「年越しそば」いつ食べる?「ベストタイミングは大晦日の夜!」その由来や地域別の違いを解説!

こんにちは、トクバイニュース!編集部です。

日本の年末には欠かせない「年越しそば」。
大晦日の夜におそばを食べるのが楽しみという方は多くいらっしゃいますよね。
ところで、なぜそばを食べ、そのタイミングがいつであるべきなのかなど「年越しそば」の正しい由来をご存知でしょうか?

今回の記事では、「年越しそばを食べるべきタイミングと由来について」解説します。

目次

年越しそばはいつ食べるのが正解?由来は?

年越しそばは、文字通り旧年が終わり新年が始まる「年を越す」時に食べるのが一般的と言われています。
具体的には、12月31日の夜、一年を締めくくる大晦日に食べる風習が一般的です。

除夜の鐘が鳴り始めたころに、おそばを食べたことのある方は多いのではないでしょうか。
大晦日の夜に夕食や夜食として楽しむ家庭が多いですよね。

ただし、地域や家庭によっては少しずれることもあり、夕方や年を越してから食べる場合もあります。
「いつ食べなければいけない」という厳密な決まりはないので、食べたいタイミングに食べるといいでしょう。

なぜ年越しそばを食べる?「蕎麦」である理由は?

なぜ、年越しに「そば」を食べるかというと、いくつか説があります。

・細長くて切れやすいので「厄や苦しみがすぐに切れるように」という願いが込められている
・細長いその形状から「健康」「長寿」などの縁起や験(げん)が込められている
・そばの実に含まれる様々な栄養価が健康に良いため健康を願う風習が背景にある

縁起や験(げん)担ぎによる理由が多いようですね。
そばは非常に消化が良く、食べても胃に負担をかけないため、長い一年の終わりと新たなスタートにふさわしいとされてきました。
深夜まで眠らずに新年を待つ時に、体に優しいそばは最適な献立だとも言えますよね。

その他にも、昔は年賀状を書いたり家計簿をつけたりと新年を迎える準備が多くあったため、手軽に済ませられる簡単な食事としても人気があったのではないでしょうか。

年越しそばはいつから始まった?由来や意味について

年越しそばという習慣が始まったのは、正確にいつとは分かっていませんが、有力な説としては江戸時代頃に始まったのではないかといわれています。

その頃の日本には長寿や健康を願ってそばを食べるという習慣があったほか、商人の家では毎月末日に奉公人にそばをふるまう風習があり、その習慣が徐々に一般の人にも広まっていき「年越しそば」として定着したのではないかといわれています。

前述の通り、そばには縁起や験(げん)担ぎ的要素があったため、一年の終わりに縁起の良いそばを食べて気持ち新たに年を迎えようという意図があったのではないでしょうか。

関東・関西「年越しそば」違いは?いつ食べる?【由来と合わせて知る】

関東と関西で、年越しそばに違いはあるのでしょうか。

「いつ食べるか」タイミングそのものについては違いはありませんが、関東・関西それぞれ特徴があります。

関東の年越しそば

関東地方では、シンプルな蕎麦が一般的で、そばつゆでさっぱりといただくのが主流です。
年越しそばといえばもちろん「かけそば」を思い浮かべる人が多いでしょう。
シンプルですが奥深い出汁の味わいを楽しむことができ、その味付けは一本の細いそばが今年の過去の厄を洗い流すという意味合いを引き立てます。

あっさりとした味付けが好まれ、麺は細く、すすりやすいように作られていることが多いです。
出汁はめんつゆ(濃口醤油)で作られるため、関西のそばと比較した際に「つゆが黒い」のが大きな特徴の一つです。

関西の年越しそば

関西地方では、えび天や長ネギなどの具をのせた「天ぷらそば」が年越しそばとして人気です。

関西では料理全般に、特に出汁の味を活かすことが重要視されており、それが年越しそばにも反映されています。
具だくさんの「天ぷらそば」が特徴的で、エビや野菜の天ぷらをトッピングし、豊かな味わいを楽しむことが重要とされています。
これは、新しい一年が豊かであることを願ってのこととも言われています。

関東のそばが黒いつゆであることに対し、関西のそばつゆは白だしで作られるので「つゆが透き通っている」ことも特徴の一つです。

年越しそばはいつ食べる?→由来的には大晦日中がベストタイミング!

今回の記事では、「年越しそばを食べるべきタイミングと由来について」解説しました!

大晦日の夜に食べるのが一般的とされていますが、厳密なタイミングはなくそれぞれのご家庭で自由に楽しむことができます。
ぜひ大晦日にはご家族やご友人で集まり、年越しそばを楽しまれてみてください。

年の終わりに日本の美しい伝統と向き合い、心に余韻を残す一杯のそばを楽しみましょう!

いつ食べてもうまい!由来と合わせて知りたい"年越しそばレシピ"4選!

最後に、トクバイレシピから「ちょっと変わったお蕎麦レシピ4選」をご紹介します!

いつもとはちょっと違ったレシピで、年越しそばを思う存分楽しみましょう!

鶏南蛮そば

鶏南蛮そば

鶏もも肉、長ねぎ、そば(乾麺)、小ねぎ(あれば)、一味唐辛子(好みで)、めんつゆ(3倍濃縮)、ごま油

調理時間:20分

鶏となめこのつけ汁そば

鶏となめこのつけ汁そば

鶏もも肉、なめこ、そば、小ねぎ(あれば)、○めんつゆ(3倍濃縮)、○酒、ごま油

調理時間:20分

豚ときのこのあんかけそば

豚ときのこのあんかけそば

豚バラ肉(薄切り)、しめじ、そば、○めんつゆ(3倍濃縮)、○みりん、○酒、片栗粉、小ねぎ(あれば)

調理時間:15分

なめこと揚げのふんわりおろしそば

なめこと揚げのふんわりおろしそば

油揚げ、なめこ、大根、そば、めんつゆ(3倍濃縮)、塩

調理時間:15分

行事・イベント
ランキング

全体ランキング