シールを綺麗に剥がすコツ知ってる?ドライヤーや中性洗剤が大活躍♪

気に入って購入した食器や雑貨。値札などのシールがうまく剥がせずイライラする~~!なんてお悩みは、家にあるアレとコレですぐに解決!

19077975b4bd02c4

買ってきた調理器具や食器、雑貨などに貼ってあるシールやラベルがうまく剥がれなくてイライラしたことはありませんか?

丁寧にゆっくりと剥がそうとしても途中で破れてしまったり、跡が残ったり・・・

そんなイライラは、実は家にあるもので解決可能!
今すぐに試したくなる、簡単な方法をご紹介します。

ドライヤーの「熱風」を利用するとシールが剥がせる!


一番簡単なのは「熱風にあてること」!
熱風により、シールの粘着が弱まり剥がれやすくなります。

ドライヤーでシールが貼ってある面を10秒ほど温め、ゆっくりをシールを剥がしてみてください。

家具や雑貨など、水に濡らすことができないものにも使える方法です。

頑固なシールには台所用中性洗剤を


なかなか剥がれない頑固なシールには台所用中性洗剤を使ってみましょう。
洗剤の界面活性剤によってシールの粘着力が落ちていきます。

シールの上に台所用の中性洗剤を塗り、ラップを被せて10分ほど待ってから、剥がしてみてください。

※洗剤と相性の悪い材質のものには使わないようご注意ください

熱風にあててシールを剥がしてみた


今回チャレンジするのは、100円均一ショップで買ったこちらのクリアポンプ容器。

丁寧にシールを剥がそうとしても早速破れてしまいました。

早速熱風をあててみましょう!
今回はドライヤーではなく、ちょうど我が家で使っているヒーターを使ってみました。

(ドライヤーを出すのが面倒くさかっただけ・・・)

ヒーターの前にクリアポンプ容器のシール面を向けて置くだけ。

簡単すぎる!!!

少し温まったところでゆっくり剥がしてみると、綺麗に剥がれていきます。

熱が冷めてしまうとすぐにまた破れてしまうので、破れた部分もしっかり熱風にあてると、またまた綺麗に剥がれました!


剥がし残しのシールはどうすれば綺麗になる?


剥がし残しができてしまった場合も大丈夫!
今度はハンドクリームの出番です。

上からハンドクリームを塗り込んで、

しばらくたってからこすっていくと

どんどん剥がれてきて・・・

綺麗にとれました!

ちなみに、水分が多いハンドクリームの方が染み込みやすいので取れやすいです。


これでシール剥がしのイライラから解放されますね。
ぜひ試してみてください。

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら

19077975b4bd02c4

この記事が気に入ったらいいね!・
フォローしよう

最新記事をお届けします!