豆苗の育て方を徹底解説!水の量は?どこに置く?何回収穫できるかも検証してみた

豆苗はリーズナブルな価格で手に入りやすいのに、栽培して何度か食べられるのもうれしい野菜です。
豆苗が元気に育つためには、水の量や置き場所など、どのようにすると良いのでしょうか?

今回の記事では、豆苗の育て方を写真付きで詳しく解説します。
また、何回収穫できるのか、実際に栽培した結果もお伝えします。

E6591188641a0b1f

目次

豆苗は自宅で簡単に栽培できる野菜

豆苗は根がついたまま販売されているため、使ったあとに栽培すれば、再度豆苗を楽しめます。

水に浸けておき、水を替えるだけの手軽な栽培方法で、うまくいけば7~10日ほどで収穫できます。

後ほど詳しくお伝えしますが、収穫できるのは1~2回まで。だんだん豆苗の元気がなくなっていったり、藻やカビが生えたりといったトラブルが起きやすくなります。

育て方のコツと注意点を知り、元気な豆苗を育てましょう。

豆苗の育て方のコツと注意点

豆苗を元気に育てるためのコツと注意点を解説します。

わき芽を残してカットする

F7f8f2300204efce

豆苗には「わき芽」と呼ばれる芽があります。このわき芽の部分から豆苗が育つため、わき芽を残してカットすることが大切です。

豆苗には2つわき芽がついています。2つともわき芽を残してカットすると、うまくいくと収穫を2回楽しめます。

清潔な容器に入れる

E280d34067460596

豆苗を入れる容器は清潔なものを使うようにしましょう。

容器の種類は、やや深めの皿、プラスチック容器、空のペットボトルを横に倒して穴を開けたもの、豆苗が入っていた容器など何でもOKです。

水は根が浸る程度にする

20be33f1253a9522

清潔な容器に入れた後は、豆苗の根が浸かる程度に水を入れましょう。

豆が浸かるほど水を入れてしまうと、豆が腐る原因になります。根の部分がしっかり浸かればOKです。

水は1日1~2回替える

3cb4397e09579081

豆苗を浸けておく水はこまめに替えましょう。最低でも1日1回、暖かい時期は1日2回が目安です。

水はつぎ足すのではなく、一度捨ててきれいな水を注いでください。こまめに水を替えることで、カビや藻を防ぐことができます。

日当たりの良い窓際に置く

Ae79d143f82d2628

植物が元気よく育つためには日光が欠かせません。日当たりの良い窓際に置き、日光をあててあげましょう。

とは言え、暑すぎると上手く育たない原因になりますので、夏場に直射日光をあてるのは避け、明るい室内で育てましょう。

何回まで収穫できる?実際に豆苗を育ててみた!

豆苗の収穫は1~2回までとお伝えしましたが、実際に何回目まで収穫できるのでしょうか?実際に栽培してみましたので、豆苗の様子を交えて何回収穫できたかをお伝えします。

収穫1回目

豆苗を栽培したのは暖かい4~5月の時期。プラスチック容器に豆苗を入れ、窓際の日が当たりすぎないところに置いて栽培しました。

1回目は7日ほどで収穫できました。

7a4b9527dd023b16

7日目の豆苗の様子

641344c38c44f8f3

わき芽の部分から新たな豆苗が伸びているのがわかります

買ってきた豆苗と比べると細くなっていますが、十分おいしく食べられました。

収穫2回目

2回目の収穫が近づいてきたころ、豆苗に異変が……。気付くと種の部分が真っ黒になり、根元にふわふわとした白いカビがついているのが見えます。

69f49e26e1b69d28

種が真っ黒になるのはカビが生えるサインだそうです

そのまま栽培を続けてみましたが、1回目ほど豆苗は育たず、かなりひょろひょろとしたものが育ちました。

0e782ca7cb164582

14日目の豆苗の様子

カビがついてしまった豆苗を収穫して食べるのは絶対にNGです。カビ毒の中には熱に強いものもあるため、加熱しても食べられません。取り除いても微量なカビが残る場合もあるため、カビが生えてしまったら処分するようにしましょう。

【考察】収穫は1回までの方が安全に行える

Ab80ae31b46a79d7

実は豆苗栽培にチャレンジしたのは2度目。1度目のチャレンジも同じ4~5月の時期でしたが、同様に2回目の収穫の前にカビが生えてしまいました。

2度とも失敗してしまったのは、栽培したのが4~5月と暖かい時期であったのも関係があるのではと考えました。4月と言えど、日中は夏のような暑さになる日もあり、室温が25度以上になる日もありました。

豆苗メーカーである村上農園のウェブサイトに豆苗の育て方が紹介されていますが、以下のような内容が掲載されています。

・衛生面の問題を考えると収穫は1回までが安心
・栽培に最適な温度は15〜25℃

カビや藻などの問題がなければ2回収穫できるようではありますが、上記の通り1回にとどめておく方が安全でしょう。

気温が高い時期の栽培はとくにカビの発生に注意して、収穫の前はカビが生えていないか必ず確認しましょう。

※参考:村上農園 豆苗研究会「再生栽培のコツ」

豆苗を元気に育ててたくさん楽しもう!

実際に豆苗を育ててみると、元気にグングンと伸びる様子に愛着が湧いてしまうかもしれません。栄養たっぷりなのもうれしい豆苗を、栽培してたくさん楽しんでくださいね。

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング