【無花果の食べ方】切り方や皮の処理など「おいしく楽しむ方法」を管理栄養士が解説します

夏頃に旬を迎える無花果(いちじく)。
とろりと甘い味わいを楽しめる無花果ですが、どのように食べるのが正解なのでしょうか?
皮は剥くのか、切り方はどうするのか、初めて食べるときはわかりにくい果物でもあります。
今回の記事では、管理栄養士が「無花果の食べ方」を写真をもとに丁寧に解説します。

Dd1056494d8b4ca4

目次

無花果の食べ方の基本

B433e9157e1ba8b7

無花果は基本的には皮を剥いて食べます。
やわらかいものは皮ごと食べられるものもありますが、皮が硬いものや細かい毛があるものなどは食べにくい場合があります。

皮は手で剥けますが、実が硬い場合は手では難しいため、包丁を使って剥きましょう。
りんごのようなくし形に切ってから皮を剥き、食べるときはフォークで刺すと食べやすくなります。
やり方は後ほど詳しく解説します。

食べる前に食べごろをチェック!【無花果の食べ方】

無花果は食べる前に、食べごろかどうかチェックしてみましょう。

まずは果皮の部分が、全体的に赤みがかかり、ヘタの部分まで赤くなっているか見てみます。

D6e1c4acead7d12c

次におしりの部分が開きかけているかどうかも確認しましょう。

F85805500a65907d

無花果が食べごろでない場合、常温に1~2日置きます。

常温に置くことでやわらかさが増し甘みも増しますが、基本はあまり追熟しない果物です。
日持ちしない果物でもあるため、1~2日置いてみてやわらかくならない場合は、コンポートにするなどして早めに食べきるようにしましょう。

無花果の食べ方

無花果の基本の食べ方を、写真をもとに詳しく解説します。

手で皮を剥く

無花果は熟しているものは手で皮を剥くことができます。
無花果のヘタを折りながら、そのままゆっくりと下に引っ張り皮を剥きます。

Ec050cddfdd1a4d3

やわらかいため、ゆっくり折りましょう。

0940bfecbb9924d6

実がくっついてこないよう、慎重に剥いていきます。

C0c7dcded5241e7e

ほかの部分も同様に、上から下へ皮を引っ張り剥いていき、皮が残った部分は包丁を使って剥きましょう。

07a36b402e8ab5d5

このあと切っても良いですが、そのままパクリと食べてもOKです。

9ff6bcb107452547

包丁で皮を剥く

無花果の実が硬く手で剥けない場合や、丁寧に剥きたい場合は包丁を使いましょう。
包丁で剥く場合は、先に無花果を切り分けると剥きやすくなります。

ヘタを根元から切り落とし、縦に4等分にくし形に切ります。

Dbceccd0917166be

皮と実の間に包丁を入れ、皮を親指で押さえながら包丁を動かして剥いていきます。

B5bef1dafdcc5575

皮を剥いたら、フォークでいただきましょう。

486a499252519b38

無花果がたくさんある場合の食べ方アイデア

無花果は2~3日で食べきる場合は冷蔵庫の野菜室で保存しますが、たくさんあって食べきれない場合は以下のアイデアを試してみてください。

冷凍保存する

無花果は冷凍保存ができます。
完全に解凍すると、水気が出てべちゃっとし食感が悪くなりますが、半解凍の状態で食べるとシャーベットのような感覚で楽しめます。
保存期間の目安は3週間~1ヶ月ほどです。

冷凍保存は皮がついた状態でも、皮を剥いてカットした状態でもどちらでもOKです。

皮がついたまま冷凍する場合は、よく洗って水気をとり、冷凍用保存袋に入れます。

210483be7fe81464

皮がついたまま冷凍したものは、流水をあてると手で簡単に皮が剥けます。

切ったものはラップに包み、冷凍用保存袋に入れましょう。

5dba8915367e0966

解凍は、どちらの場合も室温に5分ほど置いておき、半解凍の状態でいただきましょう。

お菓子作りに使う

Bec0be38995b8792

無花果の甘さを活かして、お菓子作りにも使えます。
コンポートやジャム、タルトやケーキなど、さまざまなお菓子に変身します。

料理に使う

458135162d28c4cd

無花果はお菓子作りだけでなく、サラダや炒め物などの料理にも使えます。
サラダであれば、生ハムやクリームチーズなど塩気のある食材と合わせると、無花果の甘みが引き立ちます。

また、無花果と豚肉の相性も良く、炒め物や肉巻きなどのメニューにもなりますよ。
いろいろな無花果アレンジを楽しんでみてください。

無花果の食べ方は難しくない!旬の無花果を楽しもう

今回の記事では、「無花果の基本の食べ方」をご紹介しました。

無花果は初めて食べるときは戸惑うことがあるかもしれませんが、食べ方が難しい果物ではなく、手軽に食べられる果物のひとつです。
旬の時期にしか味わえない無花果、食べ方を知ってたくさん楽しんでくださいね。

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング