ほうれん草の値段・価格・お得情報

589

ほうれん草のお得な豆知識

ほうれん草の選び方&栄養

  • 今では一年を通して手に入るが旬は冬。冬に収穫されたものは甘みが強く、栄養素も高いのでおすすめ。
  • 選び方のポイントは、根元に赤みが鮮やかで葉先がピンとし、全体にハリがあるものが◎
  • 栄養面については、体内の活性酸素を除去し、細胞の老化を防ぐβカロテンやビタミンC、鉄、カルシウムを含み、鉄に至っては野菜の中でも高い含有量。ただしビタミンCは熱に弱いため、茹で時間は短めがベスト。

ほうれん草の保存方法は? 

  • そのまま保存する場合は水で湿らせたキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。できれば立てて保存すると長持ちする。
  • 洗ってざく切りをし冷凍用保存袋入れれば冷凍保存も可能。使う際は凍ったままか、お湯をかけるか電子レンジで加熱する。
  • 茹でたものの場合は冷蔵庫で3日ほど。冷凍保存であれば、水を切ってラップに包み、冷凍用保存袋入れて冷凍室へ。調理する際は凍ったままでも自然解凍でもOK。

茹で方&調理アレンジ!

  • アクが強いため、サッと下ゆでをするとえぐみが抑えられて◎。沸騰した鍋に小さじ1杯の塩を入れ、まずは根元だけを10秒、全部入れて1分ほど茹で、その後流水で冷やすと、アクが抜けるほか色も鮮やかさを保てる。
  • 水、多めの酒、昆布を入れて煮立て、しゃぶしゃぶ肉とほうれん草を加えれば常夜鍋に。
  • 茹でたほうれん草とごま油、塩を和えればナムルに、すりごま、醤油、砂糖と和えれば胡麻和えに、ホットケーキの生地にハムやチーズと加えればお食事系ホットケーキが完成。
近くのお店をさがす
全国のお店の特売情報