【管理栄養士が解説】らっきょうの効能は?効果的な食べ方や1日の目安の個数について知ろう

カリっとした食感に、独特の辛みと風味を持つらっきょう。身体によいイメージがありますが、実際にはどのような効能があるのでしょうか?また効果的な食べ方や、1日の目安の個数も知っておきたいですよね。この記事では、らっきょうの効能について解説します。

目次

生薬にも使われるらっきょう

らっきょうは生薬としても用いられ、生薬名は「薤白(ガイハク)」と呼ばれます。健胃、整腸、食欲増進などの作用があるといわれ、漢方薬として使われることもあります。

らっきょうをそのまま食べる場合は、主に甘酢漬けにして食べるのが一般的です。カレーに添えたり、刻んでタルタルソースに混ぜ込んだりと、さまざまな楽しみ方があります。生のらっきょうは5~6月頃に出回り、この時期には生のらっきょうを使った料理が楽しめます。

らっきょうに期待される効能とは

らっきょうに期待される効能や含まれる栄養素について解説します。

糖や脂肪の吸収を穏やかにする【水溶性食物繊維】

らっきょうに含まれる水溶性食物繊維の多くはフラクタンというものです。らっきょう100g中には20.7gの食物繊維が含まれており、そのうち約9割にあたる18.6gが水溶性食物繊維です。

食物繊維はヒトが消化吸収しにくい栄養素で、とくに水溶性食物繊維は、糖や脂肪の吸収を穏やかにしてくれる作用があることが知られています。

糖や脂肪の吸収を穏やかにすることで、食後の血糖値の急激な上昇や、コレステロールの上昇を抑えることもわかっており、その効能が注目されています。ダイエット中の方や、血糖値や血圧が気になる方は意識して補いたい栄養素です。

抗酸化作用でがん予防や老化防止を期待【ビタミンC】

ビタミンCは抗酸化作用があり、動脈硬化、がん、免疫機能の低下、老化の一因となる活性酸素を体内から除去してくれる働きがあります。

らっきょうには100gあたり23mgのビタミンCが含まれます。これはにんにくと比べると約2倍の量です。

ほかにも、ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。らっきょうの旬である5~6月頃は紫外線の多い時季でもあり、不足しないように摂りたいものです。

高血圧やむくみ対策に摂りたい【カリウム】

カリウムは余分なナトリウムを体外へ排出してくれる働きがあります。ナトリウムの摂りすぎによる高血圧の予防や、むくみの予防に摂りたい栄養素です。

らっきょう100gには230mgのカリウムが含まれ、不足しがちなカリウムの補給に役立ちます。

外食が多いなどで塩分の摂りすぎが気になる方や、血圧が気になる方、むくみを予防したい方はしっかり補給しましょう。

ほかにも、らっきょうのニオイの元となる硫化アリルなどのイオウ化合物には、抗がん作用や殺菌作用などさまざまな効能が期待されています。

※参照:文部科学省ホームページ 日本食品標準成分表2020年版(八訂)

▼らっきょうはアリシンも豊富
らっきょうに含まれるアリシンはビタミンB1の働きをサポートをしてくれる栄養素。特にビタミンB1の吸収を高める働きがあるので、アリシンとビタミンB1の相乗効果により、疲れから身体をサポートしてくれます。

猛暑を乗り切る!夏バテ予防におすすめ食事とは?【管理栄養士監修】

暑い日が続くと心配なのが夏バテ。夏バテを防ぐためには水分補給はもちろん、必要な栄養を摂ることが重要です。今回は夏バテ予防に効果的な栄養素とおすすめのレシピを紹介します。

▼らっきょうには冷え性改善の働きも!?
中国の伝統的な医学である中医学では、生姜や唐辛子、らっきょうなどの「温性」と「熱性」に分類される食べ物が体を温めるとされています。冷え性でお悩みの方は、こちらの記事で紹介する体を温める食べ物を上手に取り入れてみてください。

冷え性改善に役立つ食べ物とは?根本から改善するポイントと合わせ管理栄養士が解説!

「冷えは万病の元」といわれるように、冷えにより便秘や肩こり、肌のトラブルなどのさまざまな不調の原因となることが知られています。 とくに冬は症状がつらく、足先が冷えてなかなか眠れないという方もいるでしょう。 今回の記事では「冷え性改善に役立つ食べ物」について、管理栄養士が解説します。 食べ物の取り入れ方や冷え性改善のためのポイントを知り、つらい冷え性から解放されましょう。

▼梅雨時の不調も冷えが原因?
梅雨時から夏にかけての不調は、体内に余分な水分が停滞して身体が冷えていることが原因の場合も。漢方養生指導士が、夏に起きがちな体調不良の改善方法について解説します。

なんかダルい。雨の日に頭痛が…。梅雨から夏にかけての「プチ不調」を改善する方法とは

日本の夏は高温多湿で、わたしたちの心身に大きな影響を与え体調不良を起こしやすい季節です。セルフケア(自分の健康を自身で管理すること)を心がけ、本格的な病気に移行する前に身体を整えましょう!

らっきょうの効果的な取り入れ方

らっきょうに含まれる栄養を効果的に取り入れるには、どのような点に気をつけるといいのでしょうか。

目安は1日3~4粒まで

らっきょうを毎日食べる場合、1日3~4粒までを目安にいただきましょう。らっきょうは1粒あたり、小さめから標準のもので3~6g、大きいものだと10gほどの重さなので、3~4粒の場合は9~40gほどになります。

らっきょうに含まれる硫化アリルは、適度な量であれば消化を促すといわれていますが、食べすぎると刺激になってしまうことがあります。

とくに「1日何粒まで」といった根拠があるわけではありませんが、さまざまな野菜から栄養を摂取したいという意味でも、1日3~4粒までを目安にするといいでしょう。また甘酢漬けを食べる場合は、塩分の摂りすぎに繋がってしまうため、やはりこの程度の量に抑えておきましょう。

旬の時季はなるべく生のらっきょうを食べよう

らっきょうの栄養を効率的に摂りたい場合、甘酢漬けで長く保存されているものより、生のらっきょうを浅漬けにしたり料理したりしたものがおすすめです。

らっきょうにはさまざまな栄養素が含まれることを紹介しましたが、ビタミンCやカリウムは水に溶け出やすい性質を持っています。調味液に長く浸かることで、これらの栄養成分が流れ出てしまいます。

実際に日本食品標準成分表で確認してみると、生のらっきょう100gあたりのカリウムは230mg、ビタミンCは23mgですが、酢漬けのものはカリウムは9mg、ビタミンCは0mgと極端に少なくなっています。

浸けられている時間でも多少変化するものとは考えられますが、旬の時季はなるべく生のものを加工、または調理して、新鮮なうちに食べる方が栄養素をしっかり補給できます。

おいしいらっきょうを健康づくりに役立てよう!

らっきょうにはさまざまな効能が期待されているので、とくに旬の時季に見かけたら取り入れたいもの。くれぐれも食べすぎには注意して、らっきょうを美味しく楽しんでくださいね。

レシピ
ランキング

おすすめ記事

全体ランキング