モロヘイヤの栄養がすごい!期待できる効果効能とおすすめの調理方法を管理栄養士が解説!

ネバネバとした食感が特徴のモロヘイヤは、健康に必要な栄養素がたっぷりと詰まっていることを知っていますか?
この記事では、モロヘイヤに含まれる栄養素や期待できる効果・効能、モロヘイヤの栄養を無駄なく摂取するための方法を、管理栄養士が解説します。

目次

モロヘイヤとは?栄養たっぷりの「王様の野菜」

「王様の野菜」と呼ばれているモロヘイヤは、栄養価が高いことで知られている緑黄色野菜です。
高温で育つモロヘイヤは6~9月の夏が旬で、サッと火を通し刻むことでモロヘイヤ特有の粘りが出てきます。
食欲が出にくい暑い夏でもさらっと食べることができます。

栄養価が高いといわれるモロヘイヤですが、一体どんな栄養が豊富に含まれているのでしょうか。

モロヘイヤの栄養

モロヘイヤに含まれる栄養素とその効果について、他の緑黄色野菜と比べてどのくらい多いのか栄養価の比較も加えて、詳しく解説します。

モロヘイヤと他の他の緑黄色野菜で、含まれる栄養素の違いは次の通りです。

参考:食品成分データベース

それぞれの栄養素を見ていきましょう。

<βーカロテン>皮膚・粘膜の健康に不可欠!

βーカロテンとは体内でビタミンAに変換される栄養素で、皮膚や粘膜の健康を保つ働きをもっています。
その他に、細胞を傷つける原因のひとつである活性酸素を防ぐ抗酸化作用もあるため、若々しい肌を保つためにも重要な栄養素でもあります。

βーカロテンが豊富なことで知られているにんじんよりも、モロヘイヤのほうが圧倒的にβーカロテンを多く含んでいます。
その他の野菜と比較してもモロヘイヤのβーカロテン量はトップクラスです

<ビタミンC>美肌を作る

β―カロテンと同じように強い抗酸化作用をもつビタミンCは、美肌を保つのに欠かせないコラーゲンの生成にも必要な栄養素です。
その他にも、植物性の鉄分の吸収を助け、免疫機能が適切に働くようにサポートしてくれます。

ビタミンCも他の緑黄色野菜よりはるかに多く含まれています。
効率よくビタミンCを摂りたい場合にも、モロヘイヤはおすすめの食材です。

<ビタミンE>老化防止・血管の健康を保つ

ビタミンEも強い抗酸化作用をもっており、細胞の酸化(老化)を防いでくれます。
加えて、血管を拡張することで血液の凝固を防いだり、赤血球の破壊を防ぐ役割もあります。

モロヘイヤのビタミンE量は他の緑黄色野菜の3倍以上含まれています。
モロヘイヤは特にアンチエイジングや血管の健康を保ちたい方に、おすすめの食材です。

<葉酸>発育や細胞の産生・再生を助ける

葉酸には赤血球を産生したり、発育に重要なDNA・RNAの産生を助ける働きがあります。
特に妊娠する前の女性や妊婦さんには、積極的に摂取をすることが推奨されています。

適切に摂取することで、胎児の先天異常である「神経管閉鎖障害」のリスクを減らせることが分かっています。

葉酸を多く含むことで知られているほうれん草よりも、実はモロヘイヤのほうが葉酸を多く含んでいます。
モロヘイヤは加熱すると量も減り簡単に葉酸の補給ができるため、食欲がないときにもおすすめです。

<食物繊維>便秘を改善する

ペクチンやマンナンなどの水溶性食物繊維が豊富に含まれているモロヘイヤは、便をやわらかくし、便通をよくする働きがあります。
加えて腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善するため、便秘が気になる方にはおすすめの食材です。

ネバネバ野菜で知られているオクラと同じくらいの量の水溶性食物繊維を摂ることができます。
ネバネバ同士性も良いため、一緒に調理して食べるのもおすすめです。

モロヘイヤの栄養を逃さずに摂取する2つのポイント

たった2つのポイントを押さえるだけで、無駄なくモロヘイヤの栄養を摂ることができます。モロヘイヤを食べる際にぜひ参考にして下さいね。

油と一緒に摂る

モロヘイヤに含まれるβーカロテンやビタミンEは、脂に溶ける性質をもった栄養素です。
そのため、油と一緒に摂ることで吸収率がアップします。
例えば、モロヘイヤを使ったスープであればベーコンを具材に足したり、最後にオリーブオイルをかけたりするのもよいでしょう。

茹でるときは短時間で

モロヘイヤに含まれるビタミンC・葉酸・水溶性食物繊維は、水に溶ける性質をもっているため長時間茹でないのがポイントです。
茹で時間が長いと茹で汁に栄養が流れ出てしまうため、せっかくの栄養を捨ててしまうことになります。
モロヘイヤは短時間でも火が通るので、茹でる場合はサッと済ませるようにしましょう。

モロヘイヤの栄養で身体を元気にしよう!

今回の記事では、モロヘイヤに含まれる栄養素や期待できる効果・効能、モロヘイヤの栄養を無駄なく摂取するための方法を、管理栄養士が解説しました。

王様の野菜と呼ばれるモロヘイヤは、栄養価もトップクラスの含有量です。

健康になるために必要な栄養がギュッと詰まったモロヘイヤは、茹でるときにはサッと短時間で茹で、油を含んだ食材やオリーブオイルなどと一緒に食べることで、無駄なく栄養を摂取しましょう。

レシピ
ランキング

おすすめ記事

全体ランキング