になってから発症してしまう場合があるのです。 また、生や加熱処理したもの、甲殻類の中でもアレルギー症状が出るものや出ないものなど種類は様々です。 今回の記事では、甲殻類アレルギーについて現役薬剤師が解説します。

レシピ
ランキング

おすすめ記事

全体ランキング