えびの値段・価格・お得情報

627

えびのお得な豆知識

えびの選び方&栄養

  • 炒め物やフライなど様々な料理にアレンジ自在のえび。ブラックタイガーやバナメイえびに甘えびなど、冷凍ものからボイルされたものまで様々なものが店頭に並ぶ。
  • 選び方のポイントは、解凍されたものよりも冷凍品がおすすめ。また、生の甘えびであれば色鮮やかなものが◎。
  • 栄養面については、高たんぱく低脂肪に加え、抗酸化作用や肩こり、冷え性にも効果のあるビタミンEが豊富。

えびの保存方法は?

  • 刺身用のえびを購入した場合は、購入したその日のうちに食べ切るのがおすすめ。その他の生のえびを購入した場合は背ワタをとってしっかりと水分を拭き取りラップにかければ2日ほど冷蔵保存が可能。
  • すぐに調理しない場合は冷凍保存を。背ワタを取り除いて数尾ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて保存する。保存の目安は3週間ほど。調理する際は凍ったままか、冷蔵庫に移して自然解凍してから使う。

おすすめの調理アレンジ!

  • いつものトーストが格段においしくなるえびパンがおすすめ。細かく切ったえびとたまねぎ、マヨネーズ、ピザ用チーズ、塩こしょうを混ぜ合わせてパンにのせて焼くだけ。おつまみにもなる絶品トーストに。
  • 少ないえびでも刻んではんぺん、たまごと一緒に混ぜて焼けばおやきの完成。小さめに焼いてエビチリ風にしても◎。
近くのお店をさがす
全国のお店の特売情報