ライトダウンジャケット、自宅で洗う方法とふんわり仕上がる裏技!

徐々に気温が高くなってきて、ダウンのジャケットやコートの使用頻度も低くなってきたのでは。今回はライトダウンジャケットの洗い方を解説します。ポイントが分かれば、自宅でも簡単に洗濯ができます。ライオン株式会社のお洗濯マイスター大貫和泉さんに、その方法と裏技を教えてもらいました。

3b730636438ea125

ダウンのジャケットやコート、衣替えの際にクリーニングや洗濯をすることが多いと思います。最近は自宅で洗濯できるものも増えてきています。ここでは、クリーニングに出さなくても済むように、自宅での洗濯方法をご紹介します。この洗濯術は、冬のシーズン中でもぜひ活用してもらいたいもの。ダウンジャケットやコートをはじめとした衣類は、汚れた状態で使用し続けると、繊維がつぶれてしまったり絡まったりして保温性が低下してしまいます。そのため、しっかりとお手入れすることが必要なのです。

ここからは、ライオンの「おしゃれ着用洗剤アクロン」を使って洗濯方法を紹介します。

3b9f61f2d59f0c96
左から「アクロン フローラルブーケの香り」「アクロン ナチュラルソープの香り(微香タイプ)」

自宅で洗える? --洗濯表示を確認

まず、ダウンジャケットの裏側についている「洗濯表示」を確認して、自宅で洗えるかを確認しましょう。下図のような表示があれば、自宅で洗濯できます。

43184e43a1054e6e
洗濯表示を確認

汚れが気になる部分には前処理

洗う前に全体を見て気になる汚れがあったら、おしゃれ着用洗剤の原液をダウンジャケットに直接塗布しましょう。特に汚れやすい襟や袖口、ポケットなども確認してください。

汚れが広範囲にわたっている場合は、おしゃれ着用洗剤を薄めた洗剤液をやわらかいスポンジにつけて、汚れている部分を軽くたたくと効果的。ここで注意したいのは、スポンジの固い面でこすらないこと。生地を傷めてしまうので、気を付けてくださいね。

5bb2a02a61792d3b
気になる汚れの部分に原液を直接塗布し(写真左)、スポンジで汚れている部分を軽くたたく

洗濯ネットにたたんで入れる

ダウンジャケットのファスナーやボタンを閉じ、袖は前身頃の上になるように置きましょう。そして洗濯ネットの大きさに合わせて背中の部分を二つ~三つ折りにして、洗濯ネットにたたんで入れます。ファスナーやボタンなどは、洗濯中に引っかかって布地を傷めることがあるため、あらかじめ閉じておきましょう。

4acdcfcbf697db5f

やさしく手洗い

洗い方の基本は、やさしく手洗いすることです。洗濯機で洗ってしまうと、ダウンジャケットが水に浮いてしまって汚れが十分に落ちないことがあります。

F4b0028bcde861e8

ここからは、手洗いの方法について。洗濯おけ(なければ洗面ボウルでも可)に、水とおしゃれ着用洗剤を適量入れて洗剤液を作ります(水4リットルに対しおしゃれ着用洗剤10ml)。この洗剤液へ洗濯ネットに入れたダウンジャケットを静かに入れて、押し洗いをします。洗剤液の中を上下させるように、両手で「軽く押す」「力を抜いて浮かせる」という動作を繰り返しましょう。

ここでワンポイント。湯を使って洗濯をするとダウンを傷めてしまう可能性があるので、30度以下の水温での洗濯をおすすめします。

C5b5ae54aebc6a9c
洗濯ネットの四隅を順に押し洗い。1つの角につき10回、最後に中央部分を10回押し洗い

押し洗いの際は、洗濯ネットの四隅を順に押して洗っていき、1つの角につき10回、最後に中央部分を10回。もんで洗う「もみ洗い」をしてしまうと、中の羽毛を傷めてしまうので避けてください。ちなみに洗濯ネットが角型ではなく、丸型やラグビーボール型でも大丈夫。全体をまんべんなく押し洗いしてください。洗い終わったら、洗濯ネットに入れたまま手前からくるくると丸めて軽く押し、洗剤液を絞ります。

60b66cfb8f58412e
すすぎの前に軽く絞る

すすぎは2回

すすぎは押し洗いと同じ要領で行います。洗濯おけに新しい水を入れて、水の中でダウンジャケットを押し洗いしたら軽く絞ります。これを2回繰り返せばすすぎは完了です。

ここで裏技--静電気防止

実はこの後に、消臭・防臭効果のある柔軟剤を使用すると、着用中や着用後のにおいを防臭することができるだけでなく、静電気の発生も予防することができます。すすぎの2回目に柔軟剤を入れてください。同じく10回程度、軽く押し沈めてください。

洗濯機で1分脱水

すすぎが終わったら、洗濯機の「おしゃれ着コース」で1分程度脱水してください。もし、洗濯表示に洗濯機で脱水しないように明記されている場合は、乾いたバスタオルにダウンジャケットを挟んで、タオルの上から軽く押して水分を取り除く「タオルドライ」をしましょう。

乾燥時の裏技

脱水が終わったら陰干しをしますが、洗濯機からダウンジャケットを取り出したとき、しわしわでぺったんこな状態を見て不安に思う人がいるかもしれません。そのままハンガーにかけて干すだけではふっくら乾かないことも。なぜなら、布地の中で羽毛が偏ったまま乾くと、かたまりができてしまうからです。そこで、ふっくらと仕上がる裏技を2つ紹介します。

裏技1--上下に振り下ろし

干す前にダウンジャケットの肩を持って、両手で上下に振り下ろしてください。

E64a380f4ab14a5d
両手で上下に振り下ろす

裏技2--挟みながら軽くたたく

表面が乾いてきたら、見ごろや袖を両手で挟むようにして下から上に軽くたたいてください。イメージは中の羽毛をほぐす感じです。

47e07647f67e5390
中の羽毛をほぐすイメージで、両手で挟むように軽くたたく

この裏技を2つプラスすることで、ダウンがふっくらと乾き、仕上がりに差が出ます。

簡単に短時間で洗濯ができるライトダウンジャケット。自宅で洗濯する際にはぜひ試してみてくださいね。

写真提供: 株式会社ライオン

そうじ・せんたく
ランキング

Crown
全体ランキング

Lead banner article 2039
編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る