E3a3c8aba292f7e3

100均グッズでおしゃれなしめ縄を手作りしよう

モダンなデザインのものが増え、注目のお正月アイテム、しめ縄。
今年のしめ縄は100均グッズで手作りしてみませんか~?

クリスマスがやってきたと思ったら、あっという間にお正月。

忙しい年末年始の準備は、早めにしておくと焦らずに年越しできそうです。

お正月の準備を進めるうえで、欠かせないのがおせちや鏡餅に加え、しめ縄。

最近では旧来のものではなく、モダンなデザインのものを飾るご家庭も多くなってきましたね。

今回は100均グッズを使って、1000円以下で出来る、お正月に玄関に飾りたい「しめ縄」の作り方をご紹介します♪

しめ縄とは?


そもそもお正月行事とは、新年の神様をお迎えするためのもの。しめ縄と同じくお正月に準備する鏡餅は、神仏へのお供え物です。

しめ縄(注連縄)は、神様をまつるのにふさわしい、神聖な場所をであることを示すために飾られます。
ちなみに、しめ縄飾りとはしめ縄に縁起物を飾り付けたもののことを指します。

どこに飾るか迷いますが、しめ縄は神様にとどまってほしい場所に飾るのが良いとされています。

玄関にしめ縄を飾る風習は、自分の家に神様が来てくれるよう、自分の家が神様を迎えるのにふさわしい場所であると示すということから生まれたものです。

なお、しめ縄の種類や飾り方は用途や地域性などでいろいろな種類が。最近では、文化にとらわれないモダンなしめ縄も見かけるようになりましたね。

用途やデザインなどを考え、自分や家族にあったものをぜひお選びください。

飾る時期は年末~小正月まで


しめ縄は新年を迎える前に飾り始めるのが一般的。12月25日あたりから飾り始めて問題ありません。

また外す時期は、昔は1月15日の小正月でしたが、今は鏡開きまでに外すのが一般的になってきていて、7日~11日くらいに外すご家庭が多いです。

地方によっては今も1月15日に外し、そのまま神社でおこなわれる”どんど焼き”でしめ縄を処分してもらうところもあります。


モダンしめ縄の作り方


今回は、あまり風習にとらわれず、モダンなデザインに挑戦!材料は全て100均で揃えました。
製作時間15分ほどで、簡単に作れますよ♪

材料


・造花 お好きなもの3~4本程度
・しめ縄土台(ヌードしめ縄)

道具


・グルーガン ※100円均一ショップなどで、特別価格商品として200円程度で購入可能です
・グルースティック
・ペンチ
・ハサミ

工程


1. しめ縄の土台を袋から出し、用意します。

2. 造花をペンチで切り、バラしていきます

3. 細かめにバラした方が使いやすいです◎

4. 造花の茎の部分にグルーガンで接着剤を塗布していきます。

5. バランスを見ながら貼り合わせていきます。

6. さらに造花を足していきます。

7. 小さい花は、最後にバランスを見ながら足していくと、かわいく仕上がりますよ。

8. 完成です!

縄の結び目を横側に持ってくるのも今風でかわいいですね。

オマケ。お正月感が物足りないな、と思う方は。こういった水引きリースを足すとGOOD。

こちらも、バランスを見ながらグルーガンで貼りましょう。

あっという間に、おしゃれなしめ縄の出来上がり~♪


手作りのしめ縄は、好みの色や花で作れるので愛着もわきますよ♪

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら