【薬剤師監修】ワセリンにはどんな効果があるの?おすすめ&NGな使い方とは

病院で処方されたり、薬局やドラッグストアで見かけることも多い「ワセリン」。保湿剤として使ったことがあるという方も多いかもしれません。実はワセリンは、毎日の肌のお手入れをはじめ、さまざまなシーンで活躍する万能アイテムなんです。今回は、ワセリンの特徴や効果、便利な使い方についてご紹介します。

10fe715a8d893f9c

目次

ワセリンってそもそも何?

ワセリンは、皮膚の保湿に効果的な保湿剤です。
保湿剤といっても、ワセリン自体に皮膚に水分を与える力はなく、皮膚をコーティングすることで皮膚から水分が失われるのを防ぐために使われます。

使用されてきた歴史も長く、赤ちゃんから大人まで使える、副作用が出にくい安全なお薬とされています。

原料はなにからできている?

ワセリンは、石油由来の炭化水素類の混合物を脱色して精製したものです。

「石油が原料」と聞くと、肌に良くないのでは...?と心配する方もいるかもしれませんが、そもそも石油自体が天然由来の成分です。また、これまで長い間使われてきて、安全性に問題がないとされているお薬ですので、石油が原料だからと過度に心配する必要はありません。

肌トラブルや健康被害の可能性は?

E7b00acaf3f40246

石油から生成されていることから、誤って飲み込んでしまったり、肌荒れになったりすることがないか不安に感じる方もいるかもしれません。

基本的には前述の通り安全性に問題はありませんが、もしワセリンで起こる可能性のある肌トラブル(副作用)があるとすれば、「接触性皮膚炎」、いわゆる「肌のかぶれ」です。特に純度の低いものを使うと、稀に副作用が生じる場合もあります。このような症状があらわれた場合には使用を中止し、症状がひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

また、ワセリンは油分を固めたようなお薬なので、少量を飲み込んだくらいであれば、ひどい場合でも、脂っこい食べ物を食べ過ぎて胸焼けをおこしたような状態になったり、下痢になったりする程度で心配はいりません。

赤ちゃんにもよく使われるお薬なので、赤ちゃんが誤って口にしてしまうことを想定し、少量なら口にしても心配のない成分で作られています。ただし、飲み込んだ赤ちゃんの様子がいつもと違う場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

ワセリンに種類はある?

ワセリンは、純度の違いによって、「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」の4種類に分類されます。

純度については、黄色ワセリン<白色ワセリン<プロぺト<サンホワイトの順で、右にいくほど高純度(不純物が少ない)になります。

それぞれのワセリンの特徴は?

788460c69e5a98a3

黄色ワセリンの精製度が低いということは、できる限りプロペトやサンホワイトを使った方がいい……?と思ってしまうかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

一般的にワセリンは高純度の物ほど値段も高くなる傾向にあるため、特に敏感肌でない方は、必ずしも高純度の物を使わなくても、お財布と相談して選べば大丈夫です。

ここからは、それぞれのワセリンの特徴について解説していきます。

黄色ワセリン

4種類のワセリンの中では、一番純度が低く、不純物の含有量が多いワセリンです。

黄色っぽい色味をしているのが特徴で、手に入りやすく安価ですが、敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方、赤ちゃんは刺激やかぶれ、アレルギー反応を生じる場合があります。そのため、現在は医療機関ではほとんど使用されていない種類のワセリンです。

白色ワセリン

黄色ワセリンの純度を高めたものです。
一般的にワセリンというと白色ワセリンのことを指す場合が多いほどメジャーなお薬です。

安価な割に、ある程度の純度もあるので、純度に特別なこだわりがない場合は、白色ワセリンを使うのがおすすめです。医療機関でも頻繁に使用されています。

特に、敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方、赤ちゃんは黄色ワセリンではなく、白色ワセリン以上の純度のものを使いましょう。

プロペト

白色ワセリンの純度を高めたものです。
目の近くなどデリケートな部位に使用する場合や、白色ワセリンでは皮膚がかぶれてしまう人にはプロペトが使われます。こちらも、医療機関でも使用されています。

サンホワイト

プロペトの純度を更に高めたものです。

アレルギーのパッチテストに使用されるほど刺激が少ないので、プロペトでも刺激があったり、かゆみやかぶれが出てしまう人に使われます。

ただし、サンホワイトは医療機関で使う場合にも健康保険の適用外のため、ほかのワセリンに比べると高価です。

上記のとおりワセリンには大きく4種類ありますが、純度が違うだけで、保湿力自体に違いはないとされています。ではメーカーや種類、それぞれ保湿以外の面で違いはあるのでしょうか?

476efb629902cd0f

薬の分類としては同じになるの?

まず、分類と販売の方法が種類によって変わります。
黄色ワセリンや白色ワセリン、プロペトについては、医師の指示により使われる「医療用医薬品」の他、「第3類医薬品」に分類される市販薬としても販売されています。
もっとも純度が高いサンホワイトは、病院で使われる場合も保険はきかず、市販品を購入することになります。

チューブや缶タイプはどう使い分ければいい?

ワセリンは、商品によってチューブタイプや缶タイプ、ボトルタイプなど形状がさまざまです。名称が一緒なら、メーカーごとに内容の違いはありませんが、用途に合わせた容器を選ぶことで使いやすさがアップします。

36953ae4610b4767

全身に一度にたくさん使うならボトルタイプ、リップクリームとして唇の保護などに使いたい場合はコンパクトなチューブタイプがおすすめ。指で塗りたい人は、小さな缶に入っているタイプも使いやすいです。塗りたい場所に合わせて、適切な容器に入っている商品を選びましょう。

香料やビタミンE入りのワセリンもあるけど……

香料やビタミンなど、その他の成分が配合されているワセリンも多くあります。
これらはアロマ効果でリラックスできたり、ビタミンE配合で肌の新陳代謝を促進したり、尿素で角質を柔らかくしたりと、ワセリンだけでは得られない効果を得られます。

ワセリンの保湿効果だけでなく、その他の効果も得たい人は、それぞれにあった成分が配合されている商品を選ぶのがおすすめです。

ユニリーバのヴァセリン(Vaselin)は別物?

9d754b0e72640ad8

また、よく勘違いしやすいのですが「ヴァセリン」と「ワセリン」は別物です。一般的にワセリンは白色ワセリンを指しますが、「ヴァセリン」はユニリーバ・ジャパンの商品名で、中身は白色ワセリンではなく黄色ワセリンです。こちらは、化粧品として販売されている商品なので、間違えないようにしましょう。

サンホワイトのP-1とY-1はどう違う?

サンホワイトはさらに2種類に分かれ、しっかりとした厚めの使用感の「P-1」と、伸びてベタつかないさらっとした使用感の「Y-1」の2タイプが販売されています。
どちらも効果に違いはないので、好みの使用感のものを選べば問題ありません。

安全だから用途も多彩!ワセリンのおすすめの使い方

ワセリンが持つ保湿効果から、さまざまな使い方が可能です。ここでは、ワセリンがどんな使い方をできるか解説します。

肌の保湿

刺激が少ないので、体から顔まで全身を保湿できます。入浴後や洗顔後に化粧水や乳液で保湿した後、最後にワセリンを塗りましょう。また、かかとのひび割れなど、乾燥が気になる箇所にも念入りにワセリンを塗り込むと効果的です。

練り香水

6f679c5ce3900410

ワセリンを保存容器に入れ、お気に入りのエッセンシャルオイルや香水を数滴加えて混ぜれば、オリジナルの練り香水を作ることができます。ハンドクリームとして手の保湿に使うのもおすすめです。アロマの香りに癒されながら保湿することができますよ。

花粉対策

52f4d335d8d13c72

辛い花粉症の季節にも、ワセリンは大活躍。鼻の入り口や鼻の中に薄く塗ると、マスクだけでは防げなかった花粉が鼻の奥に侵入するのを食い止める効果や、肌や粘膜を保護する効果が期待できます。

ただし、必ずマスクと併用し、こまめにティッシュでふき取り、塗り直すようにしましょう。

靴ずれ防止

1b586052e906b79c

靴を履くときに、かかとなど靴と皮膚が当たって痛くなりそうな所にあらかじめワセリンを塗っておきましょう。ワセリンの滑りの良い油分が摩擦から肌を守り、靴擦れを防ぐ効果があります。

ヘアケア、スタイリング

ワセリンは、髪の保湿やスタイリング剤としても使えます。シャンプー後、タオルドライした髪にワセリンをなじませ、ドライヤーで乾かしましょう。ワセリンがドライヤーの熱や摩擦から髪を保護してくれます。

Ee71b30093815971

ただし、多く塗りすぎると髪がべたつくので、乾燥しやすい毛先を中心に薄くつけるのがポイントです。スタイリングの際のワックスの代わりとしても使えます。

カラーリング剤の肌への着色防止

自宅でセルフカラーリングをする際に、髪の生え際にワセリンを塗っておけば、カラーリング剤による肌への着色を防いでくれます。
もしもカラーリング剤が顔に付いてしまっても、ワセリンの上に付いたものなら、ティッシュで簡単に拭き取ることができます。

赤ちゃんや敏感肌にも使える?

4d8c59767ae15644

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く乾燥しやすい上に、外部からの刺激にも反応しやすいのが特徴です。
入浴後にワセリンを塗れば、水分の蒸発を防ぎ、衣服との摩擦による刺激も抑えることができるので、日々のスキンケアに取り入れるのがおすすめ。

また、赤ちゃんの肌トラブルで多いのが、おむつかぶれやよだれかぶれです。汚れを優しくきれいに拭き取った後、ワセリンを塗って肌を保護してあげましょう。

赤ちゃんには白色ワセリン以上の純度を

赤ちゃんには、黄色ワセリンではなく、白色ワセリン以上の純度の商品を使ってください。市販されている「ベビーワセリン」は、通常の白色ワセリンと中身は同じです。
赤ちゃんのスキンケアに手軽に使いやすいように、大容量のチューブタイプになっている商品を選ぶと良いでしょう。

ワセリンは、敏感肌の方のスキンケアにも最適です。アレルギーの原因となる成分の含有率が非常に低いので、化粧かぶれや肌荒れで一般のスキンケアが使用できない場合にも使える可能性が高いです。肌の水分を守りながら外部の刺激を防いでくれるので、敏感になった肌の回復を早めてくれます。

敏感肌の方も、黄色ワセリンではなく、白色ワセリン以上の純度の商品を使ってくださいね。

使用時の注意点

ワセリンには、抗炎症作用はありません。

ニキビの状態によっては、ワセリンの保湿・保護作用が効果的な場合もありますが、赤く炎症を起こしているニキビには、ワセリンの油膜が毛穴を塞いでしまい、逆に症状を悪化させてしまう場合があります。ニキビの状態によっては使用しないように気をつけてください。

赤く炎症を起こした肌荒れや、蕁麻疹などの明確な皮膚疾患については、ワセリン以外での治療が必要な場合もあります。症状が気になるときは、皮膚科を受診しましょう。

また、ワセリン自体に水分を補給する効果はないので、お風呂上がりや化粧水での保湿後など、肌が潤った状態で使わないと本来の保湿効果が発揮できません。

使う量については、あまり少量だと効果が出にくいので、ペタッとするくらい多めに塗るのがおすすめです。ただし、あまり多すぎて衣服に付いてしまうと落としにくい場合もあるので注意しましょう。

コスパ良し、用途多彩!一つは持っておこう!

4902be71040eee6e

ワセリンは、全身の保湿にはもちろん、美容や日常のちょっとしたシーンなど様々な用途に使えるアイテム。コスパも良く一年中使えるので、ひとつ持っておくと重宝すること間違いなしです。今回の記事を参考に、ぜひ活用してみてくださいね!

ライフスタイル
ランキング

Crown
全体ランキング