ワイヤレスだから持ち運びもスマート!スリーコインズのモバイルバッテリーを徹底検証

コスパのよさとスタイリッシュな見た目で人気のスリーコインズから、ワイヤレスモバイルバッテリーが登場!ワイヤレスで充電できることに加え、ケーブルでの充電や2台同時充電もできるんです!1台あるととっても重宝するワイヤレスモバイルバッテリーを実際に使用した様子を詳細レポートします。

D035b91015e6670c

目次

ワイヤレスのモバイルバッテリーがスリコから登場!

スリーコインズのデジタルガジェットシリーズ「3COINS DEVICE」。コスパ抜群で優秀、見た目のおしゃれさもあって人気を呼んでいます。

筆者もワイヤレスイヤホンを愛用しており、このシリーズに注目していたところ、ワイヤレスモバイルバッテリーをみつけました!

コードにつないで使うモバイルバッテリーは、コードがからまって邪魔でしたが、ワイヤレスならそんな心配もありません。

一方で、どう使うの?対応機種は?どれくらい充電がもつの?といい疑問もあったので、それらも併せて紹介します。

Qi認証登録済みのスマートフォンに使える

価格は1650円(税込)。色はブラックとホワイトがあります。今回はスマホの色に合わせて白を購入。

E42ff0ee72413161

対応するスマートフォンについては、パッケージに「Qi(チー)認証規格対応機種」と記載があります。

「Qi認証規格対応機種」とは、ワイヤレス給電の国際標準規格のこと。具体的な機種名も記載されていますが、念のため事前に自分のスマホがQi認証規格に対応しているか確認しておくと安心です。

ちなみに、iPhoneの場合は、iPhone8以降に発売になったものが、Qi認証規格に対応しているようです。

5171763116d8e114

パッケージを開けると、モバイルバッテリー本体とmicroUSBケーブル、説明書が入っています。

そして、モバイルバッテリーは吸盤が上下に付いていました。

6a4cba92da0b2e2c

サイズは、約105×65×20mm。隣に置いているのはiPhone12miniです。

「qi」と記載されているのがワイヤレス充電エリアで、出力は5W。

Ad9e309fb770d9c6

側面には、USBポートが2つ(充電用)、TYPE-CポートとmicroUSBポートがそれぞれ1つ(バッテリー自体の充電用)付いています。

このポートを使うと、複数の機器の充電も可能だそう。

3af34a49ccbaadae

実際に使ってみました!

まずはバッテリーを充電

まずは、バッテリー本体を充電します。付属のmicroUSBケーブルを本体横側のmicroUSBポートに差し込み、直接電源につなぐのではなく、パソコンやACアダプターなどのUSBポートに差し込んで充電します。

また、TYPE-Cケーブルがある場合は、そちらでも充電可能です。

電源ボタンを押すと、背面のLEDランプで電気の残量が確認できます。

F34f4f927eccfaf3

充電時間は、1A(アンペア)での充電時には約7〜8時間、2Aでの充電時には3〜4時間と記載があります。

スマホをワイヤレスで充電

充電が完了したバッテリーの電源を押し、スマホに装着。スマートフォンの充電エリア(通常は背面)とバッテリーの充電エリア(Qiの文字がある部分)を重ねます。

吸盤があるのでぴたっとくっつきます。

3c93b97f6d22dc6b

充電の際はカメラ部分に重ならないように注意して下さい

実際に持ってみたところはこんな感じです。厚さは20mm、重さは125gなのでふつうに片手で扱えます。

ケーブルが無いのでとても使いやすい!

400a9b7fba0f919e

吸盤の吸着力ですが、このようにしてバッテリーだけ持ってみたところ、落ちてしまいました(スマホのカバーがビニール系だと落ちにくいようです)。

9dc47b14af1fefab

ただ、バッテリーだけ持つことはあまりないですし、ふつうにしていればカバンの中でも外れることはなさそう。

少し厚みが出てしまうのは残念ですが、安定するので吸盤はやはり必要。しかも、すぐ取り外しができるので、個人的には、これくらいの粘着力が丁度いいかなと思いました。

F77a6c20b192a538

残量20%くらいの場合、スマホを使用していない場合は2〜3時間でフル充電に近い数値になりました。

ただ、スマホを使用しながらの充電の場合は充電速度が遅くなります。

また、使用状況によっては、バッテリーがやや熱く感じるかもしれません。

スマホケースの素材が金属製のもの、交通系ICカードなど磁気を帯びているものを入れている場合など、データ消失、故障の原因になることも。ケースを取り外して充電する必要があります。

ケーブルでの充電や2台の充電も可能

複数のポートがついており、それらを利用した充電もできます。

USBポートからだと最大10Wまで出力できるので、2倍とはいかないですがこちらのほうが早く充電ができそう。状況によって選べるのは便利ですね。

また、この機能を利用して2台の同時充電も可能です。

下の画像は、1台のスマホをワイヤレスで、もう1台のスマホをUSBケーブルで接続して充電しているところです。

687e3dbe5696dafd

「ケーブル充電×ワイヤレス充電」または「ケーブル充電×2」であれば同時充電が可能とのこと。2ポート合計で最大10Wとのことなので、それぞれの充電スピードは遅くなります。

スマホに限らず、ワイヤレス充電に対応しているイヤホンやワイヤレスマウスなどの充電にも使用できます。

筆者はたまに取材先などでワイヤレスマウスの充電が切れて困ることがあるのですが、こちらのワイヤレス充電器を持ち歩くようになって、スマホにもマウスにも両方使えるのでとっても助かっています。

いろいろなシーンで大活躍!

気になっていたワイヤレス充電器、スリコのおかげで比較的手ごろな価格で試すことができました。

・持ち歩きながら充電することが多いが、ケーブルがじゃまになる
・カバンのなかで充電器が外れないようにしたい
・複数台を充電する場合があり、それぞれの充電器を持ち歩きたくない
・ワイヤレスモバイルバッテリーが気になっているが、高いものを買って使うシーンがなかったらもったいない
という方は、ぜひ試してみてください。

【商品情報】
商品名: ワイヤレスモバイルバッテリー5000mAh
サイズ:約105×65×20mm、125g
価格:1,650円(税込)

※商品の価格は購入時のレシートを参考にしています。
※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また、商品は価格変更や販売終了などになることがありますのでご了承ください。

スーパー・コンビニ・専門店
ランキング

Crown
全体ランキング