ブロッコリーを長持ちさせる保存方法は?冷蔵・冷凍の正しいやり方と期間やコツを管理栄養士が解説

ブロッコリーは冷蔵庫で保存しておいても、意外とすぐに傷んでしまうもの。せっかく買ったブロッコリーをムダにしないためにも、長持ちする保存方法を知っておきたいですよね。また冷蔵保存以外にも、冷凍保存はできるのでしょうか?今回はブロッコリーの保存方法や保存期間について、写真付きで詳しく解説します。

Adffe788e0206437

目次

ブロッコリーを保存する際に押さえておきたいポイント

ブロッコリーは常温保存では傷みやすいため、冷蔵庫の野菜室、または冷凍庫で保存します。

冷蔵庫で保存する際は、乾燥しないよう対策するのがポイントです。保存期間の目安は4〜5日ほどと、あまり長くありません。

冷凍は生のままでも、加熱してからでも、どちらでも可能です。どちらも1ヶ月ほど保存できるため、長く保存したい場合は冷凍すると良いでしょう。

ブロッコリーの保存方法

ブロッコリーの保存方法を冷蔵、冷凍の場合に分けて、写真付きで詳しく解説します。

【冷蔵】すぐに使うなら冷蔵庫の野菜室で保存する(保存期間:4~5日)

Bfed71b0c244e859

ブロッコリーをすぐに使う予定があれば、冷蔵庫の野菜室で保存します。保存期間は4~5日ほどですので、ブロッコリーの様子を見ながら早めに使い切りましょう。

ブロッコリーはポリ袋などに入れ、軽く口を閉じて冷蔵庫の野菜室で保存します。

7c28e6774b210afb

スペースがあれば、立てて保存するとより長持ちします。

【冷凍】長く保存するなら冷凍する(保存期間:約1ヶ月)

冷蔵保存より長く保存したい場合は冷凍保存しましょう。生のまま冷凍する方法と、加熱してから冷凍する方法があります。

生のまま冷凍する方法

87556630ae500842

生のまま冷凍するメリットは、加熱する手間を省けることです。一方で、茹でてから冷凍する場合に比べると食感が変わりやすく、とくに茎の部分がぐにゃっとした食感になってしまいます。

食感の変化が気にならない方や、少しでも手間を省きたい方は生のまま冷凍すると良いでしょう。

解凍する際は凍ったまま加熱すると、食感の変化が気になりにくくなります。

ブロッコリーはよく洗い、茎を落として小房に切り分け、よく水けをとります。

Df073c75ee5f67e1

冷凍用保存袋に入れ、空気を抜き口を閉じて冷凍します。

4e7373e73152c9da

使うときは使いたい分だけ取り出し、電子レンジまたは茹でて加熱します。

電子レンジで加熱する場合は、4〜5房ほどを耐熱容器に移して水を小さじ1ほどふり入れ、ふんわりとラップをし、600Wで1分~1分30秒ほど様子を見ながら加熱してください。

加熱してから冷凍する方法

20e17dc028311973

加熱してから冷凍すると、食感が変わりにくくなります。解凍後にそのまますぐ使えるのもメリットです。

加熱する際は解凍後に水っぽくならないよう、硬めに加熱しておくのがコツです。

ブロッコリーはよく洗って小房に切り分け、お湯で茹でるか、電子レンジで加熱します。

2be2ec613c254bfb

お湯であればブロッコリーを入れてから1分ほど、電子レンジ(600W)であれば1/2株で2分ほど、様子を見ながら加熱してください。

ブロッコリーが水っぽくなるのを防ぐため、加熱したらザルなどにあげ、そのまま冷まします。

ブロッコリーはよく冷まし、冷めたら冷凍用保存袋に入れて冷凍します。

3fbfc338a1aa6cab

解凍は凍ったまま鍋やフライパンに入れて使ってください。電子レンジで解凍する場合は、4〜5房で600W1分〜1分30秒ほど様子を見ながら加熱しましょう。

黄色くなったブロッコリーは食べられる?

ブロッコリーは長く保存していると黄色くなることがありますが、食べても問題ありません。

ブロッコリーの緑の部分は花の蕾(つぼみ)の部分ですので、時間が経つと花を咲かせようと黄色の蕾が目立ってくることがあります。

食べても身体に害などはありませんが、硬くて苦みもあるため、黄色い部分が見え始めたら早めに使い切るようにすると良いでしょう。

ブロッコリーをたっぷり楽しめるレシピ

保存しておいたブロッコリーをたっぷり楽しめるレシピをご紹介します。どれも簡単に作れますので、時間がないときでもブロッコリー消費に役立ちますよ。

Fed822a905286e6f

ブロッコリーのデリ風サラダ

ゆで卵、ブロッコリー、ローストくるみ(あれば)、○マヨネーズ、○粒マスタード、○酢、○オリーブオイル

調理時間:15分

22ce103c861dfbba

厚揚げとブロッコリーのごま味噌炒め

厚揚げ(8cm角のもの)、ブロッコリー、○みそ、○酒、○砂糖、○しょうゆ、○すりごま(白)、○しょうがチューブ、ごま油

調理時間:15分

Fe8d0ac2a6a50a22

ブロッコリーときのこのフライパン蒸し

ブロッコリー、しめじ、○にんにくチューブ、○白ワイン、○洋風スープの素(顆粒)、オリーブオイル、ハーブソルト(なければ塩)、こしょう

調理時間:10分

ブロッコリーを適切に保存して、たっぷり楽しもう!

ブロッコリーは冷蔵保存が手軽ではありますが、冷凍しておくとより長く保存することができます。たくさん手に入ったときは冷凍保存を活用して、最後までおいしくブロッコリーを楽しみましょう。

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング