カツオの栄養を管理栄養士が徹底解説!マグロとの比較も紹介

カツオのたたきや、お刺身で手軽に食べられるカツオですが、どんな栄養があるか知っていますか?実は老若男女問わず、カツオには体に嬉しい栄養がたっぷり含まれているんです。そんなカツオの栄養を管理栄養士が徹底解説!加えて、カツオの旬や魚人気ナンバーワンのマグロとの栄養の比較も紹介します。

目次

カツオは栄養満点!

管理栄養士から見てもカツオは、老若男女問わず食べてほしい栄養満点な魚です。
今回はどんな栄養素が含まれているのかをはじめ、春に獲れる「初ガツオ」と秋に獲れる「戻りガツオ」での栄養素の量を比較、また刺身1人前で1日に必要な成分のうち、どのくらい摂ることができるのかを解説します。

まずは特に多く含まれている栄養素から。

DHA・EPA

DHA・EPAはオメガ3と呼ばれ、私たちが積極的に摂取したい油といわれています。

その理由は、血中の中性脂肪値の低下や不整脈の予防、血栓をつくりにくくする役割があり、生活習慣病を予防するために必要とされているからです。

オメガ3が特に多く含まれているのは秋に獲れる「戻りガツオ」です。
なんとカツオのお刺身1人前(100g)で1日の半分以上のオメガ3を摂取することができます。

1日に必要とされるオメガ3の目安量

・成人男性:2.0〜2.2g
・成人女性:1.6〜2.0g

1人前(100g)のカツオに含まれるオメガ3の量

鉄分

鉄分は男女ともに必要な栄養素で、特に女性は月経や妊娠・授乳期で必要量が左右します。鉄分には、カツオなどの動物性に含まれる鉄分を「ヘム鉄」、ほうれん草などの植物性に含まれる鉄分を「非ヘム鉄」と呼んでいます。ヘム鉄は、非ヘム鉄よりも吸収されやすいのが特徴です。

鉄分は1日の摂取量を摂ることがなかなか難しいですが、成人女性であれば、カツオ1人前(100g)だけで約1/3日分の鉄分を摂ることができます。

1日に必要とされる鉄分の推奨量

・成人男性:7.0〜7.5mg
・成人女性(月経なし):6.0〜6.5mg
・成人女性(月経あり):10.5〜11.0mg

1人前(100g)のカツオに含まれる鉄分の量

初ガツオ:1.9mg
戻りガツオ:1.9mg

たんぱく質

カツオはたんぱく質が豊富なのも特徴で、特にダイエット中でもおすすめな食材といえます。
たんぱく質は、筋肉・臓器・皮膚・毛髪など、私たちの体の構成成分として働きます。そのほかにもホルモン・酵素・抗体など、体を調節する働きとして重要な役割をもっています。

カツオ1人前(100g)で、1日の約1/3~半分のたんぱく質を摂取することが可能です。

1日に必要とされるたんぱく質の推奨量

・成人男性:60〜65g
・成人女性:50〜55g

1人前(100g)のカツオに含まれるたんぱく質の量

・初ガツオ:25.8g
・戻りガツオ:25.0g

たんぱく質は、高齢者の「フレイル予防」としても大切な栄養素。老若男女問わずにしっかり摂取しましょう。

フレイルとは?

フレイルの症状として体重減少や筋力低下、気力の低下などがあげられます。フレイルが進行することで、死亡率の上昇や身体能力の低下が起き、何らかの病気にかかりやすくなったり、入院するなどといったストレスに弱い状態になることを指します。

▼“疲労回復”におすすめのメニュー
疲労回復に良い食べ物として、豚肉・うなぎ・梅干し・レモン…などの食べ物が知られています。その効能の理由や、取り入れ方、手軽にコンビニでも買えるメニューについて管理栄養士が解説します。

【管理栄養士が解説】疲労回復によい食べ物とは?おすすめコンビニメニューも紹介

忙しさや暑さが続くと、寝ても疲れが取れないなんてこともありますよね。そんなとき、何か食べ物で疲労回復ができたら……と考える方も多いはず。今回は疲労回復の効果が期待できる食べ物や、おすすめのコンビニメニューについて管理栄養士が解説します。

一緒に食べられる薬味にはどんな効果があるの?

カツオは調理せずにお刺身で食べたり、カツオのたたきで食べるのが主流ですが、薬味としてにんにくもつけてあることが多いですよね。
実は、薬味は美味しいだけではなく他の理由があって添えるようになったんです。

カツオのたたきの薬味として「にんにく」がよく使われますが、実は美味しいだけではなく、「抗菌作用」の働きもあるんです。
にんにくに含まれるアリインが酵素の活性によりアリシンになることで、強い抗菌作用を発揮します。薬味として使われるようになったのも、食中毒を防ぐことから始まったともいわれています。

▼にんにくにはどんな効果があるの?
にんにくの栄養には、疲労回復や強壮作用などのさまざまな効能が期待できます。にんにくの効能や適切な量、調理による変化が気になる方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

にんにくの効能とは?食べ過ぎはNG!?冷凍や加熱による変化も管理栄養士が解説

パンチのある風味で料理においしさを足してくれるにんにく。スタミナがつくイメージがありますが、実際にどのような効能があるのでしょうか?また冷凍や加熱した場合でも大丈夫なのかどうかも知りたいですよね。今回はにんにくの効能や適切な量、調理による変化について、管理栄養士が解説します。

初ガツオと戻りガツオは脂の乗りが全然違う!

カツオの旬は2回あり、春に獲れるのが「初ガツオ」、秋に獲れるのが「戻りガツオ」といいます。それぞれ獲れる時季が異なるので、脂の量に大きな違いがあります。

100gあたりに含まれる脂質の量は初ガツオが0.5gに対して戻りガツオが6.2gと10倍以上!
初ガツオのほうがさっぱりとしているので、食べる際はお刺身がおすすめ。戻りガツオは脂がのっている分濃厚なあじわいなので、カツオのたたきがおすすめです。

なぜ秋に獲れる戻りガツオに脂がのっているのでしょう?
じつはカツオは春に北上して、秋になるとエサをたっぷりと食べてから南下します。そのため初ガツオよりもトロのように脂がのり、おいしくなるそうです。

▼人気の鮮魚店が教える初ガツオの絶品レシピ
関西を中心に店舗を展開する鮮魚店「大起水産 街のみなと」の嶋田義則さんに、初ガツオを使ったおすすめの絶品レシピを教えていただきました。

関西の人気鮮魚店直伝!初ガツオを使った絶品レシピ

カツオの旬は3月~5月と、8月後半〜10月の年に2回。そのうち、1度目の旬を迎えたカツオを「初ガツオ」、秋は「戻りガツオ」と呼びます。ちょうど今の時期は初ガツオの時期で、たくさんカツオが水揚げされるため、店頭で安く手に入れることができます。せっかくなら旬のカツオをおいしくいただきたい!今回は、関西を中心に店舗を展開する鮮魚店「大起水産 街のみなと」の嶋田義則さんに、初ガツオを使ったおすすめの絶品レシピを教えていただきました。

カツオの栄養はマグロに劣らない!

カツオもマグロも高たんぱく低カロリー食材で負けず劣らずの食材ですが、貧血を気にされている方には、カツオをおすすめします。
その理由として、特に初ガツオはビタミンB12と葉酸がマグロよりも多く含まれているからです。

100gあたりに含まれるビタミンB12と葉酸の量

ビタミンB12と葉酸は貧血に関わる大切な栄養素で、不足してしまうと貧血の原因になってしまいます。そのため、ビタミンB12と葉酸をバランスよく摂る必要があるのですが、戻りガツオやマグロと比較しても特に初カツオがこれらの栄養分をバランスよく含んでいておすすめです。

▼マグロを食べるとどんな効果があるの?
マグロはEPAやDHAをはじめ、鉄やビタミンDなどのさまざまな栄養素を含んでいます。特にDHAの含有量は、魚の中でもトップクラス。マグロに期待できる健康効果を管理栄養士が詳しく解説します。

【マグロの栄養】毎日食べるならお刺身5切程度を目安に!期待できる効果効能を管理栄養士が解説!

刺身や寿司、タタキなど、子どもから大人まで人気の高いマグロ。 おいしいのはもちろん、マグロの栄養や効能は実はとても優れていることをご存じですか? 豊富な栄養をムダにしないためにも、効果を高める食べ方やおすすめのレシピも知っておきましょう。 今回の記事では「マグロの栄養」について、管理栄養士が解説します。

旬のカツオを食べて、おいしく健康に!

カツオはヘルシーながらしっかりと栄養が含まれているため、お子さんからお年寄り、ダイエット中の方にもおすすめできる食材です。春と秋2回の旬をあじわえる魚ですので、家族みんなでカツオのお刺身やカツオのたたきなどをたくさん楽しんでくださいね。

▼初ガツオの時期に旬を迎えるおすすめ食材はこちら
初ガツオと同じ5月に旬を迎える食材を厳選しました。それぞれの選び方のポイントや栄養面、保存のコツを詳しく解説します。

5月に食べたい旬食材をチェック!選び方&保存方法を紹介

5月から急に気温が上昇し、後半からはムシムシとした湿気も感じる季節に突入。 まだ体が暑さに慣れていない時期を乗り切るために取り入れたい旬食材をご紹介します。

▼安い冷凍マグロがモチモチに?「塩マグロ」とは
「塩マグロ」は、SNSで話題になっているマグロの調理法です。「安い冷凍マグロとは思えないほどおいしくなる」と言われる塩マグロを実際に作って食べてみました。

SNSで話題!刺身が劇的においしくなる「塩マグロ」のベストな作り方を検証してみた

サクの状態で販売されているマグロのお刺身、買って薄切りにしたらそのまま食べていませんか?実は最近SNSなどで話題になっているお刺身の食べ方が「塩マグロ」。なんてことないお刺身がもちもち食感の絶品になるのだとか。実際どうなんでしょう?試してみました!

▼刺し身を豪華に盛り付けるコツは?
スーパーで販売されているお刺し身パックでも、見栄えのよい盛り合わせを作ることはできるのでしょうか?鮮魚店の店主が刺身の盛り付け方法を伝授します!

パックの刺身を豪華な皿盛りにするコツ| 鮮魚店店主が手順を解説

お祝い事やホームパーティ用に、刺身の盛り合わせを買うことはありませんか。パックのまま食卓に出すのは味気がないし、とはいえ、店で出てくる盛り合わせのような華やかさを出すのは難しいものです。今回は鮮魚店を営む「魚屋三代目」が刺身の盛り付け方法を伝授します!

▼赤魚(アカウオ)ってどんな魚?
スーパーでよく見かける赤魚(アカウオ)。実は、「赤魚」という種類の魚は存在しないのをご存じでしょうか?赤魚の正体やおすすめの調理法を紹介します。

スーパーでよく見かける「赤魚」ってどんな魚なの?特徴や旬、おすすめレシピを紹介!

スーパーなどの魚売り場で手頃に購入できる赤魚(アカウオ)。ふっくらとした白身が特徴で、クセがなくご家庭でも料理しやすい魚ですよね。この記事では赤魚はそもそもどんな種類の魚なのか、旬の時期はあるのかなどと一緒に、おすすめレシピを紹介します。

レシピ
ランキング

おすすめ記事

全体ランキング