牛乳の値段・価格・お得情報

409

牛乳のお得な豆知識

牛乳のよさを改めて見直そう

  • 給食や朝ごはんの定番のひとつ、牛乳。成分無調整牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳があるが、加工乳とは、生乳にバターなど他の乳製品を加えたもので、脂肪分の高い特濃や、脂肪分を減らした低脂肪がこれに含まれる。またコーヒー牛乳は乳飲料にあたる。
  • 牛乳といえばカルシウムのイメージがあるが、実は栄養バランスのよい準完全栄養食品で、たんぱく質などに加え、ビタミンA、ビタミンB2が豊富。肌の健康を保ったり、脂質や炭水化物をエネルギーにかえるなどの働きがある。

牛乳の保存方法は?

  • 実は牛乳の賞味期限は、あくまでも開封前の日付。開封後は2〜3日で飲み切るのが◎。
  • 牛乳は冷凍保存も可能。製氷機に牛乳を入れて凍らせ、凍ったものを冷凍用保存袋に入れて保存。保存の目安は1か月。使う際は味がスープやスムージーに使うのが◎。
  • またホワイトソースを作って保存する方法も。冷凍用保存袋に入れて平しに、菜箸などで押して等分しておくと使う時に便利。スープであれば凍ったまま、その他の場合は流水解凍か冷蔵庫に移して解凍する。

牛乳の調理アレンジ!

  • 飲みきれないときはホワイトソースや手作りのカッテージチーズがおすすめ。まずホワイトソースは、レンジ加熱したバターと薄力粉を手早く混ぜ、ダマがなくなったら牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせてレンジで加熱。途中、取り出して泡立て器で混ぜ合わせ、塩こしょうで調味すれば完成!
  • カッテージチーズは、牛乳を鍋に入れてふちに小さな泡がでる程度に加熱し、火を止めお酢を加える。ちばらく放置し、ざるで濾せば出来上がり。
近くのお店をさがす
全国のお店の特売情報