お気に入り帽子の洗濯術! UV・ゴアテックスの洗い方もご紹介

暑い季節は特に帽子が大活躍。お気に入りの帽子をかぶり続けてくたびれていませんか。お洗濯マニアの筆者が、帽子の洗い方とお手洗い方法を紹介します。

C58d088c52937e05

お洗濯マニアのハナです。最近ではどこのご家庭でも、UVカットや撥水などの加工が施された帽子を持っていらっしゃるのではないでしょうか。実はこの加工、永久加工ではありません。いつまでも気持ちよく帽子をかぶるためにも、お洗濯で汗や皮脂汚れを落として、専用商品でケアしていきましょう。

型崩れしない帽子の洗い方

帽子にはキャップやハットなどいろいろな形のものがありますが、どのような形の帽子でも洗い方はほぼ同じです。

下洗い

D058132cdd137e73

本洗いの前に、まずは下洗いをしましょう。帽子の内側は皮脂や汗、女性の場合はファンデーションなどのメイク汚れが付着して汚れています。まずは洗濯用固形石けんを、皮脂汚れが目立つ場所や内側にこすりつけて、ブラシやスポンジで洗うなどして軽く汚れを落としておきます。

つけ置き(本洗い)

目立つ汚れが落ちたら、洗濯用洗剤でつけ置き洗いをします。帽子の場合は15〜20分くらいのつけ置きが最適。

E5c9e0c8d246af12

洗濯用洗剤ですが、お持ちの場合は「おしゃれ着用洗剤」がおすすめです。おしゃれ着用洗剤の液性は中性で「衣類にやさしい」のが特徴。つけ置きで洗い終わったら、よくすすぎましょう。

のり付け

Ef72e7635f82b37d

「帽子にのり付け?」と驚くかもしれませんが、のり付けすると帽子にパリッとハリが蘇ります。自宅に洗濯のりがあればぜひ挑戦してみてください。帽子は洋服よりもハリをもたせたいので、シャツなどの使用量より倍ぐらい濃くするのがポイント。のり付けの方法はとても簡単です。洗濯のりを溶かした水の中に、洗った帽子を入れてまんべんなく液体が帽子に染みわたればOK。時間にすると1分程度なので、気軽にどうぞ。

型崩れを防ぐポイントその1「脱水」

23d4e3b90cd7e7f2

帽子の型崩れを防ぐために、脱水はタオルドライで。洗濯した帽子をバスタオルなどに挟んで、丸めるようにして水を切ります。

型崩れを防ぐポイントその2「干し方」

帽子の洗濯で最も重視したいのは干し方。無造作にピンチに吊り下げて干してしまうと、型崩れの原因になってしまうので気をつけましょう。

D10350682180f500

型崩れを防ぐために、帽子の中に膨らませたビニール袋を入れて、シワにならないように形を整えます。丸めた新聞紙やバスタオルを詰めてもOK。

D04e4ef6ea232798

あとは乾くまで陰干しします。しわが目立つ場合、必要に応じてスチームアイロンをかけましょう!

6d8885f455b0e1b9

スチームアイロンをかけるとき、100円ショップなどで販売されているグローブタイプのアイロン用パットがあると、手に持ったままアイロンをかけられて便利ですよ。やけどには十分注意をしてくださいね。

2dd29cbbba9b6a70

Before写真は、洗濯した後干す前に撮影した帽子の様子。型崩れに気を付けて干したAfter写真では、きれいに形が整っていることがわかります。

UVカット機能が付いた帽子

1500ed09b915304f

紫外線対策ができるUVカット機能が付いた帽子は、その加工の種類にもよりますが、一般的な製品は2〜3シーズンでUVカットの効果が薄れると言われています。長く愛用している帽子や使う頻度の高い帽子でUVカットの効果に不安を感じたら、衣類用のUVカットスプレーを帽子に吹きかけるだけでも効果を蘇らせることができます。洗うたびにUVカットの効果が上がる洗剤というのもあるので、見つけたらぜひ確かめてみてください。

撥水加工された帽子

37ec913f100063b0

ゴアテックスなど撥水効果の高い帽子は、アウトドア愛好者を中心に人気がありますね。ゴアテックス製品の特徴として、撥水しつつも体が発する水蒸気は逃すという透湿性が高く夏でも蒸れにくいというものがあります。ただし、ビニールのような完全に水を通さない素材ではないので、使っているうちに雨がゴアテックスの生地に染み込みやすくなってしまいます。ゴアテックス製品に限らず、撥水加工が施されているのに撥水の効果が薄れてきた、と感じてきた場合には撥水スプレーを使ってケアをすると、買った時のような撥水力が蘇りますよ。なおその際に、注意したいのが撥水スプレーの種類です。

483134fe4a9299b8

撥水スプレーには 「シリコン系」 と 「フッ素系」 の2種類があります。シリコン系は布の表面に油膜を作って水滴の侵入を防ぎます。

9ba5fce90c968c34

シリコン系は、生地の表面を水となじまない油性の膜(シリコン)でコーティングするイメージですね。

一方でフッ素系は、繊維の表面に細かい毛羽立ちを作り出すことで水滴の侵入を防ぎます。

696d9090bfaa7112

透湿性が特徴のゴアテックス素材に、シリコン系の撥水スプレーを塗布してしまうとせっかくの透湿性が失われてしまいます。ゴアテックスなどの透湿性加工をされた素材には、フッ素加工の撥水スプレーを選ぶようにしましょう。

E7dae73be1686113

購入する際には、パッケージ裏の成分をよく見てお確かめください。UVカットや撥水加工のためにスプレーするときは、屋外など風通しの良い場所で、帽子全体に満遍なく吹きかけてよく乾かしましょう。

お気に入りの帽子が新品のように蘇ります。ぜひお試しください。

そうじ・せんたく
ランキング

Crown
全体ランキング

Lead banner article 2039
編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る