え、”丸ごと”はNG?【じゃがいも】「ふにゃふにゃ大失敗」を防ぐ「冷凍ワザ」徹底検証

肉じゃがやカレー、ポテトサラダにコロッケと、さまざまな定番料理に活躍するじゃがいも。じゃがいもはコツを知っておくと、おいしく冷凍ができます。この記事では、じゃがいもの冷凍保存のコツや、実際に3パターンの方法で冷凍して食べ比べた結果などを紹介します。

37506180c29f7727

目次

じゃがいもはマッシュして冷凍するのがおすすめ

371d1a5eebe0d94b

じゃがいもは加熱してからマッシュ(潰した)ものを冷凍するのがおすすめです。

じゃがいもは冷凍すると、ぐにょぐにょ、パサパサとした食感に変わることが多くあります。ほかの野菜を冷凍した場合に比べると食感の変化が大きいため、冷凍には不向きです。

じゃがいも入りのカレーや肉じゃがなど、出来上がった料理を冷凍する場合も同じ理由から向いていません。

加熱してマッシュしたものであれば食感の変化を感じづらく、そのまま料理に使っても違和感なく食べられます。解凍後はポテトサラダやコロッケなど、潰したじゃがいもを使うメニューに使えます。

じゃがいもは常温で3~4ヶ月保存できる

C628ea78e081376c

冷凍したじゃがいもの保存期間は1ヶ月程度ですが、常温であれば3~4ヶ月と長く保存できます。

長く保存したい場合は常温保存し、調理時間を短縮したい場合はまとめて調理しておき冷凍保存するなど、使い分けるとよいでしょう。

常温で保存する場合、暗くて風通しのよい場所を選び、新聞紙で包んでおくだけでOKです。3~4ヶ月は目安の保存期間なので、じゃがいもの皮がやわらかくなってくるなど、様子に変化が見られ早めに使い切るようにしましょう。

じゃがいもの常温保存の方法について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

60314c175ae8ec8c

じゃがいもはどのくらい日持ちする?正しい保存方法で長くおいしくじゃがいもを楽しもう

じゃがいもは長持ちするといいますが、具体的にはどのくらい日持ちするのでしょうか?この記事では、じゃいもを保存するときのポイントや、じゃがいもの日持ち、正しい保存方法について解説します。日持ちは常温・冷蔵・冷凍・調理後のパターンに分けて詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね。

じゃがいもをマッシュして冷凍する方法(保存期間:1ヶ月)

767b2e4fd728caed

じゃがいもを潰して冷凍する手順を紹介します。

まずじゃがいもを加熱し、フォークやマッシャーなどを使って潰します。

A0b53edaa5149bd1

加熱方法は、電子レンジで加熱しても、鍋で茹でてもどちらでもOKです。電子レンジの場合は、水気がついた状態のじゃがいもを丸ごとラップで包み、600Wで約3分加熱し、粗熱が取れたら手で皮を剥きます。鍋で茹でる場合は、じゃがいもを一口大に切り、6~8分ほど茹でてください。

潰したじゃがいもの粗熱が取れたら、小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋などに入れて冷凍します。

3526774398b6c345

解凍方法

解凍は冷蔵庫で自然解凍するか、電子レンジで加熱します。自然解凍したものはそのまま料理に使えます。

電子レンジで解凍する場合は、じゃがいも1個分あたり電子レンジ(600w)1分30秒~2分が目安です。

マッシュして冷凍したじゃがいもの食感や味わい

F604bc1081b59486

マッシュして冷凍したじゃがいもは、本当においしく食べられるのでしょうか?

一晩しっかり凍らせたものを電子レンジで解凍して食べてみました。

26033de2e3527323

食感や味わいについて、とくに気になる変化はありません。しいて言えば、冷凍する前のものに比べると、ホクホク感がやや少なくなっているかな?という程度です。

このままでもおいしく食べられたので、ポテトサラダやコロッケなど、さまざまな料理に使えるでしょう。

【検証】冷凍したじゃがいもの食感はどう変わる?

51bff0010d3227cb

「冷凍したじゃがいもはおいしくない」というものの、実際はどうなのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

実際に、冷凍したものを食べ比べてみて食感の変化や味わいを確かめてみました。

検証したのは以下の3パターンです。

1.芽を取り丸ごと生で冷凍
2.カットして生で冷凍
3.カットして茹でて冷凍

今回は「ホクホク感」が特徴の男爵という品種を使っています。どの場合も、一晩しっかり冷凍したものを電子レンジで解凍・加熱しました。

冷凍していない茹でたじゃがいも

1c2e3dc5f137e2cf

冷凍したものを食べ比べる前に、冷凍していないじゃがいもの味わいも確かめておきます。これはくし形に切り、茹でたものです。

44b282001b67f99a

じゃがいもを指でつまんでみても、固さがあり、ぐにゃりと曲がることはありません。

ホクホクとした食感で、じゃがいもの甘さや風味を感じます。当然ではありますが、いつも食べているじゃがいもの味で、このままで十分おいしく食べられました。

1.芽を取り丸ごと生で冷凍

6f82b0ac5cb8562e

まずは丸ごと冷凍したじゃがいもです。よく洗い、芽を取ったものをラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍しました。解凍・加熱は電子レンジ(600w)で2分30秒行っています。

7520b4720f07a51a

解凍したものはじゃがいもから水分が多く出ていました。指でつまんでみると、ぐにゃりとやわらかく、水分がにじみ出てきます。

3dda916558cabdc6

半分にカットしてみました。力を入れなくても、ぶよぶよしているのが分かります。

09b032824c8fbed8

食べてみると「ぐにょ、ねちゃ」っとした食感です。ガシっとした歯ざわりがあり、固さも感じます。味わいは、なぜか土臭いような、泥臭いような味がします。本当にじゃがいもなのだろうか?と思ってしまうほどの変化です。

そのまま食べたあとはポテトサラダにしてみましたが、固いため潰しにくく、口当たりもよくありませんでした。土臭さはマヨネーズやこしょうの風味で少々まぎれましたが、いつものポテトサラダに比べると違和感のある仕上がりになりました。

2.カットして生で冷凍

Ac1ed8f0733c0a76

次は生のじゃがいもを切って冷凍したものです。くし形に切り水にさらしたあと、水気をふき取り、ラップで包んでから冷凍用保存袋に入れて冷凍しています。

解凍・加熱はじゃがいも1個あたり、電子レンジ(600w)で1分30秒ほど行いました。

A874df4e22f1956a

指でつまんでみると、やわらかく、ぐにゃりと曲がります。

Ae5b7645942bc844

食べてみると、丸ごと冷凍したものに比べると程度は軽いものの、やはり「ぐにょ、ねちゃ」っとしています。もちろんホクホク感はありません。固さもあり、ガシガシ、パサパサといった歯ごたえです。

土臭さのような風味は、丸ごと冷凍したものに比べると少ないですが、若干の臭みを感じました。

こちらも余りをポテトサラダにしてみましたが、やはり食感の悪いポテトサラダになり、いつものポテトサラダが恋しい気持ちになりました。

3.カットして茹でて冷凍

5bb10a00ed20eac0

最後は、カットしたじゃがいもを茹でて冷凍したものです。くし形に切り水にさらしたあと、お湯で5分ほど茹でています。粗熱が取れてから水気を取り、ラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、冷凍しました。

解凍はじゃがいも1個あたり、電子レンジ(600w)で1分~1分20秒ほど行っています。

3f6490076f8f1c8c

指でつまんでみると、やはりぐにゃりと曲がります。ですが、生のまま冷凍したものに比べると、固さが少し残っています。

0bd9dbb667747bf3

食べてみると、若干の「ねちょ」っと感はあるものの、少しホクホクとした食感が残っていました。臭みなどはなく、じゃがいもの素材の味を感じられます。

食感の変化は多少あるものの、生のまま冷凍したものに比べると断然おいしく食べられました。「じゃがいもの食感が少しくらいなら変わってもよい」という場合であれば、この方法はおすすめできそうです。

くし形に切り素早く冷凍させることで、じゃがいもの繊維を壊し過ぎないようにできたのが良かったのかもしれません。炒め物に使えるくし形でなく、うすいいちょう切りにしてみそ汁やスープ用に使うのもよさそうです。

【まとめ】茹でてから冷凍なら、場合によってはアリ!

今回検証した、

1.芽を取り丸ごと生で冷凍
2.カットして生で冷凍
3.カットして茹でて冷凍

の中では「3.カットして茹でて冷凍」が一番おいしく食べられました。素早く冷凍されるよう工夫すれば、マッシュせずに冷凍して大丈夫そうです。

生のまま冷凍したものは食感の変化が大きく、やはり冷凍に向かないことが分かりました。生のままで長持ちさせたいなら、常温保存の方がよいでしょう。

じゃがいもの冷凍はコツを知っておいしく冷凍しよう!

毎日の料理の定番のじゃがいもは、工夫すればおいしく冷凍ができます。冷凍保存する際は、今回の冷凍保存のコツや検証結果を参考にしてくださいね。

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング