トマトの保存方法・期間を常温・冷蔵・冷凍別に解説!「冷蔵室に入れるのはNG?」

食事を彩ってくれ、栄養も豊富なトマト。でも気付くと冷蔵庫の中で傷んでいた……という経験をした方は多いはず。とくにたくさんトマトがあるときは、どう保存すれば良いか困ってしまいますよね。今回はトマトを長持ちさせる保存方法について、常温・冷蔵・冷凍の場合に分けて解説します。

C5c2b9b5f93a8b35

目次

長持ちするベストな保存方法は?

C6c7958f14441e07

トマトの保存方法は、

・冷蔵庫の野菜室で保存
・ヘタを下にする

が正解です。

夏が旬のトマトは、寒さに弱く冷蔵室だと温度が低すぎて傷みやすくなるため、必ず野菜室に入れましょう。

またトマトのヘタを下にするのが長持ちするコツ。水分が多くやわらかいお尻の部分を下にすると、つぶれて傷みやすくなります。

この冷蔵保存であれば1週間程度が目安ですが、それ以上長持ちさせたい場合は、冷凍保存がおすすめです。サラダなどの生食には向きませんが、スープや炒め物、ソースなどに活躍してくれます。保存期間は1ヶ月ほどが目安です。

また5~9月以外の涼しい時期であれば、常温保存も可能です。この場合1週間程度を目安に使い切りましょう。

詳しい保存方法はのちほどお伝えします。

冷蔵・冷凍する前に食べごろかチェック!常温で追熟させよう

F430604f455e6fac

トマトに緑色の部分が残っていて硬い状態のまま冷蔵・冷凍保存すると、追熟せずに硬いままになってしまいます。トマトが青い場合は常温に1~2日おくことで、甘みが増しておいしく食べられます。

追熟させるときは、新聞紙やキッチンペーパーに包み、ヘタを下にして並べてください。トマト全体が赤くなり、やわらかさが出てきてから冷蔵・冷凍保存しましょう。

トマトの保存方法

トマトの保存方法を冷蔵・常温・冷凍の場合に分けて詳しく解説します。

【冷蔵】すぐに使うなら冷蔵庫の野菜室で保存(保存期間:約1週間)

399013a18d55b4f0

トマトをすぐに使う場合は冷蔵保存が最も手軽です。冷蔵庫の野菜室に入れ、1週間を目安に使い切りましょう。

トマトはヘタを下にし、ポリ袋に入れて口を閉じます。

0ddab4fb55ef80aa

ほかの野菜とぶつからないように冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

【常温】5~9月以外は常温でOK(保存期間:約1週間)

C675030a907381c2

トマトは5~9月の気温の高い時期以外は常温保存が可能です。保存期間は1週間が目安で、様子を見ながら早めに食べきりましょう。食べる前に冷やすとおいしく食べられます。

常温保存は、新聞紙やキッチンペーパーなどに包み、ヘタを下にして保存します。直射日光があたらない、暗く涼しい場所に置きましょう。

【冷凍】長持ちさせるなら冷凍保存する(保存期間:約1ヶ月)

トマトは冷凍保存すると、約1ヶ月保存が可能です。丸ごとでも、切ってからでもどちらでもOKです。

冷凍したトマトは水分が出てべちゃっとしてしまいやすいため、サラダなどの生食ではなく加熱料理に使いましょう。スープ、炒め物、ソースなどさまざまに活用できます。加熱する際は凍ったまま使うようにしてください。

ざく切りにして冷凍する

Fbb6a678b46c2693

ざく切りにして冷凍すると、使うときに手をかけず、そのまま料理に使えるメリットがあります。凍ったままスープや炒め物などに使いましょう。

トマトはよく洗い、水気をふき取ります。好みの大きさにざく切りにし、冷凍用保存袋に入れて凍らせます。

363b0c39c1f27cbb

重ならないように入れると、使いたい分だけ取り出せて便利です。

丸ごと冷凍する

2debd8a2d3c054ef

丸ごと冷凍すると、トマトがたくさんある場合でも手間をかけずに保存できます。またどんなメニューに使うか決まっていないときにも良いでしょう。

トマトはよく洗い、水気をふき取ります。包丁を使ってヘタをくり抜きます。ヘタの周りに雑菌がつきやすいため、必ずヘタは取りましょう。

82684cfa34836189

冷凍用保存袋に入れて冷凍します。

6885eb33f2ccb330

凍ったまま流水にあてると、手で簡単に皮が剥けます。

04161b4d96f978a2

室温に5分ほど置き、半解凍の状態でカットし、凍ったまま加熱料理に使ってください。

トマトソースにして冷凍しても

Fee5539e1b77cc0f

トマトがたくさんある場合、まとめてトマトソースを作って冷凍しておく方法もあります。

みじん切りにした玉ねぎとにんにく、ざく切りにしたトマトをコンソメなどの調味料で煮込めばOK。パスタソースだけでなく、肉や魚にもかけて楽しめます。

冷凍用保存袋に入れ、平らにして凍らせれば、1ヶ月ほど保存可能です。解凍は電子レンジか、鍋やフライパンに入れ再加熱してください。

トマトは上手に保存してムダなく使い切ろう

トマトは適切に保存すれば、おいしい状態を長持ちさせることができます。保存期間や目的にあった保存法を選び、最後までムダなく使い切りましょう。

トマトの大量消費にも役立つおすすめレシピ

A183e3acbb3e3822

鶏むねとトマトのポン酢マリネ

鶏むね肉、トマト、大葉、塩・こしょう、薄力粉、○ポン酢、○砂糖、オリーブオイル

調理時間:15分

798713d2e548c6b9

あっさりトマト入り肉じゃが

牛こま切れ肉、じゃがいも、玉ねぎ、トマト、めんつゆ(3倍濃縮)、サラダ油

調理時間:30分

5dbc3431d131aa13

塩さばのフレッシュトマトソースがけ

塩さば、トマト、○にんにくチューブ、○オリーブオイル、○レモン汁、○砂糖、○塩・こしょう、片栗粉、サラダ油

調理時間:10分

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング