05ad233f581f4c8c

重曹と歯ブラシで簡単!スニーカーの洗い方

大掃除シーズンがやってきました!
キッチンやお風呂の掃除もいいけど、靴の洗濯もお忘れなく♪
重曹と歯ブラシで簡単にできますよ~!

気づかない間にも汚れてしまっているスニーカー。

気づいたときに洗いたくても、「専用の洗剤が要りそう」とか「スニーカー用ブラシが無い・・・」と思って諦めることってありませんか?

実は、おうちにある重曹と歯ブラシ、そして洗濯用洗剤があれば簡単に洗えるんです。

洗い方をご紹介しますね♪

なぜ重曹で洗えるの?


重曹は「炭酸水素ナトリウム」の白い粉です。

重曹は水に溶けない(お湯には溶けます)細かい粒子でできているので、その粒子を使って研磨することが可能。市販のクレンザーみたいに使用するイメージです。

また、消臭効果もあるので靴のにおいなども重曹を溶かしたお湯に浸すことで取り除いてくれます。

今回はスニーカー洗いに使用しましたが、コンロなどの油汚れやカーペットのにおい・汚れ取りにも使用でき、とっても万能。お掃除の強い味方です。

ちなみに、重曹は料理用にも使えるものであれば「ふくらし粉」としてお菓子作りなどに使用可能。1つ持っていると、生活のあらゆるシーンで活躍しますよ。

おうちにあるものでスニーカーを洗ってみよう!


早速洗い方を説明していきます。

用意するもの


・重曹
・歯ブラシ(使い古しでOK)
・洗濯用洗剤(液体のもの)
・汚れたスニーカー

おうちにあるものばかりなので思い立ったときにも洗えちゃう!

重曹は食用にも使えるものを使用しているので、余ってしまってもお掃除はもちろん、お料理にも使えます。

またバケツなどがあればスニーカーを入れて洗えるので便利ですが、無い場合は洗面台にお湯をはり、そこで洗えば大丈夫です。

スニーカーは洗う前に中敷きやヒモを外しておきましょう。

洗い方


1. 45度程度のお湯を洗面台にはり、重曹を入れます(1Lのお湯に対して重曹大さじ3杯程度が目安)

2. 洗濯用洗剤をキャップ1杯程度入れます

3. 重曹と洗剤をお湯に溶かし、スニーカーを浸します。このまま1時間ほど放置してください

4. 1時間経ったら、スニーカーを確認します。汚れが落ちきっていない部分があれば、重曹ペーストで磨きましょう

5. 重曹ペーストは大さじ4杯ほどの重曹に、大さじ1杯程度の水を入れるとできます。水に重曹を溶かすイメージではなく、ペースト状のドロッとした状態にしてください

6. 重曹ペーストを歯ブラシに付け、汚れた部分を磨いていきます

こんな風に、汚れてしまった部分も・・・

重曹ペーストで磨くとこの通り、汚れが取れました!

つま先のうっすら汚れているところも・・・

重曹ペーストでピカピカに♪

7. ヒモの汚れが落ちていない場合は、洗面器に重曹と洗濯用洗剤を溶かしたお湯をはり、1時間程度さらに漬けておきましょう

8. 洗い終わったら水で重曹を流し、日陰に干して乾かします

スニーカーが完全に乾いたら完了です!

こんなに汚れていたスニーカーも・・・

この通り、汚れが落ちました♪

かかった時間は全部で1時間半ほど。
うち、スニーカーを重曹を溶かしたお湯に漬けておく時間が1時間ほどなので、その時間は他の家事や仕事をすることもできますね。

スニーカーは専用のクレンザーで洗うこともできますが、何足もスニーカーがない場合はなかなか使いきれず収納の邪魔ものになってしまうことも。
まずは万能選手の重曹で洗ってみて、汚れがひどい場合は別の手段を選んでも良いかなと思います。

お子さんが泥だらけにして帰ってきたスニーカーなどを洗う場合は、洗う前にブラシやハケで汚れを十分に落としてからこの工程に取り掛かってくださいね。


ピカピカのスニーカーを履いて、気持ちよく外に出かけましょう♪

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら