風呂の残り湯、洗濯活用で月440円の節約効果! 汚れが落ちやすいメリットも

風呂の残り湯、どうしていますか。そのまま捨てるのはなんだかもったいないですよね。残り湯の活用方法をライオン株式会社のお洗濯マイスター、大貫和泉さんに教えてもらいました。

792e07e4da0e2a1d

残り湯活用

一般的な浴槽に入る水の量はなんと約200リットル。再利用せずに捨ててしまっていたら、もったいない気がします。残った湯の使い道として、植木への水やりや非常時の備えなどが考えられますが、日々のことなので洗濯に活用できると、節水や節約にもなりますよね。残り湯を使うことによるメリットを紹介します。

節水ができる

洗濯機の使用頻度などにより異なりますが、風呂の残り湯を洗濯で使用すると、1か月で約1,800リットル(ライオン調べ)の量が節水できますよ。環境にもやさしい取り組みです。

節約もできる

洗濯に使用すると1か月で、約440円(同)の節約もできます。1か月続けると、節約できるのが洗剤1本分。そう考えるとお財布にもやさしいですね。

汚れも落ちる

残り湯を活用すると、効率よく汚れが落とせます。その理由は温度。入浴直後は40度くらい、保管方法にもよりますが翌朝で25度くらいの温度になっています。洗濯に利用する水が温かいと、洗剤に入っている酵素の働きが良くなり、洗濯物の汚れも落ちやすくなりますよ。

2660e7305f5dafda
残り湯を洗濯に使っている人の割合(ライオン調べ)

お洗濯マイスターも、風呂の残り湯を毎日使っています。ライオンの調査によると、6割以上の主婦が、風呂の残り湯を洗濯に使用していることが分かりました。

C07b65f5a601dc38
水道水節約のために再利用している人が多くみられる(同)

残り湯を使う理由については、ほぼすべての人が「水道水の節約のため」と回答しています。一方で「水温が高いことから汚れ落ちが期待できそう」「環境を意識」した声もあります。

節水や節約、環境問題など、メリットも多い残り湯洗濯。無駄なくきれいに、残り湯洗濯に取り組みませんか。

情報提供:ブライトSTRONG